テレビ東京のプロデューサー、高橋弘樹さんが
糸井重里のもとを訪ねてくださいました。
人気番組『家、ついて行ってイイですか?』の
プロデューサーをつとめる高橋さんは、
普通の人の、普通の暮らしの中から、
人生ドラマのおもしろさをひき出す仕掛け人です。
高橋さんと糸井の対談ということで、
企画やコンテンツづくりの話になると思いきや、
高橋さんの人生相談の場になりました。
37歳、いわゆる係長の立場にいる高橋さんへの
アドバイスが、働き盛りのみなさんの
お役に立つことがあるかもしれませんよ。

>高橋弘樹さんのプロフィール

高橋弘樹(たかはし ひろき)

1981年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。
2005年テレビ東京入社、入社以来13年、
制作局でドキュメント・バラエティーなどを制作する。
プロデューサー・演出を担当する
『家、ついて行ってイイですか?』では、
ひたすら「市井の人」を取り上げ、
これまでに600人以上の
全くの一般人の「人生ドラマ」を描き続ける。
これまでに『吉木りさに怒られたい』
『ジョージ・ポットマンの平成史』
『パシれ!秘境ヘリコプター』などで
プロデューサー・演出を、
『TVチャンピオン』『空から日本を見てみよう』
『世界ナゼそこに?日本人』
『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』
などでディレクターを務める。
カメラマン、脚本、編集も兼任し、
書いた脚本は約2000ページ、
ロケ本数300回以上、編集500本以上。

前へ目次ページへ次へ

6


赤ちゃんに憧れる糸井重里。

高橋
最近、糸井さんの中で、
憧れている人は誰ですか。
糸井
最新の憧れは、うちの娘の赤ん坊です。
高橋
赤ちゃんですか(笑)。
今、おいくつなんですか。
糸井
半年前に生まれたばっかりなんですけど、
見ていると、すごいんですよ。
ぼくは週に一度会うくらいですけど、
足をグーッと蹴って
手をバッタバタさせて喜んでいるんですよ。
生まれた時には筋肉がないから、
あんまり上手にできなかったのに。
高橋
はいはい。
糸井
筋肉って、じぶんで作るわけですよね。
歩けもしないわけだから、
どう筋肉を作っているかというと、
手足をバタバタさせるしかない。
高橋
赤ちゃんはずっとバタバタやってますよね(笑)。

糸井
もう、ひっきりなしにやってますよ。
親も褒めて「いやぁ、元気だね」なんて言うんだけど、
見ているだけでおもしろいね。
太ももとか、あきらかに筋肉がついてくるから、
憧れちゃうなぁーと思って、
しばらく休んでいたスクワットを始めました。
高橋
赤ちゃんに触発されてスクワットですか。
ずいぶんがんばりますね。
糸井
子どもにとっては、
がんばりじゃないんですよね。
筋肉を作るためとも思っていなくて、
そうできているから、
そうしているだけなんですよ。
高橋
本能的なんでしょうね。
糸井
なんの目的や意味もなく、
ただ備わっている力を発揮してるだけなんですよ。
そういう自然に備わっているものを見ていると、
宇宙の中にポツンとある点のように思えてきます。
うん、今は赤ちゃんがすごいなぁ。
赤ちゃん、存在として大好きです。
高橋
うちの子を見ていても、
天真爛漫でかわいいです。
ずっと見ていても飽きないですね。
糸井
おもしろいですよね。
「お前も赤ちゃんだったんだよ」
と言われたらその通りなんですけど。
高橋
みんな赤ちゃんでしたからね。
でも、糸井さんは比較的、
赤ちゃんのまま育ったんじゃないですか?
糸井
いや、違うよ。
高橋
だって、天真爛漫じゃないですか。
糸井
ぼくは天真爛漫が好きだなと思って、
それに憧れて、近づいていったの。
高橋
天真爛漫が憧れだったんですね。
糸井
外から見えている人格っていうのは、
その人が理想としているものに
近づいていった結果なんですよ。
ひとりでいる時に考えてみて、
「俺、ダメだったな」と思うんだったら、
ダメな理由を考えるんです。
それは、はしゃいでいると見えてきません。
これも、40歳を過ぎてから学ぶんですよ。

高橋
40歳を過ぎてからですか。
じゃあ、そろそろぼくも
考えはじめる頃ですかね。
糸井
37歳の高橋さんは、まだいいんです。
足を動かしていたら
筋肉がついちゃったっていう、
そのままでいれば大丈夫。
高橋
天真爛漫のままでいいってことですね。
そういえば、クラスで一番モテていた人って、
素が天真爛漫な人でした。
赤ちゃんっぽくて、しかも嫌味がないんです。
ぼくは「そういうヤツ、ムカつくなー」と
当時は羨んでいましたけど。
糸井
その子は愛情たっぷりで育ったんじゃない?
クラスでモテるくらいまでは、
親の仕事でできるんですよ。
そこから先は、生きていくうちに
じぶんの嫌なところを見たり、
もっと素敵な人を見たりするわけです。
ぼくが山下洋輔さんに憧れたように、
じぶんにない、いいところを持っている人が
いっぱいいるわけだから。
高橋
そういう人を見つけていかなきゃダメですね。
糸井
憧れる人は万全じゃなくてもいいのよ。
足が速いだけでカッコいいというのもありますから。
たとえばウサイン・ボルトなんて、
足の速さ以外では憧れないけど、
勝ち誇る姿までカッコよく見えるんです。
高橋
男としてカッコいいですね。

糸井
世の中を観察していればさ、
申し込んでもいないのに
絶えず何かが動いているわけじゃない?
ひっきりなしにおもしろいと思うんだよね。
高橋
勝手に何かが起こってくれますからね。
糸井
この部屋の日当たりの角度ですらおもしろいですよ。
向かいのビルのガラスに反射して、
すごく遠くにまで届くんだよ。
夕方なのに、こんなに明るい。
向かいのビルがなくなったら、
このまぶしい光はなくなるんだよね。
高橋
そんなことまで
ずっと考えていられるの、
さすがですね。
糸井
一銭にもならないのにね。
高橋
いや、それが銭を生んでいるんじゃないですか。
糸井
いずれはね。
高橋
100個のうちの1個が巨額の銭になれば
こんなオフィスを持てるんですかね。
糸井
そううまくいかないんだな。
8万個のうち1つくらいじゃない?
高橋
今日はぼくの著書の編集者と3人で
ほぼ日さんの会社に来たんです。
下世話な話ですけど、
「クリエイターとして目指すべきところだな」
「家賃いくらぐらいなんだろう」
という話をしていたんです(笑)。
糸井
このぐらいのレベルでいいんだったら、
お金儲けの方法を考えればいいんだよ。
ぼくらは弱いなりに
必要に迫られての広さが
今のこのオフィスなんです。
高橋
普通に憧れちゃいましたけどね。
「青山にオフィスを持ちてぇ!」みたいに。
糸井
いっぱい家賃を払いたい、
という冗談が目的になっちゃうと、
急にやるべき仕事が変わっちゃうんです。
目的にたどり着くための
てっとり早い方法を考えたくなるんだよ。
高橋
仕事がたのしくなくなっちゃいますか?
糸井
お金を稼ぐことが第一の目的だと、
「高い仕事はいい仕事で、
安い仕事はよくない仕事」になるんです。
そうすると、その人自体が
つまらなくなっちゃう。
高橋
結果としてこうなった、
というのがいいんですね。
見栄を張らずに。
糸井
大きくなる方法や、お金儲けのやり方は、
ぼくよりもっと上手な人が
世の中にいっぱいいると思うんです。
だけど、お客さんがおもしろがってくれて、
ぼくらも働いていておもしろくて、
食うに困っていないのはありがたいよね。

高橋
ほぼ日さん、たのしそうですもん。
糸井さんの中でも、
たのしくない努力ってあるんですか。
糸井
うーん、そうだねえ。
たとえばギター教室に通おうとしたら、
「はーいみなさん並んで。じゃあ、運指です」
と言ってドレミファソラシドをやって、
「えっ、このままこれをやっていくのか?」
と思って、その日で辞めたとか。
高橋
いやいや、それがマックスだとしたら、
相当幸せな人生ですよ(笑)。
糸井
この経験してからは、
バンドの人たちみんなを尊敬してるもん。
あのレッスンを乗り越えた人たちなんだと。
高橋
それが嫌だった思い出ですか(笑)。
たのしそうですね。

(つづきます)

2019-05-28-TUE

前へ目次ページへ次へ
  • 高橋弘樹さんの著書
    『1秒でつかむ』が発売中!

    『家、ついて行ってイイですか?』など
    ありえないほど低予算の番組なのに
    みんながハマって毎週観てくれている、
    高橋弘樹さんの企画づくりの術が
    520ページの分厚い本に込められています。
    とことんわかるまで伝えようとする
    高橋さんの情熱を感じさせる一冊です。

  • 1秒でつかむ
    「見たことないおもしろさ」で
    最後まで飽きさせない32の技術
    (ダイヤモンド社)

    高橋弘樹=著、定価1,800円+税
    ご購入はこちらから(Amazon