テレビ東京のプロデューサー、高橋弘樹さんが
糸井重里のもとを訪ねてくださいました。
人気番組『家、ついて行ってイイですか?』の
プロデューサーをつとめる高橋さんは、
普通の人の、普通の暮らしの中から、
人生ドラマのおもしろさをひき出す仕掛け人です。
高橋さんと糸井の対談ということで、
企画やコンテンツづくりの話になると思いきや、
高橋さんの人生相談の場になりました。
37歳、いわゆる係長の立場にいる高橋さんへの
アドバイスが、働き盛りのみなさんの
お役に立つことがあるかもしれませんよ。

>高橋弘樹さんのプロフィール

高橋弘樹(たかはし ひろき)

1981年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。
2005年テレビ東京入社、入社以来13年、
制作局でドキュメント・バラエティーなどを制作する。
プロデューサー・演出を担当する
『家、ついて行ってイイですか?』では、
ひたすら「市井の人」を取り上げ、
これまでに600人以上の
全くの一般人の「人生ドラマ」を描き続ける。
これまでに『吉木りさに怒られたい』
『ジョージ・ポットマンの平成史』
『パシれ!秘境ヘリコプター』などで
プロデューサー・演出を、
『TVチャンピオン』『空から日本を見てみよう』
『世界ナゼそこに?日本人』
『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』
などでディレクターを務める。
カメラマン、脚本、編集も兼任し、
書いた脚本は約2000ページ、
ロケ本数300回以上、編集500本以上。

前へ目次ページへ次へ

5


違っていいじゃん。

高橋
ぼくは好奇心が強いほうだと思っていますが、
先輩たちからは、年を取るにつれて
好奇心は減退していくものだと言われるんです。
糸井さんの好奇心って、
なんでそんなに持続するんでしょうか。
糸井
ぼくは、じぶんにないものを持っている人のことを、
いいなぁと思うんですよ。
高橋
街とか、人を見て、いいなあって思うんですか。
糸井
じぶんには真似できないことでも、
「あぁ、いいなぁ。おもしろいだろうなぁ」とかね。
それが好奇心の元じゃないかと思うんですよね。
ぼくは、差異について興味があるんだと思います。
「なにが違うんだろう?」って。

高橋
糸井さんの好奇心は、
生まれつきのようなものですか。
糸井
ぼくは、離婚家庭の子どもなんですよ。
だから、安定的に育っていなかったのは
影響しているんじゃないかな。
父親と母親がそろっていて、
七五三の写真をみんなで撮るのが普通ですよ、
と収まっていることに対して
「いや、俺は違うぞ」と思っていました。
高橋
俺は違うぞ、と。
糸井
悔しいとかじゃなくて、
「違うぞ」って思っているわけです。
家族関係がちょっと違うだけで、
普通じゃないように扱われるから、
「なんで違うんだろう?」って
気づかされるんだと思うんですよね。
「違っていても、別にいいんじゃないの?」とか、
「俺のほうがいいんじゃない?」とか、
そういうものをいっぱい感じて、
普通と違いの両方を肯定したいと思いながら
生きてきたんだと思うんですよ。
高橋
その原体験が興味のきっかけなんですね。
糸井
ぜんぶが「普通」といわれるような、
まん丸な家庭ってないからね。
本当、誰もがそうだと思うんですよ。
高橋
どこかで人と違うはずですもんね。

糸井
差異を感じとることは、
ぼくが生きるために必要なことだったと思います。
「お前は仲間に入れてあげない」っていう
こどもたちの遊び方ってありますよね。
「お前は小っちゃすぎるから」というだけで
邪魔者扱いされるようなこともあって、
そうすると「小っちゃいと大きいは何が違うんだろう?」
と無意識にせよ思っていたはずなんですよ。
高橋
子どもの頃からの意識が続いているんですね。
そういえば、テレビの世界では、
「イケメンの話がおもしろくない」という法則があります。
イケメンやかわいい子はすくすく育ってきたから、
話がおもしろくないというものです。
糸井
よく聞く話ではあるけれど、
イケメンの苦労というのも、
取材してみるとおもしろいですよ。
高橋
えっ、イケメンの苦労ですか?
糸井
イケメンであるほど、
イケメンに対するコンプレックスがあるから。
男の役者さんって、すごく女々しくて、
おもしろいんですよ。
「俺なんかダメだと思う」みたいなことを
みんなが思っているんです。
高橋
ああ、イケメンも大変なんですね。
糸井
男らしくしている人は、みんな女々しいですよ。
勉強ができる人も、
「全国模試で3番でした」と自慢する人がいたとして、
すぐ近くに1番の人がいたら
「どうせぼく、3番ですから」となっちゃう。

高橋
上に行った人は、
さらに上が見えちゃうんですね。
糸井
プロ野球選手の一番優れた人と、
5番目くらいの人との差は、
素人とプロ野球以上にあるっていう
言い方もしますからね。
高橋
へぇー。
糸井
差異に対する興味の火種っていうのは、
みんな、心に持っていると思うんですよ。
だって『家、ついて行ってイイですか?』を見ていても、
ただの酔っぱらいだと思った人に
ボロボロ泣かされたりするもん(笑)。
高橋
そうですね(笑)。
糸井
あの番組に出ている人で、
まったくの普通だった人なんて、
ひとりもいないんじゃないの?
高橋
いないですね。
ぼくらの取材の仕方も糸井さんの考えと似ていて、
「普通」を基軸にしながら、
違和感があるところを掘るようにしているんです。
「なんでこの鉛筆削り、冷蔵庫の上に置いてるの?」とか、
あらゆることに理由があるんですよ。
糸井
うん、うん。
高橋
糸井さんって自由でコンプレックスが
なさそうに見えるんですけど、
憧れている人っているんですか。
糸井
時代時代によって、
「この人になりたいなぁ」ということを
本人に冗談で言うことがありますね。
最初に思いついたのが山下洋輔さん。
高橋
ああ、ジャズピアニストの。
糸井
文章はおもしろいし、優しいし、
いつもたのしそうなんですよ。
で、人とちゃんと向き合うんだよ。
お酒の席で、さっきまでふざけていたかと思えば、
つらい想いをしている人に対して、
ちゃんとした表情で向かい合っている。
本当に素敵だなあと思ったんです。
で、ぼくが山下洋輔さんとトイレで並んで
おしっこをしているときに、
「俺は生まれ変わったら、
山下さんになりたいんだって、今思いつきました」
と伝えたことがありました。
高橋
そんな想いがあったんですか。
糸井
山下さんは「ハハハ、それは光栄ですね」って。
高橋
おしっこしながら(笑)。

糸井
いなしかたまで含めて、
山下さんはやっぱり素敵なんですよ。
その後も大なり小なりあるけれど、
いっぱい、いろんな人に憧れています。

(つづきます)

2019-05-27-MON

前へ目次ページへ次へ
  • 高橋弘樹さんの著書
    『1秒でつかむ』が発売中!

    『家、ついて行ってイイですか?』など
    ありえないほど低予算の番組なのに
    みんながハマって毎週観てくれている、
    高橋弘樹さんの企画づくりの術が
    520ページの分厚い本に込められています。
    とことんわかるまで伝えようとする
    高橋さんの情熱を感じさせる一冊です。

  • 1秒でつかむ
    「見たことないおもしろさ」で
    最後まで飽きさせない32の技術
    (ダイヤモンド社)

    高橋弘樹=著、定価1,800円+税
    ご購入はこちらから(Amazon