三浦雄一郎さんの、関野吉晴さんの、
星野道夫さんの傍らには、
「もうひとりの冒険者」がいた。
映像カメラマンとして、
名だたる冒険家や探検家たちと
行動を共にしてきた前田泰治郎さん。
他の誰かを撮るという仕事柄、
極地での前田さんご自身の写真は、
ほとんど残っていないそうです。
でも、お話をうかがってみたら、
前田さんの人生こそが、
ダイナミックな冒険者のそれでした。
冒頭の南極の話からびっくりします。
全7回、担当は「ほぼ日」奥野です。

>前田泰治郎さんのプロフィール

前田泰治郎 プロフィール画像

前田泰治郎(まえだ・たいじろう)

1946年(昭和21年)8月15日生まれ、
令和2年で74歳。
1968年、駒沢大学経済学部卒業。
1970年より映像制作会社にて撮影に従事。
1980年、フリーランスカメラマンとして独立。
1981年より14年間、
NHK制作技術局撮影部山岳撮影研修の講師を務める。
1987年、撮影を主とする株式会社タイムを設立し
各局の番組を250本あまり撮影する。
2015年から、はドローンによる撮影を手掛け、
2018年からは6K映像も手掛ける。

前へ目次ページへ次へ

──
ヴィンソン・マシフって、
南極大陸の最高峰だということですけど、
標高と言いますと‥‥。
前田
以前は5200メートルと言われていて、
でも、計測し直したら、
4900メートルくらいになったのかな。
──
その山を、1週間かけて登った。
前田
南極ってのは、大陸の上に
2000メートルの氷が載ってるんです。
なので、飛行機で
標高2500メートルくらいに着陸して、
そのあとは、えんえん平地を歩くんです。
──
なるほど。
前田
カメラの機材とスキーを背負って2日間。
シェルパなんかいませんから。
──
ぜんぶ、自分たちの力で。
前田
あれにくらべたら、エベレストは楽です。
3食昼寝付き、ロープ付き、酸素付きで。
ま、お金があれば、という話ですけどね。
──
先日、高所山岳ガイドの倉岡裕之さんも、
同じようなことを、おっしゃってました。
じゃ、移動の最中も、動画撮影しながら。
前田
飛行機の中から撮ってました。
南極にポーンと着陸して、荷物降ろして、
パッキングして、ソリに積んで‥‥。
途中で、巨大な壁に出くわしたんですよ。
最大傾斜45度くらいの。
──
45度って、感覚的には絶壁ですよね。
前田
そう。もう、ソリじゃ無理な傾斜なんで、
荷揚げをするわけです、
自分らで重たい荷物を背負って、全員で。
そんなのが、
300メートルくらい続きましたね。
──
アイスクライミングってやつですか。
前田
そうです。八ヶ岳とかでやってるような
完全な垂壁じゃないですけど、
それでも、おっしゃるように、
45度って、ほとんど垂直に感じますよ。
──
カメラ機材もあるわけで‥‥。
前田
大変でした。
──
当時、ヴィンソン・マシフには、
ルートも何もない状態だったんですよね。
南極への飛行ルートがなかったように。
前田
何もないです。過去に1回だけ、
アメリカの登山隊が登ったという記録は、
あったみたいですけど。
──
じゃ、その次が、前田さんたち。
前田
だから、だいぶ苦労しましたね。
ぼくらのあとは、だいぶ楽になってます。
いまはお金さえ払えば、チリ空軍が
「いらっしゃい、ビューン」って(笑)。
──
つまり、ルートが開拓されたから。
前田
はい。
──
ルートのない極地へ踏み込んでいくのは、
どういう感じなんですか。
前田
ワクワクしますよ、そりゃあもう。
すごく、おもしろいです。
だって「果たして行けるの?」ですから。
全員が全員、半信半疑なんだから。
──
はー‥‥・
前田
そもそも飛行機が降りれるかどうかさえ、
わかんなかったわけだし。
仮に降りることができたとして、
離陸できるかどうかわかんないんですよ。
こんどは、帰るときに。
──
片道切符になってしまう恐れが。
前田
パイロットのやつも、あとになってから、
「やると言ったはいいけど、
帰ってこれるかはわかんなかった」って。
それ先に言っとけよ~、みたいな(笑)。
──
降りられるかどうかがわからない場所で
降りられても、
帰って来られるかどうかわからないって、
はじめて月へ行った人たちと、
そんな変わんない心境じゃないですかね。
前田
まあ、でも、地球ですからね。
降りる場所については、
空からいろいろリサーチして決めました。
──
ちなみに、行き帰りの燃料って‥‥。
前田
それは、チリ空軍にお願いして、
帰りの分をドロップしてもらったんです。
Cー130で。
──
えっ、すごい(笑)。
米軍の有名な輸送機ですよね、それ。
前田
ずいぶん大げさだなあ、って(笑)。
──
ドロップって言うと‥‥。
前田
空中投下してもらったんです。
ドラム缶で12本くらいだったかな。
──
すべてが聞いたことのない話(笑)。
チリから南極まで飛んでいくのって、
どれくらいかかるんですか。
前田
チリの突端、
プンタ・アレーナスってところから、
ドレーク海峡を挟んで、
だいたい3時間半くらいだったかな。
スピードの遅い飛行機で、
たしか、180ノットくらいでした。
時速350キロくらい。
──
前田さんは、それまでも、
当然、雪山のご経験というのも‥‥。
前田
学生時代、山岳部だったんで。
──
じゃあ、昔から、
山にはずっと親しんできたんですね。
前田
そうですね。
スキーがうまいわけじゃないけれど、
北海道生まれなもんで、
まぁ、三浦さんと一緒に滑ってても、
絶対に転ばないだけで(笑)。

──
相当お上手でしょう、それは。
前田
たぶん、そのあたりを、
三浦さんが見越してくれたんですね。
かっこよく滑る人は
そこらじゅうにいると思うんだけど、
それだと、長く滑れないらしい。
──
三浦さんが滑るようなところは。
前田
すぐに、息切れちゃうそうです。
ぼくはもともと山屋だから、
重たい荷物を背負って滑るってのは、
仕方ないと思っていたから。
──
なるほど、そっちに慣れていた。
前田
ただ、ヴィンソンのときは、結局、
条件が悪すぎて、
ぼくはスキーを途中で放棄しました。
ヒドゥン・クレバス‥‥って言って、
そこら中に、
見えない穴ぼこが開いてるんですよ。
それ、スキー履いてても
ズボッといくことがありますから。
──
わー‥‥。
前田
実際、一回、腰まで落ちましたし。
──
えっ。
前田
でも、そのときぼくは
スキーを放棄してアイゼンを履いて、
ザイル背負って、テント背負って、
リュックサックいっぱいの状態で、
カメラを担いでいたんです。
危険地帯を過ぎたなというあたりで、
三浦さんが
上からピューッと滑ってきて、
フレームアウトして、
OK、次へ行こうと一段下がったら、
ストーンと落ちたんです。
──
わあ。
前田
リュックが引っかかって、助かった。
あれ、落ちてたら今ぼくいないです。
──
クレバスって深い‥‥んですか。
前田
どんなに浅くても
15メートル、20メートルはある。
落ちたら絶対、出てこれないですね。
──
よかったです‥‥。
前田
はい。三浦さんも
「あぁ‥‥生きててよかったなぁ!」
って言ってました(笑)。

(つづきます)

2020-10-15-THU

前へ目次ページへ次へ
  • 連続インタビュー 挑む人たち。