三浦雄一郎さんの、関野吉晴さんの、
星野道夫さんの傍らには、
「もうひとりの冒険者」がいた。
映像カメラマンとして、
名だたる冒険家や探検家たちと
行動を共にしてきた前田泰治郎さん。
他の誰かを撮るという仕事柄、
極地での前田さんご自身の写真は、
ほとんど残っていないそうです。
でも、お話をうかがってみたら、
前田さんの人生こそが、
ダイナミックな冒険者のそれでした。
冒頭の南極の話からびっくりします。
全7回、担当は「ほぼ日」奥野です。

>前田泰治郎さんのプロフィール

前田泰治郎 プロフィール画像

前田泰治郎(まえだ・たいじろう)

1946年(昭和21年)8月15日生まれ、
令和2年で74歳。
1968年、駒沢大学経済学部卒業。
1970年より映像制作会社にて撮影に従事。
1980年、フリーランスカメラマンとして独立。
1981年より14年間、
NHK制作技術局撮影部山岳撮影研修の講師を務める。
1987年、撮影を主とする株式会社タイムを設立し
各局の番組を250本あまり撮影する。
2015年から、はドローンによる撮影を手掛け、
2018年からは6K映像も手掛ける。

前へ目次ページへ次へ

──
前田さんは、映像のカメラマンとして
三浦雄一郎さんや、
関野吉晴さん、星野道夫さんと一緒に、
世界各地の
さまざまな場所へ行かれています。
お仕事のリストをザッと眺めるだけで、
すごい人生だなあ‥‥と。
前田
いえいえ(笑)。
──
どういうきっかけで、このような。
前田
はい。学校を卒業して入ったところが、
カーラリーをやってる会社で、
オーストラリアへ
行ったり来たりしていたんですけどね。
──
カーラリーのことでオーストラリアへ。
行ったり来たりで。

前田
ワールドカップが14戦あって、
サザンクロスラリーっていうんですが、
年に4、5回、
現地へ行って取材をしていたんです。
で、そこの会社の社長さんが、
三浦さんの友だち‥‥って言いますか、
最初のエベレスト滑降のとき、
カメラマンを務めていた人なんですよ。
──
じゃ、その会社への入社がきっかけで。
前田
そうですね。
おまえ、オーストラリアへ行くんなら、
コジアスコって山に
三浦雄一郎という人と登ってみないか、
と社長に言われたんです。
──
コジアスコ。
前田
シドニーとメルボルンの間にある、
標高2300メートルくらいの低い山。
七大陸最高峰のひとつではありますが。
──
それ以来、三浦さんとのお付き合いが。
前田
ええ、スタートしたんです。
結果的に、エベレストを除く
6大陸の最高峰を、一緒に登りました。
──
最初は、おいくつくらいの‥‥。
前田
ぼくより14くらい年上の三浦さんが
30代半ば過ぎだったから、
ぼくはまだ‥‥20代の前半ですかね。
その後、1983年には
三浦さんと南極大陸の山に登りまして。
──
それが、
テレビ番組になった、最初のお仕事。
前田
そうです。
ヴィンソン・マシフ登頂・滑降の記録。
このときは、世界から集まった7人が
合同隊を組んで行ったんですが、
そのうち日本人は、
三浦さんとぼくの2人だけでした。
──
へええ‥‥。
前田
今でこそ、イギリスの会社が
チリ空軍に頼んで、
南極への定期便を飛ばしていますけど、
当時、南極へ
飛んでいく手立てはなかった。
ヴィンソン・マシフへ登るために、
三浦さんが友だちを集めて、
お金を出しあって、行ったんです。
──
お金を。
前田
大きなスキー場を経営している人とか、
当時のワーナーブラザーズの社長とか、
有名な登山家、
イギリスのクリス・ボニントンとかね。
──
そんなすごい人たちが集まって。
それ、行こうって言い出したのは‥‥。
前田
もちろん。三浦さんですよ。
当時、
ちっちゃな双発プロペラ機の鼻の先に
プロペラをもう1個つけた、
トライターボDC3型という飛行機が
あったんですけど。
──
プロペラ機の鼻先に3つめのプロペラ。
前田
そのほうがエンジンが3発になるんで、
安全性が高まるんです。
でも、実際はガタガタの飛行機でした。
隙間風が入ってくるような(笑)。
──
すみません、南極へ飛んで行く手段が
存在しなかったって、
つまり、
飛行ルートがなかったってことですか。
前田
はい。ない。
──
じゃ、操縦してくれる人を雇って‥‥。
前田
そうですね。
操縦したのは、イギリスで
民間パイロットをやっていた男でした。
──
その人に南極まで飛んでくれないかと。
前田
そう。それがね、またおもしろい男で。
この仕事に専念するからとか言って
アッサリ会社を辞めて、
トライターボを
南極用に改造する段階から携わって、
飛んでくれたんですよ。
──
練習とか‥‥できないわけですよね。
前田
そんなのは、そうです。
──
じゃあ、本番一発で?
前田
だからね、おもしろかったですよ。
南極大陸の上をグルグル飛びながら
「どこへ降りようか。このへんかな」
とか言って、
ドアをビャーっと開けて‥‥。・
──
空を飛んでる飛行機のドアを!
前田
発煙筒をポーンと2つくらい投げて、
風の感じをたしかめて
「よし、あのへんに降りるぞ」って。
機体にスキーはかせて、
ポーンと着陸したんですよ、南極に。
──
ポーンと投げ、ポーンと着陸(笑)。
映画のヒコーキ野郎とかに出てくる、
賞金稼ぎのパイロットみたい。
前田
そういうのに、乗っかって行ったの。
──
えっと、飛び立ったのは‥‥。
前田
チリの空軍基地。
ま、そんなふうにして
ヴィンソン・マシフの近くに降りて、
そこからは、
荷物を背負って頂上を目指しました。
1週間くらいかかりましたけど。
──
1週間も‥‥。
前田
もっとちいさな飛行機で行ってたら、
もう少し高いところに
降りれそうな場所があったんだけど。
まあ、そんなのは、
行ってみなけりゃわかんないからね。
──
そうですよね‥‥。
前田
「なんだよ、このへん降りれたよな」
「いや、降りたところで上がれない」
とか、そんなこと言いながら。
──
すごい話ですね‥‥。
その、お金持ちのお友だちの方々も、
みなさん、ひるまずに。
前田
ぜんぜん平気ですよ。
ま、落ちたら落ちたで‥‥みたいな、
そんな感じなんです、全員。
ワーナーブラザーズの当時の社長も、
冒険野郎みたいな人で。
──
へええ‥‥。
前田
それから5、6年後かなあ、
その社長、家族とスキーへ行く途中、
ヘリコプターで
行方不明になっちゃったんですよね。
──
えっ‥‥。
前田
エクストリームスキーって言って、
スキー場以外の、
誰もいないところを滑るスキーを
やるんだって言って。
ヘリで山の頂上へ向かってる最中、
行方がわからなくなっちゃって。
──
それ、どこかに墜落‥‥。
前田
たぶん。
──
はああ。
前田
話がズレましたけどね。

椎名誠さんと。 椎名誠さんと。

(つづきます)

2020-10-14-WED

前へ目次ページへ次へ
  • 連続インタビュー 挑む人たち。