こんにちは、「ほぼ日」の奥野です。
村山治江さんという、
御年91歳にはまったく見えない
素敵な女性と知り合いました。
はじめてお会いした日、
「次回は染色家の柚木沙弥郎先生を
紹介してさしあげましょう」
と、村山さんはおっしゃいました。
はたして後日、お目にかかった
96歳の柚木沙弥郎さんは、
新作を描き終えた次の日でした。
その絵「鳥獣戯画」は、
なんと12メートルもあったのです。

>柚木沙弥郎さんプロフィール

柚木沙弥郎(ゆのき・さみろう)

1922年、東京に生まれる。染色家。
国画会会員。女子美術大学名誉教授。
1946年、大原美術館に勤務。
民藝にみせられ、柳宗悦の著作を読みはじめる。
1947年、芹澤銈介に師事。
以後、型染めの作品を発表し続けている。
布地への型染めのほか、染紙、壁紙、版画、
ポスター、絵本など、幅ひろいジャンルで活躍。
装幀、イラストレーションも手がける。
1958年、ブリュッセル万国博覧会で銅賞受賞。
主な絵本に『てんきよほう かぞえうた』
『トコとグーグーとキキ』『雉女房』『夜の絵』
など多数。
主な作品集に『柚木沙弥郎作品集』『夢見る手』
『柚木沙弥郎の染色』などがある。

>村山治江さんプロフィール

村山治江(むらやま・はるえ)

1928年、大阪船場に生まれる。
1984年、東京渋谷にギャラリー・トムを開設。
視覚障害者が
彫刻に触って鑑賞できる場所として設立された
私設の美術館である。

「村山亜土と治江の一人息子、(故)錬(れん)は
生来の視覚障害者として生まれ育ちました。
あるとき、錬が
「ぼくたち盲人もロダンをみる権利がある」
と言った言葉に突き動かされた二人が、
視覚障害者のための美術館を設立したというのが
ギャラリーTOMの誕生の経緯です。」
(ホームページより)

前へ目次ページへ次へ

──
なんでも柚木さんは、つい昨日まで、
新作の「鳥獣戯画」を
描かれていたとうかがったのですが。
村山
12メートルね。
──
12メートル?
柚木
幅12メートル、高さ1メートル。
──
そんなに大きいんですか。
柚木
うん、鳥獣戯画はどうっていうのは、
こちらが言い出したんだけど。
──
村山さんが。
柚木
青天の霹靂だった。
途端に鳥獣戯画って言われてもねえ。

──
困っちゃいましたか(笑)。
柚木
高山寺で複製を見られるし、
何であるかはもちろん知ってるけど、
描かないかっていうことで。
──
でも、青天の霹靂ではあったけれど、
お引き受けになって。
柚木
村山さんは、
お父さんである村山知義さんから、
アーティストというものは、
思想がなくちゃいけないんだって
教えられたんだろうけど。
──
そうなんですね。
柚木
鳥獣戯画を描けば、
思想があることになるのかどうか
わかんないけど、
鳥獣戯画を描くということは、
それはおもしろいことだと思った。
──
それで、お引き受けになった。
柚木
かわいいカエルやなんか出てきてさ、
あんな時代に、
あんなふうにあか抜けたユーモアが
日本にあったことにびっくりするね。
──
漫画の原型とか言われたりしますね。
柚木
去年の秋くらいかなあ。
秋よりも前だったかもしれないなあ。

──
村山さんからお話があったのは。
柚木
うん、この村山さんの旦那さんが
村山亜土さんという方で、
鳥獣戯画を元にした舞踏劇を
つくったっていうんだ。
あれは、いつごろの話?
村山
60年くらい前(笑)。
──
調べると1957年ですから、
もう62年くらい昔のお話ですよね。
村山
はぁ、本当?
わたしの夫の村山亜土が脚本を書き、
わたしの父の村山知義が美術、
音楽が團伊玖磨先生で、
振り付けが、藤間勘十郎先生で‥‥。
──
わあ。
村山
よき仕事だった。
すごいメンバーが集まってたんです。
歌舞伎で、猿之助さんもそうだけど、
何か新しいことをやりたい気分が、
とても強くなっていた時期だったの。
──
ええ。
村山
歌舞伎の世界の内側から、
新しいものを追及した時代だった。
──
村山さんは、どのようなお役目で?
村山
当時は、まだ
「プロデューサー」っていう職業が
なかったと思うんだけど、
だから、わたしは「制作」というね。
──
なるほど。
村山
無常観、なんです。「平家物語」の。
テーマになっているのは。
──
鳥獣戯画で、平家物語の無常観を。
村山
平安時代から武家社会に変わりゆく、
最後のところのお話です。
フクロウの琵琶法師が‥‥
フクロウって闇夜では見えてるけど、
昼は塞いでるじゃない、自分で。
──
ええ。
村山
そのフクロウの琵琶法師が
琵琶をかかえてボローン‥‥と弾く、
そこからはじまるんですね。
──
物語が。
村山
それで、祇園精舎の鐘の声‥‥って
ナレーションとともに、
舞台の幕が、そーっと上がるんです。
最後は、そのフクロウが
諸行無常の響きあり‥‥って歌って、
源氏と平家が斬り合う、
すると舞台のうえが、ビュワーっと、
赤い旗と白い旗とで染まるんです。
──
はあー‥‥。
村山
本当に、すばらしい舞台だったんです。
團伊玖磨さんのお仕事でも、
「夕鶴」の次にくる傑作だと思います。
柚木
とにかくさ、この人、
その舞台の台本をぼくに手渡してきて、
鳥獣戯画どうですって。
──
62年前の舞台の台本を。
村山
おそうじしてたら、
本箱の隅っこからペロッと落ちてきたの。

──
えっと、62年前の舞台の台本が?
村山
そう、本当に、偶然に出てきたの。
それでね、
これ、柚木先生に描いてもらったらって。
──
思いついて。
村山
はい。
──
つまり、プロデュースされたわけですね。
村山
それともうひとつ「夜の絵」も出てきた。
──
夜の絵?
村山
村山亜土が高校時代に描いた文章で‥‥
うちの家って、
まず、お父さんが村山知義でしょう。
お母さんが、児童文学作家で詩人の
村山籌子でしょう。
──
わあ、そうなんですか。
村山
で、そのお父さんのまわりには、
佐多稲子はいるし、
松井須磨子はいるしで、
つまり、夫の亜土にしてみたら、
えら者が多すぎるわけ。
──
えら者。
村山
そんなことだから、
夫は密かに「夜の絵」って文を書いて、
誰にも見せずに、
ノートに挟んでたんですね。
それも、ヒラヒラ‥‥っと落ちてきた。
──
おそうじの最中に。
村山
あら、これと思って読んで、
その場にこの柚木先生がいらしたから、
「はい」って渡したの。
そしたら先生、
ぱっと見て、すぐに家に持って帰って、
きっかり1週間後に、
布の端切れでコラージュつくってきた。
──
亜土さんが高校時代に書いた文章に、
柚木さんが
布のコラージュを添えてこられたと。
それも、たった1週間後に。
村山
それが本当にすばらしい出来栄えなの。
みんなが、いいって言うんです。
柚木先生の、かくれた大傑作だと思う。
いまでは、
神奈川県立近代美術館の所蔵作品です。
柚木
いろいろ布の切れはしを持ってるから。
それを一生懸命、貼り付けたんだよね。
急いで、こしらえたんだ。
──
それは、なにかの形になったんですか。
柚木
本にして配った。
村山
あ、そうだ、そうだ。
柚木
仏事があったんだね。
村山
仏事、そうそう。
──
仏事?
村山
いやね、ちょうど
わたしの主人の何回忌かだったんです。
それで、本にして、みなさんに配って。
たしか主人の死んだ年に、
先生の奥さんも亡くなってるんですよ。

──
何回忌かの仏事に参集された方々に、
本として、お配りになったと。
つまり、60年以上の時を越えた、
村山亜土さんと
柚木沙弥郎さんのコラボレーション。

村山
こんど、ヘルシンキに、
大きな現代美術館ができたんですけど、
そこへ、行くんですよ。
──
えっと、この柚木さんの「夜の絵」が。
村山
そう。
──
わあ、すばらしい。
村山
あっという間にできちゃったね、先生。
柚木
なんでもあっという間だよ(笑)。
村山
いつでもそうなの。
こんどの「鳥獣戯画」も1週間ですよ。

(つづきます)

2019-07-18-THU

前へ目次ページへ次へ
  • 神奈川県立近代美術館葉山館で開催中
    柚木沙弥郎の「鳥獣戯画」

    96歳の柚木沙弥郎さんが描き上げた
    幅12メートル、
    高さ1メートルの大作「鳥獣戯画」。
    これが、展示されます。
    取材時、部分的には拝見しましたが、
    なにしろ「12メートル」です。
    いったい、どんな作品なんでしょう。
    美術館の壁にかけられた「全貌」を、
    ぜひ、見ていただきたいと思います。
    「鳥獣戯画」以外にも、
    美術館の収蔵品や絵本の原画など、
    柚木さんの多彩なお仕事を味わえる
    展覧会になっているようです。
    2019年9月8日(日)まで開催中。
    展覧会のガイドブックとして読める
    柚木沙弥郎の「鳥獣戯画」
    という本も出版。
    また、インタビュー中にも出てきた
    数百部の超限定本『夜の絵』も、
    筑摩書房から再刊行されるそうです。
    この書籍のTシャツを、ほぼ日で
    つくらせていただいたのですが‥‥
    とってもいいものに仕上がりました。
    販売するのは、ほぼ日と、
    神奈川県立近代美術館の葉山館だけ。
    よろしければ、ぜひ。