ニューヨークの路上で
魔法みたいにサッカーボールをあやつる
りゅートリックスさん。
その動画が、SNSで「バズった」ので、
ご存知の方も多いでしょう。
そんなりゅートリックスさんが、
糸井重里&「ほぼ日」乗組員の目の前で、
パフォーマンスを披露してくれたのです。
いやあ、すごかったなあ。
目が離せないんですよ、何だかもう。
ぼくらは、りゅートリックスさんを
ことあるごとに応援したいと思います!
さあ、みなさんにご紹介します。
フリースタイル・フットボールの
りゅートリックスさんです。どうぞ~!

>りゅートリックスさんのプロフィール

りゅートリックス プロフィール画像

りゅートリックス(りゅーとりっくす)

RyuTricks
1996年生まれ。早稲田社会科学部卒。
フリースタイルフットボーラー・コンテンツクリエイター。
大学卒業の次の日、就職せずにボールを持って渡米。
現地でストリートパフォーマンスをして生活しながら
アメリカ横断を達成。
ニューヨークでの動画が
国内外でニュースになるなど話題に。
現在SNS総フォロワーは約50万人。

Twitter → https://twitter.com/ryutricks?lang=ja

Instagram →
https://www.instagram.com/ryutricks/?hl=ja

 

前へ目次ページへ次へ

第4回 りゅーさんには「写真」が必要。

糸井
いま「eスポーツ」ってあるよね。
あれはスポーツなのかって
疑問に思う人もいるとは思うけど、
成立しているのは、
競技人口が多いからなんだろうね。
りゅートリックス
賞金「1億円」とか出ますもんね。
糸井
ぼく、釣りをやってたんだけど、
アメリカの釣り大会って
賞金がぜんぜんちがうって聞いた。
テレビの中継が入るだけで、
もう、何だか「別物」になるから。

りゅートリックス
そうなんですか。へえ‥‥。
糸井
少しまえに、トンコハウスの堤大介さんと、
画家のjunaidaさんというね、
失敗も覚悟して、
自費でアニメや画集を制作してる人たちの
連載記事をやってたんだけど。
りゅートリックス
ええ。
糸井
彼らは、自分たちでリスクをとって、
素敵な絵やおもしろいアニメをつくる一方、
お店の店主だとか、
出版社の代表みたいな役もやってるんです。
なぜそんなことをしているかというと、
たぶんですけど、
きっと絵を描いて暮らしたかったから。
りゅートリックス
あー、逆に。そういうはたらき方って、
ぼくにとっての最適解でもあると思います。
自分も、自分のパフォーマンスを
インフルエンスさせていく‥‥ような役を、
自分自身で、やっているので。

糸井
でもその場合も、
ベースに、好きなことがないとダメだよね。
りゅートリックス
そうですね。
糸井
これだけボールの修業をしてきたわけでね。
りゅートリックス
引けなくなっちゃいましたねえ(笑)。
糸井
そんなすごいことができるんだあ‥‥って、
言われれば言われるほど、うれしいでしょ。

りゅートリックス
そうなんです。
人が「えっ?」って思うとこを目指してて。
糸井
どうやったら、もっと、みんなが‥‥。
ああ、りゅーさんのパフォーマンスさ、
映像もいいんだけど、
かっこいい「写真」でも見てみたいよ。
りゅートリックス
写真‥‥ですか。
糸井
パフォーマンスしてる最中の‥‥
それこそ『Number』に載ってるみたいな、
ああいう写真で見てみたいな。
スマホでチャッと撮ったようなのじゃなく。
りゅートリックス
それ、たしかにです!
糸井
すごいことをやっている「瞬間」って、
どんなスポーツでも、
アートみたいに美しいじゃないですか。
りゅーさんのパフォーマンスで、
フリースタイル・フットボールの魅力や
アスリートの美しさが
伝わるような写真を、見てみたい。
りゅートリックス
考えたこともなかったんですけど、
あったらいいです、ほんと。
糸井
りゅートリックスの「決定的瞬間」‥‥
みたいな写真があれば、
もっと、みんなに知られるんじゃない?
いまだと「上手な若者がいるんですよ」
くらいで止まっちゃうのかも。
りゅートリックス
なるほど。
糸井
「この人の技、本気ですごい」ってこと、
もっと感じさせてやりたいんです。
りゅートリックス
そうか‥‥写真かぁ。
糸井
あの福岡から来た‥‥橋本環奈ちゃんか。
彼女だって、そうだったじゃない。
たった1枚の写真で、
「こんな子がいる!」って有名になった。
りゅートリックス
そうですね、たしかに。
これまでずっと写真が苦手だったんです。
本当の自分は恥ずかしがりなのか、
こんなふうに人前で、
パフォーマンスできるようになったのも、
本当に、つい最近なんです。

糸井
写真家しだいじゃない?
写真が伝えるものって、やっぱり凄くて。
鋤田正義さんの撮るデヴィッド・ボウイ、
みたいな、
その人を象徴するような写真が撮れたら、
写真家にとっても
もう一生のシンボルになっちゃいますし。
りゅートリックス
たしかに、記憶に残るのは、写真ですね。
糸井
いま、りゅーさんは
写真家が「撮りたい」と思える被写体に
なろうとしてるところだし。
自分の複製としての写真を
配ってあるく必要だって、あるだろうし。
りゅートリックス
はい。
糸井
『Number』に載ったと想像したら?
りゅートリックス
ああ、めっちゃ、うれしいですよ。
それはもう、あこがれます。
糸井
これから世界へ出ていこうってときにも、
一枚、これだという写真があれば、
きっと、助けになってくれると思います。
どんなにすごい大道芸の人でも、
適当に描いた看板を立てただけだったら、
その人の品質感が損われちゃう。
りゅートリックス
ああー‥‥そうかあ。
本当は、
そのへんを考えてくれるマネージャーが、
いればいいんだろうけど、本来は。
りゅートリックス
それは稼ぎの点で、むずかしいです。
糸井
じゃあ、いま、俺が考えるよ(笑)。
どういう写真がいいのかな、具体的には。
りゅートリックス
トリック中の奇跡的な瞬間を捉えた1枚、
みたいなのが撮れるとうれしいです。
糸井
それは、つまり‥‥どういう?
りゅートリックス
んー、それこそ「指一本」で
逆立ちしているように見える瞬間とか。
これ、どうやってやってんの?
‥‥って、パッと見で気になるような。
糸井
写真家ともよく話し合って、
フリースタイル・フットボールのこと、
よく知ってもらってから
撮ってもらえたら、いいのかもね。
りゅートリックス
はい、そんなことをしていただけたら、
めちゃくちゃ最高です。
糸井
スポーツ選手の美しい姿って、
ある、ひとつの理想形だと思うんです。
レースで優勝した瞬間もそうですけど、
鍛え上げた肉体を持つ人が
いきいきと競技する姿を撮っただけで、
もう、ぼくら、見たいんですよ。
りゅートリックス
そこまでのビジョン‥‥なかったです。
はあ~、ありがとうございます。

2020-01-09-THU

前へ目次ページへ次へ
  • りゅートリックスさんの
    NYでのパフォーマンスをご覧ください!