人生の冴えないワンシーンを絵に描いて、
日々、Twitterに
アップしている人がいます。
イラストレーターの大伴亮介さんです。
いくつかの作品に共感し、
インタビューしにうかがいました。
桜の季節の井の頭公園という
居心地最高のシチュエーションもあって、
インタビューというより、
ただのおしゃべりになってしまいました。
春の陽気と、初対面の大伴さんと、
その日の自分の波長が、
なんだか妙に合ってしまったんですよね。
どうぞのんびり、お付き合いください。
担当は「ほぼ日」奥野です。

>大伴亮介さんのプロフィール

大伴亮介(おおともりょうすけ)

フリーのデザイナー・イラストレーター。
日常のワンシーンを描いた
#ワンシーン画 というのをやってます。

前へ目次ページへ次へ

──
ちなみにワンシーン画の活動には、
ご家族は、どのような反応を?
大伴
妻は完全スルーです。
不気味なほど何も言ってきません。
──
作品集も出版されているわけだし、
毎日、Twitterで
作品を発表してるじゃないですか。
大伴
はい。
──
それでも、頑なに口を閉ざして?
大伴
そうですね。

「箸袋をひらくシーン」「箸袋をひらくシーン」

──
見守ってくれているのかなあ。
大伴
どういう気持ちかわかりませんが、
興味を示すそぶりはゼロです。
そのかわり、
母親はいろいろと言ってきますね。
あのシーンはおもしろかったとか、
あのシーンはつまらなかったとか。
──
へえ、お母さん。
大伴
あの、「エモい」ってわかります?
──
なんとなく、場合によっては。
大伴
ワンシーン画に対して
「エモい」って言われるケースが
たまにあるんですが、
いまいち、ぼくにはわからなくて。
エモいですか、これ。
──
エモいかは、わからないけど‥‥。
大伴
どういうのが「エモい」んですか。
──
わからないです。
ご自分では、どう思っていますか。
大伴
「エモそうだな」とは思います。
──
あはは、「エモそうだな」って。
たとえば、作品集の
最後からひとつ前のページの星空は、
見ようによってはエモいかも。

「オリオン座だけわかるシーン」「オリオン座だけわかるシーン」

大伴
星空だから。‥‥そうかも、エモいかも。
──
だけど、この作品集は、
それで終わらせないところがいいですね。
さっきの「自転車のサドル」という、
エモのかけらもないシーンで終わってる。
大伴
はい。
──
「ああ、エモかった」で終われば、
一定のファンがつきそうになるところを。
大伴
この作品集を音楽のアルバムと考えたら、
星空は、最後のほうに収録された
壮大なバラード、
みたいな気持ちで入れたんですよね。
──
竹内まりやで言えば「駅」みたいな。
大伴
7分くらいある曲だと思います。

──
作品集には、何作入ってるんですか。
大伴
たぶん70ちょっとくらいです。
──
発表していないシーンのストックは、
どれくらいあるんですか。
大伴
絵に落とし込む前の「シーンのタネ」
みたいなものでしたら、
まあ‥‥少なくとも1000以上は。
──
永遠に出版できるじゃないですか。
そんだけあったら。
大伴
生きていると、増えていくんです。
──
とても大げさに言っていいですか。
大伴
はい。

──
大伴さんのワンシーン画って、
「現生人類が生きた証」
であると言ってもいいと思う。
大伴
大げさですね。
──
やっぱり、そうですかね。
でも、いまの人類がいったん滅んで、
次なる人類たちが、
この本を、地層の奥から発掘したら。
大伴
ええ。
──
前の人類は、
こういう日常を生きていたのかって、
思うと思うんです。
こういうシーンを「エモい」と、
こういうシーンを「残念だ」と
感じていたのか‥‥って思うと思う。
大伴
ああ、そういう意味でいうと、
石器時代のワンシーンや、
未来のSFワンシーンも、
イメージするのは、たのしいですね。

「中身まで切ったシーン」「中身まで切ったシーン」

──
自分は、すこし神経質なところがあって、
ハンガーに掛けられたジャケットが
ちょっとナナメってて、
どっちかの肩が落ちてたりすると、
布団に入って寝てても、
どんなに寒くても、
わざわざ起き上がって直したりしてます。
大伴さんも、
けっこうそういうタイプじゃないですか。
大伴
ちがいますね。
──
あ、ちがいますか。そうですか。
大伴
ただ、ハンガーまわりで言うと、
こういう感じが、ものすごくイヤです。

「ハンガーが1個だけ逆向きなシーン」「ハンガーが1個だけ逆向きなシーン」

──
あーーーー、わかる。
何でしょう、このイヤさの正体って。
大伴
なんで1個だけこっち向きに掛けた?
‥‥みたいな、
ちょっと不安な気持ちになりますね。
──
発見しだい、ただちに直しますよね。
大伴
直しますね。
──
やっぱりすこし神経質っぽい感じが、
あるんじゃないかなあ。
大伴
んー、そうなのかなあ。
生理的にダメなシーンと言えば、
スタンドを下ろしたまま、
自転車に乗っている人ですけど。

「スタンドがおりたままの自転車とすれちがうシーン」「スタンドがおりたままの自転車とすれちがうシーン」

──
危ない‥‥乗っている人の行く末を、
案じているんですか。
大伴
そんなやさしさじゃないと思います。
ただただ、生理的に気持ち悪いだけ。

「アイスの袋が抜けないシーン」「アイスの袋が抜けないシーン」

──
やはり、お聞きしていると、
ネタ切れしそうな感じはありませんね。
大伴
どんどんたまるんです。
ちょっとしたことばっかりなので。
──
一生を捧げられますね。
大伴
ワンシーン画にですか‥‥そうですね。
──
ストックが1000以上もあって、
それを死ぬまでアップし続けてたら、
死んでも、
そののちに評価されると思いますよ。
大伴
えっ、死後ですか。
──
いや、「少なくとも」という意味です。

大伴
評価されるのが死後ってイヤだなあと、
ずっと思ってたんですけど。
──
少なくとも、ぼくは評価しますよ。
こんな絵を毎日描いていた人がいたと、
まわりの人に語り継ぎたいです。
大伴
ぼくより長生きする前提ですね。
──
いや、そういうわけじゃないけど。
大伴
じゃあ、死んだら評価してください。
──
はい、します。死んだ次の日にします。
誰よりもはやく。
大伴
お願いします。
──
いやいや、いまのは冗談ですけどね。
だって、いま生きてらっしゃるけど、
おもしろいと思ってる人、
現に、いっぱいいるじゃないですか。
大伴
ハハハ。何の言いわけですか。

──
ともあれ今後も応援させてください。
大伴
ありがとうございます。
がんばりすぎずに、続けていきます。
──
人生はワンシーンの連続ですもんね。
大伴
そうそう。
歯を食いしばって見つけるものでも
ありませんし。
──
ですよね。
大伴
ぼくは、ただ、人生のワンシーンを、
切り取ってるだけ‥‥ですから。

「ハンガーの跡で両肩が尖っているシーン」「ハンガーの跡で両肩が尖っているシーン」

ど れ く ら い、身 に 覚 え あ り ま す ?
日替わり!ワンシーン画 SLIDE SHOW
006

 

previous arrow
next arrow
Slider

(おわります)

2019-08-10-SAT

前へ目次ページへ次へ
  • 書籍
    『ワンシーン画 大全集 Vol.1』を
    10名のみなさまにプレゼント!

    大伴亮介さんが自費でおつくりになった
    『ワンシーン画 大全集 Vol.1』を、
    「連載を読んでくださった
    ほぼ日読者のみなさまに‥‥」と、
    ご提供くださいました。

    売れ行き好調につき
    増し刷りもされたこの作品集を、
    10名のかたに、プレゼントいたします!
    大全集というだけあって、
    70を超す「人生のワンシーン」を掲載。
    ご希望の方は、
    以下のフォームからご応募ください。
    ワンシーン画や
    連載への感想も添えてくださいますと、
    大伴さん、とってもよろこびます。

    なお、この作品集は
    こちらのページで好評絶賛発売中!

    プレゼントに応募する

    応募の締切は
    2019年8月19日(月)午前11時まで。
    当選された方にのみ、
    2019年8月20日(火)中に
    メールでご連絡いたします。