人生の冴えないワンシーンを絵に描いて、
日々、Twitterに
アップしている人がいます。
イラストレーターの大伴亮介さんです。
いくつかの作品に共感し、
インタビューしにうかがいました。
桜の季節の井の頭公園という
居心地最高のシチュエーションもあって、
インタビューというより、
ただのおしゃべりになってしまいました。
春の陽気と、初対面の大伴さんと、
その日の自分の波長が、
なんだか妙に合ってしまったんですよね。
どうぞのんびり、お付き合いください。
担当は「ほぼ日」奥野です。

>大伴亮介さんのプロフィール

大伴亮介(おおともりょうすけ)

フリーのデザイナー・イラストレーター。
日常のワンシーンを描いた
#ワンシーン画 というのをやってます。

前へ目次ページへ次へ

──
ふだんは、どういう生活なんですか。
大伴
自宅が事務所兼なんで、
ふつうに生活している時間のなかに、
仕事の場面があります。
──
ふとした瞬間にチーズがちぎれたり。
大伴
そうですね。本当に、
ただ生活してるだけな感じがします。
これは自分の悪いところなんですが、
何かを「吸収」しに行ったり、
勉強したりというのが苦手なんです。
──
勉強だと思ったらイヤになる気持ち、
わかりますよ。

「今はずした電池と新しい電池の区別がつかなくなったシーン」「今はずした電池と新しい電池の区別がつかなくなったシーン」

大伴
インプットが嫌いなんです、すごく。
──
インプット嫌い。
大伴
ダメだなあって思ってるんですけど。 
インプットするより、
ひたすらアウトプットしたいんです。
──
あ、だったらいいじゃない。
大伴
でも、アウトプットには、
インプットが必要だと言いますよね。
でも、目的のないインプットこそ、
ぼくには、ちょっと、できなくって。
──
大伴さんは、美術系の大学ですか。
大伴
そうです。
──
美大なんて、勉強はもちろんですが、
かなり努力しなければ、
合格できないんじゃないでしょうか。
ああ、大学に入る目的があったから
インプットできたのか。
大伴
まあ、そうですかね。
──
何大ですか。
大伴
東京藝術大学です。
──
めちゃくちゃ優秀じゃないですか。
美的に。
大伴
いやいや。
──
何科ですか。
大伴
デザイン科です。
──
人数とか少ないんじゃないですか。
大伴
自分のときは45人ぐらいでした。
──
たった、それだけ?
きっと、えらい入試倍率ですよね。
藝大では、何をしていたんですか。
大伴
何を学んだんだろう‥‥。

──
たしかに、何らかの目的がない場合、
インプットしてても、
インプットしてる「つもり」だけで、
何にも身についてないことって、
もう、しょっちゅう、ありますよね。
目的や動機がなく、
「ただ読まなきゃならない本」を、
死んだ魚のような目をして
読んでたりしますからね、ぼくら。
大伴
目的があると、勉強するんですよね。
以前DNA螺旋構造の「ゲノム」を、
イラストにする仕事があったんです。
──
ゲノムですか。ええ。
大伴
それまでの人生において、
ゲノムに触れたことがなかったんで、
いろいろ調べたんですよ。
ヘンなこと描けないじゃないですか。
──
科学的に間違ったことを描いたら、
マズいですもんね。

「メモをちぎった部分が荒れていくシーン」「メモをちぎった部分が荒れていくシーン」

大伴
だから、そういうときなんかは、
アウトプットするために、
めちゃくちゃインプットしましたね。
これはゲノム的にはOKな表現だな、
この部分は、
ゲノム的には絶対にNGだな、とか。
──
そうやって注文を受けて、
自分のやりたい仕事にとらえ直して、
絵を描く場合って‥‥。
大伴
ええ。
──
気持ちにドライブをかけるために、
何か工夫をしたりするんですか。
大伴
説明に添えるイラストだったので、
まずは正しいことが重要でした。
でも、正しいだけじゃ窮屈なので、
自分も読者も
楽しい気分になれるように‥‥と、
ゲノムに顔を描きました。
──
顔。
大伴
顔です。
大伴
顔はゲノム的にオッケーなんですか。
大伴
はい。オッケーだったんです、顔は。
螺旋構造に顔をつけたんですが。
──
それは、絶対あり得ないことだから、
オッケーだったんでしょうね。
大伴
螺旋が1本、足りなかったりしたら、
厳しいダメ出しが来たと思いますが、
ゲノムに顔があるのは、
別にオッケーというかスルーでした。
──
完全に間違っているから、許された。
大伴
はい。
──
しかしまあ、すごいもんです、桜が。
お花見のときとかにも、
ちょっとしたシーンがありそうです。
※この日は4月、絶好のお花見日和でした。

大伴
ありますよ、きっと。たくさん。
桜の花びらが、
ズボン裾のロールアップに入るとか、
自分の座ったシートの下に、
木の根っこがポコッとして痛いとか。
──
あー、座りづらいっていうね。
レジャーシート越しの木の根の感覚。
大伴
そうそう。
──
創作の手がかりというかベースには、
大伴さんの
身体的な記憶の蓄積みたいなものが、
あるんでしょうね、きっと。
大伴
靴を脱ぐことが当然想定されるから、
そこにいる人全員が、
妙にキレイな靴下を履いてたりとか。
──
何か、人間理解の話でもありますね。
落ちたハミガキ粉の上だけ救うやつ、
あれ、どんな大金持ちも、
たぶんやったことあると思うんです。
大伴
でしょうね。
──
自分は、そこに「人間」を感じます。

「落ちたハミガキ粉の上のほうだけ救出するシーン」「落ちたハミガキ粉の上のほうだけ救出するシーン」

大伴
そういえば、
一度、自由律俳句に似てますねって、
言われたことがあります。
──
「いれものがない、両手で受ける」
大伴
侘しさを切り取る、みたいな部分が。
──
「咳をしても一人」‥‥たしかに。
大伴
あ、そこの水族園、好きなんですよ。

──
へえ、入ったことないや。
大伴
ぼくが好きなのは、
タガメやゲンゴロウなどの水生生物。
水族館といえばのペンギンですとか、
シロイルカ、クリオネなど、
人気の動物たちはまったくいません。
──
そうですか。
大伴
淡水に棲む生物のコーナーって、
あんまり見てる人っていないんです。
というか、見ていても、
どこに何がいるのかわからないです。
──
ああー、たしかにそうかもしれない。
「藻」を見せられている感じ。
大伴
そういうコーナーが、すごく好きで。
「あ、あるな」って感じます。
──
「ある」というのは、「シーン」が。
大伴
「何が入っているのか
まったくわからない水槽を
眺めているシーン」とか。

──
何だろうと思いながら見て、
何だったんだろうと思いながら去る。
哲学的ですね。
大伴
川とか池‥‥水辺っていいですよね。
自分は、川の段差みたいなところで
ボールがずっと回転している、
あのシーンが、妙に好きなんですよ。
──
はい、自分も大伴さんの作品を見て、
これは‥‥と思いました。
いつ見たのか、
どこで見たのかさえわからないけど、
たしかに「見た覚えがある」。

「川の段差でボールが回りつづけているシーン」「川の段差でボールが回りつづけているシーン」

大伴
そうなんですよね、あれ。誰しも。
──
人生のうち何回も見てないんだけど、
たしかに、覚えがあるんです。
安っぽい色のビニール製のボールが、
くるくる回ってるシーン‥‥。
大伴
あんなシーンがわけもなく大好きで、
こうして、切り取り続けています。

ど れ く ら い、身 に 覚 え あ り ま す ?
日替わり!ワンシーン画 SLIDE SHOW
004

 

previous arrow
next arrow
Slider

(つづきます)

2019-08-08-THU

前へ目次ページへ次へ
  • 書籍
    『ワンシーン画 大全集 Vol.1』を
    10名のみなさまにプレゼント!

    大伴亮介さんが自費でおつくりになった
    『ワンシーン画 大全集 Vol.1』を、
    「連載を読んでくださった
    ほぼ日読者のみなさまに‥‥」と、
    ご提供くださいました。

    売れ行き好調につき
    増し刷りもされたこの作品集を、
    10名のかたに、プレゼントいたします!
    大全集というだけあって、
    70を超す「人生のワンシーン」を掲載。
    ご希望の方は、
    以下のフォームからご応募ください。
    ワンシーン画や
    連載への感想も添えてくださいますと、
    大伴さん、とってもよろこびます。

    なお、この作品集は
    こちらのページで好評絶賛発売中!

    プレゼントに応募する

    応募の締切は
    2019年8月19日(月)午前11時まで。
    当選された方にのみ、
    2019年8月20日(火)中に
    メールでご連絡いたします。