こんにちは、ほぼ日のきょんです。
私は「生活のたのしみ展」の企画を担当しています。

「おNEWなものさがし」は、
「たのしみ展にもぜひ出展いただきたい!」と思う
素敵なブランドや、作家さんなどを紹介する連載です。

今回ご紹介するお店は、
豊富な種類の「持ち手」がそろう傘のお店、
「大森商店」さんです。
「大森商店」さんの傘は、
どれもファッションの一部として、
毎日のお洒落に取り入れたくなる傘ばかり。
そんな「大森商店」さんと、
ほぼ日が一緒に日傘をつくりました。
夏の日差しになんて負けずに、
お出かけしたくなる日傘が完成しましたよ!

「おNEWなものさがし」第3回目、はじまります。

>大森商店さんについて

大森商店 プロフィール画像

大森商店(おおもりしょうてん)

大森商店は、大正12年12月に
日本橋横山町の洋傘卸商より独立し、
繊維雑貨の露天商としてスタートしました。
主に洋傘の部品、ステッキの製造を手掛けていましたが、
現在は洋傘の持ち手の部分の企画や製造、
傘本体の生産事業もおこなっています。

大森商店が目指す傘は、
「自分だけのたった一つの《かさ》、
自分の手に合った持ちやすい《かさ》」。

素敵な傘も、特徴のない傘でも、
ハンドルを変えるだけで、
自分だけのたった一つの傘になります。
直接手に触れる部分である、
厳選された素材や形状のハンドルは、
自分に合った特別なもの。
そんな自分だけの傘を
より長く使ってもらえたらと思います。

前へ目次ページへ次へ

<おまけ> 「大森商店」の大森さんと、 浅草橋で「おNEWなものさがし」。

「おNEWで魅力的なものを探す」のが
この企画のコンセプトです。

「大森商店」さんのお店がある「浅草橋」周辺で、
さらなる「おNEWなもの」に出会いたい!
そう思っていると、
「大森商店」のデザイナー、大森さんから
「私、浅草橋が大好きでよくお散歩しているので、
案内しますよ」と、頼もしいお言葉が。

ということで、今回は東京の「浅草橋」周辺を
大森さんにご案内いただきながら、
「おNEWなものさがし」をしました。

一緒にぶらりとお散歩気分を
あじわっていただけるとうれしいです。

「大森商店」のデザイナー大森さんとは、
浅草橋駅で待ち合わせ。

▲左側が大森さんです。右側はほぼ日乗組員「きょん」です。▲左側が大森さんです。右側はほぼ日乗組員「きょん」です。

最初に連れて行っていただいたのは、
浅草橋駅からほど近いところにある、
ボタン専門店「Takashima」さんです。

▲大森さんはふだんから、
傘づくりのためにこちらによく訪れています。▲大森さんはふだんから、
傘づくりのためにこちらによく訪れています。

Takashima」さんでは、
貝ボタンをメインに扱っています。
貝ボタンは、そのほとんどが奈良県でつくられています。

▲棚には、さまざまな種類のボタンがぎっしり。
ここにあるボタンは1個から購入ができます。▲棚には、さまざまな種類のボタンがぎっしり。
ここにあるボタンは1個から購入ができます。

▲こうして土台になる貝をくりぬいて、
いくつもの工程を経てボタンができます。▲こうして土台になる貝をくりぬいて、
いくつもの工程を経てボタンができます。

▲巻き貝からもボタンができます。▲巻き貝からもボタンができます。

▲貝ボタンだけを集めた見本帳を見せていただきました。
中には、これも貝からできているの?!と驚くボタンも。▲貝ボタンだけを集めた見本帳を見せていただきました。
中には、これも貝からできているの?!と驚くボタンも。

▲これが天然の色なんて!オーロラ色に輝くこのボタンは、
これはニュージーランド産のアワビからできています。▲これが天然の色なんて!オーロラ色に輝くこのボタンは、
これはニュージーランド産のアワビからできています。

▲既製品のシンプルなカーディガンも、
お気に入りのボタンに付け替えて、
自分だけの特別な一着に。▲既製品のシンプルなカーディガンも、
お気に入りのボタンに付け替えて、
自分だけの特別な一着に。

▲白いシャツに個性的なボタンを付ければ、
一気に華やかに。▲白いシャツに個性的なボタンを付ければ、
一気に華やかに。

洋服につけるには個性が強いかな‥‥というボタンは、
アクセサリーにしてもかわいいんです。

▲ボタンでつくったイヤリング。
店員さんの着こなしがとても素敵でした。▲ボタンでつくったイヤリング。
店員さんの着こなしがとても素敵でした。

▲お店には、指輪や髪ゴムなど、
アクセサリーとして加工されたボタンも購入できます。▲お店には、指輪や髪ゴムなど、
アクセサリーとして加工されたボタンも購入できます。

立体的なボタンや、カラフルなボタン、
ゴージャスなボタン‥‥
バリエーション豊かなボタンを見ていると、
あっという間に時間が過ぎていきます。
2~3時間じっくり悩まれるお客さんもいらっしゃるとか。
その気持ち、とてもよくわかります。
大森さんも、新しい傘のアイディアを
ふくらませていましたよ。

「次はこっちですよ!」と
大森さんにご案内いただいたのは、
ギャラリー「水犀」さんです。

▲浅草橋駅からは、徒歩12分ほどです。▲浅草橋駅からは、徒歩12分ほどです。

大森さんはときどきお仕事帰りに立ち寄って、
その日の疲れを癒やしたり、
傘づくりのための新しい刺激を受けているそうです。

▲お邪魔します!▲お邪魔します!

▲足を踏み入れた瞬間に、
澄んだ空気に包まれる感覚をおぼえました。▲足を踏み入れた瞬間に、
澄んだ空気に包まれる感覚をおぼえました。

私たちの取材時に開催されていたのは、
奈良を拠点に活動するアーティスト、
「川井ミカコ」さんの個展でした。
絵画や陶、ミクスドメディアの立体作品が並びます。

▲自然光が溢れる素敵な空間です。
夜はまた雰囲気が変わり、
幻想的な時間が流れているそうです。▲自然光が溢れる素敵な空間です。
夜はまた雰囲気が変わり、
幻想的な時間が流れているそうです。

川井ミカコさんのつくる作品は、
力強さを感じる一方で、
キャラクターたちのどこかとぼけた表情がたまりません。
「かわいい」と思わず口からこぼれます。

▲「タイツくん」や「あきお」など、
1体1体につけられた名前も愛らしいです。▲「タイツくん」や「あきお」など、
1体1体につけられた名前も愛らしいです。

▲ギャラリーの奥には、常設展のスペースが。
展示してある作品はすべて購入できます。▲ギャラリーの奥には、常設展のスペースが。
展示してある作品はすべて購入できます。

▲大森さんが「買っちゃうかも‥‥」と手にしたのは
青い釉薬が美しいお皿。▲大森さんが「買っちゃうかも‥‥」と手にしたのは
青い釉薬が美しいお皿。

▲オブジェやお猪口など、さまざまな作品がならびます。▲オブジェやお猪口など、さまざまな作品がならびます。

大森さんがたびたび訪れる理由がよく分かる、
心が洗われるような心地のいい空間でした。

つぎは、
大森さんがお散歩のたびに気になっていたけれど、
まだ行ったことのないというお店へ。

到着したのはこちら、
ドイツの古道具や雑貨を中心に取り扱うお店、
doremifa 」さんです。

店主の伊藤さんがドイツに住んでいたころ、
ドイツの人が古い物でも大切に
普段づかいするところに魅力を感じたそう。
大事につかわれていた素敵なヴィンテージ品を集めるうちに、
お店を開けるほどたくさんの品に囲まれていたんだとか。

▲店内にはところ狭しと商品が並んでいます。▲店内にはところ狭しと商品が並んでいます。

▲ドイツの古いぬいぐるみはファンが多く、人気です。▲ドイツの古いぬいぐるみはファンが多く、人気です。

▲「doremifa」さんのオリジナルのアクセサリーもありました。▲「doremifa」さんのオリジナルのアクセサリーもありました。

▲ドイツのヴィンテージのブローチ。▲ドイツのヴィンテージのブローチ。

▲旧東ドイツのお皿や食器もならびます。▲旧東ドイツのお皿や食器もならびます。

▲ヴィンテージのピンバッジ。
このなかに、私が思わずときめいて
購入したピンバッジがあります。▲ヴィンテージのピンバッジ。
このなかに、私が思わずときめいて
購入したピンバッジがあります。

▲古い写真もありました。
どんな思い出がつまっているんだろうと、
想像がふくらみます。▲古い写真もありました。
どんな思い出がつまっているんだろうと、
想像がふくらみます。

「doremifa」さんに並んでいた商品は、
そのどれからも、初めて見るのにどこか懐かしい、
あたたかい雰囲気を感じました。

週末のみの営業となりますが、
ぜひタイミングを合わせて訪れていただきたいお店です。

最後に訪れたのは「パティスリー Maru’s」さん。
2020年の11月にオープンしたお店です。

大森さんが、
「ロールケーキがとてもおいしかったんです!」と、
興奮気味にご紹介してくださいました。

▲こちらは浅草橋駅から徒歩5分ほどです。▲こちらは浅草橋駅から徒歩5分ほどです。

▲ショーケースにならぶケーキって、
どうしてこんなに輝いて見えるんでしょうか。▲ショーケースにならぶケーキって、
どうしてこんなに輝いて見えるんでしょうか。

「パティスリー Maru’s」さんのケーキは、
「身体に優しい」をテーマに、
オーガニックシュガーや有機小麦粉など、
安心できる無添加の素材でつくられたケーキがならびます。

▲あれもこれも食べたいと、食欲が止まりません。▲あれもこれも食べたいと、食欲が止まりません。

▲一番人気は定番のショートケーキ。
シュークリームもお昼には売り切れてしまうそうです。▲一番人気は定番のショートケーキ。
シュークリームもお昼には売り切れてしまうそうです。

▲私はプリンと、シュークリームと、
ピスタチオのショートケーキを購入しました。
プリンは「かため」と「やわらかい」タイプが選べます。▲私はプリンと、シュークリームと、
ピスタチオのショートケーキを購入しました。
プリンは「かため」と「やわらかい」タイプが選べます。

▲レジ横に置いてある焼き菓子もおすすめです。
私がまた購入したいのは、「アーモンドショコラ」。
香ばしいアーモンドと、
甘さ控えめのチョコレートの組み合わせが絶妙で、
食べる手がとまりませんでした。▲レジ横に置いてある焼き菓子もおすすめです。
私がまた購入したいのは、「アーモンドショコラ」。
香ばしいアーモンドと、
甘さ控えめのチョコレートの組み合わせが絶妙で、
食べる手がとまりませんでした。

今回いただいたケーキはどれもおいしく、
ぺろりと平らげてしまいました。
ほかの種類のケーキも食べてみたい‥‥!
必ず再訪することを誓いました。

以上で、今回の浅草橋での
「おNEWなものさがし」は終了です。

大森さんのご案内のおかげで、
素敵なお店にたくさん出会うことができました。
歩いている途中には、
気になるお店がまだまだありましたよ。
「浅草橋」、お散歩にぜひおすすめです!

「大森商店」さんといっしょに、
ほぼ日がつくった日傘は
2021年6月24日AM11時から販売します。
商品のラインナップは、ぜひこちらからご覧ください。

<うかがったお店>
・1店目
Takashima
https://www.bb-takashima.net/

・2店目
水犀
https://mizusai.jp/

・3店目
doremifa
https://www.do-re-mi-fa.net/

・4店目
パティスリー Maru’s
https://www.marus-cake.com/

(おわります)

2021-06-23-WED

前へ目次ページへ次へ