>野田秀樹さんプロフィール

野田秀樹(Hideki Noda)

劇作家・演出家・役者。
東京芸術劇場芸術監督、多摩美術大学教授。

1955年、長崎県生まれ。
東京大学在学中に「劇団 夢の遊眠社」を結成し、
数々の名作を生み出す。
92年、劇団解散後、ロンドンに留学。
帰国後の93年に演劇企画製作会社
「NODA・MAP」を設立。
演劇界の旗手として、国内外を問わず、
精力的な活動を展開。
09年10月、名誉大英勲章OBE受勲。
09年度朝日賞受賞。11年6月、紫綬褒章受章。

前へ目次ページへ次へ




本当にわかり合うなんて。

★この回は、『Q』の内容に触れている部分があります。

糸井
それにしても『Q』のあの手紙は泣けたなぁ。
なにあれ?

野田
あれはまた、松たか子がいいんだよね。
歌舞伎俳優の娘ってすごいと思う。
糸井
感情を込める度合いみたいなのが、
多すぎるのがいちばん困るわけで。
あの読み方は、ちょっと
ドキュメンタリーの匂いさえしますよね。
見事だと思いました。
野田
あの人はね、ほんと的確に毎回
「自分がちゃんといける」ってところまで
いくんです。
だから、毎日違いますけどね。
糸井
そうですか。
あの手紙、下手に読まれたら嫌だろうなぁ。
野田
嫌だよね。
感情たっぷりに言われたりしたらさ。
糸井
あと、野田秀樹の台詞でやっても嫌なんだよね。
フィクションになりすぎちゃうというか。
野田
嫌かも(笑)。
糸井
あと、シベリアのシーンもよかったです。
戦争がボーンと終わって
「あぁ‥‥」っていうさ。
野田
ただ若い人とか、お客さんによっては、
シベリアを知らない人もいるし、
伝わる人と伝わらない人が当然いるわけですよね。
だから「どう見えるのかな」
「なにかあったんだろうな、くらいには
思ってくれるかな」とかは思いました。
糸井
そのあたりの話で、
昨日見ながらおもしろかったのは、
野田くんの芝居を
わかる・わかんないで考えたら、
「わかんない」人が客席を埋めてたんですよ、
ぼくも含めて。
野田
はい、はい。
糸井
つまり
「やつが言ってることはわかんなくていいんだよ」
ってところで、みんなが見てて。
でも「よかった」って言って帰ってくる。
野田
ははは(笑)。
糸井
つまりそれ、作者はどう思ってるの?
自分の芝居を、お客さんが
「わかる」ということについて。
野田
でもね、やっぱり20代のときって
異常だったのか、
「お客さんもわかるに決まってる」
と思ってやってた。
糸井
素敵だなぁ。
野田
早く喋ってたって、わかる。
「わかるでしょ? こことここ、
つながってるんだから」って(笑)。
糸井
そういうの、好きだなぁ。
野田
すごいでしょ。
それ、どうなんだろうね。
20代のときのは
もうあまり映像が残ってないけど、
30代くらいのをいま見るとさ、
「こんなに早く喋っててわかるわけないよね」
と思うもん。自分でも。

糸井
あと、自分は知ってるけど、
他の人は知らないような教養を、
好き勝手にあちこち入れてる。
野田
そう。入れるんです。
でもそれもね、けっこう信用してたんだよね。
「きっとわかってる。わかるだろ?」
って思ってたりしてた。
糸井
友達だから?
野田
(笑)そうそうそう。
糸井
だけど、それでも評価されていたってことは、
なにかあったんだよね。
ぼくはよく「歌は歌詞じゃないんだ」って言うんです。
詞のようなものはあるけど、
でも歌というのはメロディーだし、
ぜんぶで歌だから。
芝居にもそういうところがあって。
野田
ただ、言葉を「音」と「意味」に分けると、
ぼくの若いときの芝居って
「音」でだいぶ持ってってたでしょ?
糸井
うん。
野田
実は今回の『Q』は、
QUEENの音楽があるんで、
そこにちょっと回帰してるんですよね。
糸井
「音」で持っていくのは、
ずっとやってたわけじゃないんだ。
野田
やってはいるけど、ぼくは1992年に
イギリスに留学してるんです。
で、イギリスってもう「意味の国」
なんですね。
つまり芝居における言葉について
「あまりに『音』とかで持っていくのは、卑怯だ」
みたいな言い方をされるんです。
そういうこともあって、それ以来、
「音」で持っていくようなことを
そんなにせずにきたんだけど、
やっぱりいまちょっと、
自分の出どころのような場所に
戻りつつある気がします。
糸井
そしたら、いまの話を総合すると、
先ほどの答えは、
「客席と本当にわかり合えるなんてことは、
考えてもいなかった」
っていうことなんですね。
野田
あの‥‥そうですね。
糸井
(笑)

野田
でも、本当にわかり合うというのは、
なかなか難しいと思います。
しかも、不特定多数ですから。
糸井
まったくそうですよね。
で、客席をいっぱいにするためには、
よくわかんない人も混ざってくれないと。
そんなに、わかる人ばかりがいるわけ
ないんだから。
野田
そういうことなんです。
糸井
そうすると、野田くんの芝居を見て、
多少は置いてけぼりになる人が
出るのもわかるね。
野田
(笑)
糸井
でもそこって
「意味を完全にわかる」といったことを
目指しはじめると、迷走するんでしょうね。
コンサートに行くつもりの、
純粋に音をたのしむような人のほうが
生き残るわけだね。
野田
そうでしょうね。
糸井
役者さんたちもそうだよね。
「私の台詞の本当の意味は何でしょうか!」
とか喧々諤々でやってたら、
あの芝居から、置いていかれちゃうよね。
なんかうれしいんです、とか。
やなやつなんです、とか。
そういうことでいいというか‥‥。
マネージャーさん
お話し中すみません、そろそろ、
今日の公演の準備がありまして‥‥。
野田
あ、ほんとだ。
糸井
そうだ、今日もあるんだもんね。
楽しかったです。
野田
こちらこそ。じゃあ、また。
糸井
うん、また。

(おしまいです)

2019-11-30-SAT

前へ目次ページへ次へ
  • <NODA・MAP 第23回公演>
    Q
    A Night At The Kabuki
    Inspired by A Night At The Opera

    作・演出 野田秀樹
    音楽 QUEEN

    東京公演/東京劇場プレイハウス
    2019年11月9日(土)- 12月11日(水)
    ※全公演、当日券を販売しています。

    <CAST>
    松たか子 上川隆也
    広瀬すず 志尊淳
    橋本さとし 小松和重 伊勢佳世 羽野晶紀
    野田秀樹 竹中直人 ほか

     謎が謎を呼ぶ“4人のロミジュリ”の話。
    流れる音楽はQUEENの
    「A Night At The Opera」からのもの。
    さらには平家と源氏まで‥‥。
    ぜひ、劇場でおたのしみください。

    ▶︎くわしくは『Q』スペシャルサイトへ。
    https://www.nodamap.com/q/introduction/