写実的な表現を得意とする
画家の永瀬武志さんに、
新しく描きはじめる絵の制作過程を
連載していただくことになりました。
画家はどんなことを考えながら、
絵に命をふきこんでいくのでしょうか。
完成までの約3ヶ月間、
永瀬さんの視点を借りながら、
画家の世界をのぞいてみたいと思います。
毎週木曜日の更新です。

>永瀬武志さんプロフィール

永瀬武志(ながせ・たけし)

画家。
2004年3月、多摩美術大学大学院
美術研究科絵画専攻修了。
2005年以降、国内外で個展やグループ展を多数開催。
2020年、第3回ホキ美術館大賞入選。
油彩による写実絵画を得意とする。
作品のテーマは、光、生命。

ホームページ
ツイッター
絵画教室アトリエことりえ

前へ目次ページへ次へ

02 グリザイユで描く。

 
こんにちは。
画家の永瀬武志です。
鉛筆による下描きが終わり、
今週から油絵の具での制作に入ります。
絵の具に入るときは、
やはりすこし心が弾みます。
でも冷静に、おちついて、
きもちを整えて描きはじめます。
 
 
完成はカラーの絵になるのですが、
最初はモノトーンだけで描いていきます。
この描き方は、古典的な写実絵画の技法で、
「グリザイユ画法」と呼ばれています。
色にとらわれず、光と影を意識して、
絵に立体感を出すところからはじめます。
ぼくは普段、撮影した写真を見ながら
絵を描いていくのですが、
手元にはカラー写真、モノトーン写真、
コントラストを強くした写真など、
色調を変えた写真をいくつも用意しています。
この「グリザイユ」の段階では、
モノトーン写真をよく見ながら描き進めます。
最初に画面につけた絵の具は、
明るいグレーです。
下描きが透けて見える程度に、
顔全体に薄くすりこんでいきます。
こうすることで画面と絵の具がなじみ、
次にのせる明るい色をぼかしながら、
立体感をつくっていくことができます。
絵の中で立体感をつくるとき、
光が当たっている明るいところは、
白い絵の具で盛り上げるように描きます。
一方、暗く見えるところは、
絵の具を薄く透かして、
下描きのトーンをいかすように塗ります。
そうやって差をつけながら、
絵を立体的に浮かび上がらせていきます。
顔の印象を探るために、
目のハイライトなどの細部を
試しに描いていくことがあります。
この先、ハイライトなどの細部は、
ぼかしたり、消したり、描き直したりと、
何度も手を入れることになります。
なぜ何度も手を入れるかというと、
一度で決めてしまうと違和感が出やすく、
浅い印象になってしまうからです。
何度も描き直すことで、
前の層の絵の具がかすかに透けて残り、
それが絵の深みになってくれます。

 
髪の毛はまだ細かい描写はせず、
おおまかな束感を意識しました。
髪の毛1本1本の質感は、
今回塗った絵の具がしっかり乾いてから、
じっくり描き加えていくつもりです。
最後に、背景にも絵の具をのせます。
今回の背景はとくに何も描かず、
漠然とした空間にするつもりです。
背景が希薄な印象にならないように、
序盤にしっかりと厚塗りをして
存在感をもたせておきたいと思いました。

 
これで全体が塗り終わりました。
まずはおおまかな、
ゴロンとした立体感を優先しました。
まだ造形や表情は、かたい印象です。
ここからすこしずつ柔らかくしていきたいです。
ここまでの過程で、
だいたい3日くらいかかりました。
このあと1週間ほど画面を乾燥させて、
グリザイユで細部をもうすこし描き加えます。
そしてそれが終われば、
ようやく色を塗る工程に入っていきます。
先はまだまだ長いので、
あせらずにいまの作業をひとつひとつ
たのしんでいこうと思います。
きょうはここまでです。
最後までありがとうございました。
また来週も見に来てくださいね。
永瀬武志

(次回につづきます)

2021-03-04-THU

前へ目次ページへ次へ