「あの歌は、いったいどうやってつくっているんだろう?」
糸井重里は、中島みゆきさんについて、
かねがねそんなふうに言っていました。
「すごいよなぁ。話す機会があったら、訊いてみたいなぁ」って。
じっさいはなかなか腰を据えて会う機会がなく、
また、みゆきさんもメディアで多くを語らない。
そんななか、9年ぶりに実現したこの対談では、
ニューアルバム『CONTRALTO』を軸に、
いくつかの楽曲を解体するように、
「中島みゆき」という音楽家について探求していきます。
‥‥って、すっごくマジメな感じですけれど、
(もちろん、マジメなんですけれど、)
2時間15分におよんだこの対談中、
なんども、ふたりの笑い声がひびいていました。
そんな笑い声もまるごと、全10回で、おとどけします。

*この対談は、本とマンガの情報誌
『ダ・ヴィンチ』との共同企画。
「ほぼ日」と『ダ・ヴィンチ』、
ふたつの編集バージョンを、
それぞれ、掲載しています。
2020年2月6日発売の『ダ・ヴィンチ』3月号も、
どうぞ、あわせてお読みくださいね。

司会:藤井徹貫
写真(糸井重里):冨永智子
協力:稲子美砂(ダ・ヴィンチ)/横里隆(上ノ空)

(株)ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス 出版許諾番号 20026 P
(許諾の対象は、弊社が許諾することのできる楽曲に限ります。)

 

>中島みゆきさんのプロフィール

中島みゆき プロフィール画像

中島みゆき(なかじまみゆき)

北海道札幌市出身、シンガーソングライター。
1975年「アザミ嬢のララバイ」でデビュー。
同年、世界歌謡祭「時代」でグランプリを受賞。
76年アルバム「私の声が聞こえますか」をリリース。
現在までにオリジナル・アルバム42作品をリリース。
アルバム、ビデオ、コンサート、夜会、
ラジオパーソナリティ、TV・映画のテーマソング、
楽曲提供、小説・詩集・エッセイなどの執筆と幅広く活動。
日本において、70年代、80年代、90年代、2000年代と
4つの世代(decade)でシングルチャート1位に輝いた
女性アーティストは中島みゆき、ただ一人。
詳細なプロフィールは公式サイトをどうぞ。

前へ目次ページへ次へ

中島
お久しぶりですねぇ。
よろしくお願いします。
糸井
よろしくお願いしまーす。
9年ぶりなんだって。
中島
そんな、なりますか。
糸井
うん。楽屋でご挨拶はしてますけど。
コンサートのたび。
中島
そうなんですよ。だから、
そんな昔でもない気がする。
糸井
今ね、みゆきさんがいらっしゃる前に、
CDをパソコンに取り込もうとすると
ちがう曲名や名前が出ちゃうことについて話をしてて。
中島
そうなの?
糸井
例えば中島みゆきのCDを入れたら、
吉田拓郎が表示されちゃう、みたいな。
中島
はいはいはいはい。
あるらしいですね、それ。
糸井
中島みゆきのCDには、
「作品情報の表示に関するよくあるご質問」
という別紙が入っててさ、
それはCDの不良じゃないんですよと、
かなり詳しい但し書きが入ってるの。
で、これね、どのCDにも入ってるのかと思ったら、
中島みゆきのCDにしか入ってないらしいんだよ(笑)。
中島
あれま! あららら。
みんなやってることだと思ったら(笑)。
うちのスタッフが心配性ですからね。
糸井
いいことしたなぁと思って。
だって、聞く人が、
こういうものに慣れてない人だったら、
困っちゃうもの。
入れといたほうが絶対いいよ。
中島
そうよね。
糸井
で。
で、なんですが(笑)。
中島
「で」?
糸井
みゆきさんは、自分のアルバムの話をしないままに、
何年もお過ごしであられる。
「こんな曲を出したんですよ」とか、
そういう取材を見た覚えがないんです。
中島
そうでしたっけ? フフフ。
糸井
つまり自分ではそういうことを
意識してないのかな(笑)?
中島
‥‥いや、けっこう説明した気が
するんですけどね(笑)。
糸井
ああ、そうなんだ!
中島
‥‥ような気がするんですけど、
どうですかねぇ?
糸井
みんな(スタッフが)ニヤニヤしてるよ(笑)。
中島
アハハハハハ。
「ああ、あれでもやったつもりなんだ」って。
糸井
昔はもっとしゃべったわけ? 
そもそも、たくさんは
(メディアに)出てないよね。
中島
昔からそんなに、取材そのものがない。
糸井
来てるの断ってるだけでしょう。
中島
喧嘩になると悪いから。くくく。
糸井
もう(笑)。何ていうんだろう、
その歌を歌うことがもう説明である、
歌いたいことが、言いたいことだから、
っていう感じがするよね。
それは思い切りがよくてとてもいいなと思って。
中島
アルバムで、1曲ずつ、
自分で説明をとことん書いたのもあるんですよ。
『前途』っていうベストアルバム。
たとえば『銀の龍の背に乗って』の
龍の背がなぜ銀なのかというと、
あれは手術用のメスの色だからなんですよ、とか。
糸井
!!!

中島
でも、それも私、けっこうあちこちで
言ったつもりだったんだけど、
そうやって書くと、
「そうだったんですか!」って。
「いや、ずいぶん昔、私、言いましたけど」
みたいなのがね、あるんだね。
糸井
そうですよ。
僕は直接聞いて本当うれしかったのが、
『空と君のあいだに』で
その「あいだ」に雨が降ってるんだけど、
あれは何? って訊いたら、
犬の視線の歌詞なんですって言われて‥‥。
中島
はぁい、はい!
糸井
もうそれからあの歌がますます好きになった‥‥。
中島
ヘヘヘヘへ。

糸井
そういう覚えがあったから、
解説してもらうのも、案外いいものだなと。
中島
そうか、「空君」の話は私、
コンサートのトークでは散々言ってるけど、
じゃ、それを取材で言ったかっていうと、
言わなかったのかもしれない。
コンサート用に、ネタを取っといたのね(笑)。
糸井
それはとてもいいですよ。
つまり、画がもう一回
コンサートで見えてくるわけだから。
すごくいいですよ。
中島
ね、想像して、面白がっていただければ。
犬の気持ちでね。
糸井
いや、面白がりました。
まずは、その歌詞に違和感を感じてた人のところに
スッと届くわけです。
「♪空と君とのあいだには‥‥」って、
聞き逃してればそのままだけど、
「え、どういう関係?」って思うわけで(笑)。
中島
「この距離感は何?」みたいなのが。
糸井
僕は犬を思いつかなかったから、
「それ何なんだよぉ?」と思ってた。
だから解説を聞いてうれしかったんです。
で、
で、なんですが(笑)。
中島
「で」(笑)。
糸井
今回も、えらくちゃんとしたものを
お作りになっていらっしゃるんで、
どうしたんだろう? っていうぐらい、
僕はビックリしました。
もうスタッフが宣伝で書いているけど、
「中島みゆきが“中島みゆき”を歌っているアルバム」
って。
たしかにみゆきさんが、中島みゆきを歌ってますよね。
中島
‥‥(すこし黙ってから)そうですか? フフッ。
糸井
なんかちょっと取り調べみたい(笑)。
だってさ、それこそ『自画像』という
タイトルの歌があったりして、
中島みゆきのいろんな面が
自然に見えてくるという構造になってる。
犯人としては、どうなの(笑)?
中島
アハハハ。記憶にございません、ハハハハッ。
糸井
お認めになられても差し支えないですよ(笑)?
中島
確かに、『自画像』なんていうのが
入っちゃってますからねぇ、はい。
糸井
若いときに自画像を描くというのは、
けっこうみんなしたがるんですよね。
それこそゴッホみたいな人でもさ、
若くして亡くなった画家は
自画像をけっこう残してるケースが多い。
中島
うん、ありますね。
糸井
ボブ・ディランもわりと若いときに
『セルフ・ポートレート』というアルバムを出してるし、
それはやっぱり若い頃に、
周りよりも自分に興味が行く時代というのがあってね。
でも、年取ると興味が拡散して‥‥。
中島
プッ、フフフ。
糸井
だんだんと書かなくなるものだと
僕は思ってたら‥‥。
中島
ここへ来て(笑)。
糸井
ドカーンと書いてるから(笑)。
中島
そうねぇ。
糸井
一つには「どこにも行かなくても自画像は書ける」
という面白さがある。
さっきのゴッホでいえば、
モデルを雇ったりするのがお金もかかるけど、
自分というのは逃げないから描きやすい。
今回の、デリカシーに欠ける女の話、みたいにさ、
「これはある日、私のスケッチした私ですけどね」
っていうふうなところで、年を取れば、
「これが私です!」じゃなく自画像が描けるようになる、
とも言えるじゃないですか。
中島
ええ、ええ、ええ、ええ。そうねぇ。

(つづきます)

2020-02-06-THU

前へ目次ページへ次へ
  • 過去のコンテンツ

    「中島みゆきさん、おひさしぶり。」

    「中島みゆきさんとの、遊び時間。」

    『CONTRALTO』

    2020年1月8日発売
    定価:3,000円(本体価格)+税

    ■特典ありCD
    ■特典なしCD
    ■アナログレコード

    【収録曲】
    1. 終(おわ)り初物(はつもの)
    2. おはよう
    3. ルチル(Rutile Quartz)
    4. 歌うことが許されなければ
    5. 齢(よわい)寿(ことぶき)天(そら)任(まか)せ
    6. 観音橋(かんのんばし)
    7. 自画像
    8. タグ・ボート(Tug・Boat)
    9. 離郷の歌
    10. 進化樹
    11. 終(おわ)り初物(はつもの)(TV-MIX)
    12. 観音橋(かんのんばし)(TV-MIX)
    全12曲
    *TV-MIXはカラオケです

    ▶︎アルバム全曲トレーラー

     

    中島みゆき 2020 ラスト・ツアー『結果オーライ』

    夜会VOL.20「リトル・トーキョー」