演歌歌手・神野美伽さんと話す

神野美伽さんのコンサートに行ったら、
びっくりしました。
The Collectorsの古市コータローさん、
元ミッシェル・ガン・エレファントの
クハラカズユキさんと3人で、
ロックな「石狩挽歌」をやったりして。
でも、いちばんかっこよかったのは、
神野さんの歌う「演歌」でした。
はい、かっこよかったんです、演歌が。
ニューヨークのジャズクラブや
世界最大級のロックフェスに参加する
神野美伽さんに、歌のこと、
ご自身のこと‥‥いろいろ伺いました。
担当は「ほぼ日」奥野です。

>神野美伽さんプロフィール

神野美伽(しんの・みか)

1977年、テレビ東京「東西対抗チビッコ歌まね大賞」に
出演しスカウトされる。
1984年、高校の卒業を待ち「カモメお前なら」でデビュー。
市川昭介門下ということと
デビュー年が都はるみさんの休業した時期と重なることから
「都はるみの再来」と話題に。
1985年、3作目となる「男船」が70万枚を超えるヒット。
1987年、NHK紅白歌合戦初出場。
その後も各賞レース等で受賞歴多数。
1999年には、日本人初の韓国デビュー。
2001年、NHK教育テレビ「ハングル講座」レギュラー出演など
韓流ブームの先駆けとなる。
NHKラジオ番組の司会や
10年以上にわたって放送中の
「神野美伽のオツな一日」などトークにも定評。
座長公演等の芝居歴も豊富で、
緒形拳追悼公演「王将~坂田三吉の生涯」では2役を演じ、
吉本興業100周年公演「吉本百年物語」にも出演。
役者としてストレートプレーもこなす。
近年、ニューヨーク公演でLIVEを継続的に行い、
国内外のロックフェスなどの出演や
グラミーアーティストとの共演、
他ジャンルのアーティストとのコラボも積極的に行い
活動の幅を広げている。

神野さんの公式サイトは、こちら

前へ目次ページへ次へ

──
昨年、神野さんの
デビュー35周年アニバーサリーツアーの
ファイナル公演を拝見するまで、
演歌というものを、
じっくりと聴いたことがなかったんです。
神野
いま、おいくつですか?
──
42歳です。
神野
40代の人は、ほとんどそうだと思います。
「演歌歌手、誰か知ってる?」と聞けば、
何人か名前は挙がると思うけど、
「じゃあ、生で聴いたことある?」って、
ほとんどないんじゃないかなあ。
──
まさに、そういう状態でうかがいました。
そしたら、びっくりしちゃって。
神野
どうして?
──
古市コータローさんや、
クハラカズユキさんとセッションされた
「石狩挽歌」とか、
ボイスパーカッショニストの
北村嘉一郎さんと、ふたりだけで歌った
「無法松の一生」には、
やっぱり「うわあ」と思いました。
神野
ありがとうございます。
──
でも、なにより、王道の「演歌」、
神野さんの「演歌」が、すごかったです。
何と言うか、とてもかっこよくて。
神野
オリジナルの演歌から、はじめたんです。
初球は直球、ストレートでいこうと。
──
神野さんの声の迫力と
歌声のすばらしさを生で体感して、
冒頭から圧倒されてしまい、
最後まで2時間、あっという間でした。
神野
うれしいです。
一度も生で聴いたことのなかった人が、
コンサートで演歌を聴いて、
「かっこいい」と言ってくれるなんて。
──
でも、本当です。
神野
かっこいいっていう言葉の捉えかたは、
難しいかもしれないんですけど、
わたしも、誤解を恐れず、
かっこいいという言葉で表現してます。
──
はい。
神野
演歌には「先入観」があって、
「こういうものでしょ」というふうに、
とらえられがちなんですが、
もっともっと
可能性を秘めた世界だと思っています。
──
可能性。
神野
「日本人は、歳を取ったら、
 みんな演歌を聴くようになるんだよ」
って、能天気に言うんだけど。
──
たしかに、よく聞くフレーズですから、
自分も、昔から
「いつか演歌を聴くようになるのかなあ」
とは、漠然と思ってました。
神野
演歌をつくる人たちの常套句なんです。
でも、過去に一度も
お味噌汁を飲んだことのなかった人が、
50も近くなったからって、
「そろそろ、お味噌汁でも飲みたいわ」
なんて言うと思います?
──
ああー。思わないと思います。
神野
つまり、日本人のDNAを持ってたら
いずれは演歌を聴く‥‥
なんてことは、ありえないんです。
自分自身の経験として、
人生のどこかで演歌に出会ってないと、
聴くようにはならない。

──
たしかに。
神野
今、わたしのコンサートの客席は、
60代後半の方から、
お元気な90代の方までがメイン。
ときどき、
10代や20代の子も来てくれるので、
とってもありがたいんですけど、
わたしとしては、
40代、50代の人たちに、
もっともっと、聴きに来てほしい。
──
生で聴くと認識が変わると思いました。
それこそ、先入観を裏切られます。
神野
ぜひ、わたしと同じ世代の人たちにも、
演歌を聴きに来てほしい。
でも、同じ世代の人たちと、
わたしたちが
いっしょに歩んでこられなかったのは、
何か理由があるんだろうと思います。
──
それは‥‥。
神野
むやみにバラエティ番組に出たりして
おもしろいことをやればいいか、
というと、そういうことじゃないです。
歌を聴いてもらわなければ、
演歌に興味を持ってくれると思えない。
──
はい、そうだと思います。
神野
そういう危機感がくすぶっていたので、
5年くらい前から、
ニューヨークへ通いはじめたんです。
──
危機感、ですか。
神野
このままだと演歌を聴く人がいなくなる。
──
ああ‥‥。
神野
そうなる前に、自分が信じている
「演歌って、もっとかっこいいんだ!」
ということを証明したいと思って。
ニューヨークを選んだのは、
人種のるつぼと言われてる場所で歌えば、
演歌に対して、わたしの歌に対して、
いろんな国の人が、
いろんな価値観で
ジャッジをしてくれると思ったからです。
──
演歌についての知識もない代わりに、
先入観もないですもんね。
神野
そう、純粋に、歌を聴いて
「え、なになに、この音楽いいじゃん!」
というふうに、
受け入れてもらえるか、どうか。

──
その挑戦、だったんですか。
神野
歌を歌いはじめて30年のタイミングで、
思い切って。
よく
「どうやったら、
 ニューヨークのジャズクラブで
 歌えるんですか?」
とか、
「何かツテがあったんですか?」
と訊かれるんだけど‥‥
まったく、何もありませんでした。
──
そうなんですか。
神野
老舗の Blue Note、Birdland から、
まだ新しいクラブまで、
とにかく、
歌わせてくれる場所を探したんです。
当たり前ですけど、
出演するにはオーディションがあって、
アルバムや経歴も提出して、
ぜんぶ「NO、NO、NO、NO‥‥」。
──
わー‥‥「神野美伽さん」なのに。
神野
もちろんです。
──
あくまで「演歌で勝負」するぞ、と?
神野
当然。ニューヨークに行くからって、
ジャズを歌おうなんて、まったく。
わたしは、演歌を問うてみたかった。
──
なるほど。
神野
目的はただひとつで、
「日本の演歌って、かっこいいんだ」
ということを
ニューヨークで証明して、
日本に、フィードバックしたかった。
でも、ことごとく「NO」でした。
──
証明しようにも、
まず、歌わせてもらえない‥‥。
神野
じゃあ、なんにも決まってないけど、
とりあえず行って、
地下鉄のホームや階段で歌おう、と。
アカペラで、
「♪ヤーレンソーランよ」とか、
「♪リンゴの花びらが」って歌えば、
きっと人は立ち止まってくれる、
そういう自信は、ありましたからね。
──
地下鉄のストリートミュージシャン。
神野美伽さんが。
神野
でも、そこまで思っていたところに、
「うちでよかったら、15分あげる」
というお店が、ようやく見つかって。
──
15分?
神野
15分。
──
たったの。
神野
はい。

(つづきます)

2019-05-16-THU

前へ目次ページへ次へ