演歌歌手・神野美伽さんと話す

神野美伽さんのコンサートに行ったら、
びっくりしました。
The Collectorsの古市コータローさん、
元ミッシェル・ガン・エレファントの
クハラカズユキさんと3人で、
ロックな「石狩挽歌」をやったりして。
でも、いちばんかっこよかったのは、
神野さんの歌う「演歌」でした。
はい、かっこよかったんです、演歌が。
ニューヨークのジャズクラブや
世界最大級のロックフェスに参加する
神野美伽さんに、歌のこと、
ご自身のこと‥‥いろいろ伺いました。
担当は「ほぼ日」奥野です。

>神野美伽さんプロフィール

神野美伽(しんの・みか)

1977年、テレビ東京「東西対抗チビッコ歌まね大賞」に
出演しスカウトされる。
1984年、高校の卒業を待ち「カモメお前なら」でデビュー。
市川昭介門下ということと
デビュー年が都はるみさんの休業した時期と重なることから
「都はるみの再来」と話題に。
1985年、3作目となる「男船」が70万枚を超えるヒット。
1987年、NHK紅白歌合戦初出場。
その後も各賞レース等で受賞歴多数。
1999年には、日本人初の韓国デビュー。
2001年、NHK教育テレビ「ハングル講座」レギュラー出演など
韓流ブームの先駆けとなる。
NHKラジオ番組の司会や
10年以上にわたって放送中の
「神野美伽のオツな一日」などトークにも定評。
座長公演等の芝居歴も豊富で、
緒形拳追悼公演「王将~坂田三吉の生涯」では2役を演じ、
吉本興業100周年公演「吉本百年物語」にも出演。
役者としてストレートプレーもこなす。
近年、ニューヨーク公演でLIVEを継続的に行い、
国内外のロックフェスなどの出演や
グラミーアーティストとの共演、
他ジャンルのアーティストとのコラボも積極的に行い
活動の幅を広げている。

神野さんの公式サイトは、こちら

前へ目次ページへ次へ

──
アメリカのロックフェスやジャズクラブに
集まってくるお客さんには、
神野さんの歌の、
どういうところが響いていると思いますか。
神野
言葉‥‥歌詞については、
まあ、ほとんどのオーディエンスは、
理解できてないと思います。
── 
日本語ですもんね。
神野
だから、つたない英語で説明してる。
たとえば「無法松の一生」だったら、
1958年につくられた曲で、
報われない愛と忠誠心を歌っていて、
もとは小説で、
映画にもなっていて‥‥って。
──
ええ。
神野
日本だったら、イントロの
「♪チャーンチャチャッチャン‥‥」
が流れたら、もうね。
──
お、きたな、と(笑)。
神野
村田英雄さんが
「♪小倉生まれで、玄海育ち‥‥」
と歌い出せば、あの世界観が、
すぐに、伝わるじゃないですか。
──
ええ。
神野
でもアメリカでは、そうはいかない。
向こうで歌うようになってから、
自分がもっと、
歌について深く理解しないと
伝わらないと思うようになりました。

──
なるほど。
神野
小説を読んで、映画を観て、
「この歌は、何を歌っているんだろう」
ということをずっと考えて。
──
日本語のわからないオーディエンスに、
日本の歌を「伝える」ために。
神野
無学で教養のない車引きの男が、
別世界の他人の奥さんに恋をしちゃって、
その人だけを思い続けながら、
いちども「I love you」と言わずに死ぬ。
──
はい。
神野
旦那さんは早くに亡くなってるんだけど、
でも、車引きは、
その旦那さんにお仕えしていたから。
そして、奥さんの側も、
男の思いと忠義心をわかっているという、
ハーレクイン・ロマンスみたいな世界を。
──
ええ。
神野
アメリカの人に共感してもらうために、
「この歌は、
 わたしたち日本人特有の心を歌った、
 純粋なラブロマンスです」
と説明してから
「♪空にひびいた‥‥」って歌うと、
「ワオ‥‥」って、伝わる。
──
ジャズを聴きに来た人にも。
神野
だから、どういう歌なのか勉強して、
背景や内容を説明することは、
とても大事だと思ってるんですが、
でも、どうしても、
日本人にしか理解できない感情って、
あるんですよね。
──
現代のアメリカと昭和の日本とでは、
恋愛ひとつにしても、
もう、いろいろ違うでしょうし。
神野
だから、
「何が響いてるんだろう」と考えたら、
それは、やっぱり、
わたし自身なんじゃないかと思います。
アメリカのジャズクラブでは
聴いたこともない歌、
聴いたこともない歌い方、声の質‥‥。
──
そこは、神野さんのためだけに
用意された舞台ではないわけですけど、
気後れみたいな気持ちは‥‥。
神野
ないです。
──
ない。
神野
何をしに行ってるかってことですから。
わたしはチャンスをつかみに行ってる。
気後れしたり、ひるんだり、
卑下したりしてたらどうにもならない。
──
誰に頼まれたわけでもないし。
神野
そう、日本の演歌の将来のためとか、
きれいごとじゃなくて、
もっと突き詰めて、もっと楽しんで、
歌を歌っていきたいからやってます。
──
つまり、自分のために。
神野
毎年、決まった歌だけを歌い続けて、
結果もだいたい見えてる、
それでは、わたしには、意味がない。
何とかチャンスをつかみたいんです。
だから、続けています。

──
もう5年以上も、ですよね。
神野
アメリカで歌い続けるうちに、
演歌を聴いたことのない人たちにも、
じょじょに届くようになった。
そのことが、本当に、うれしいです。
──
アメリカ滞在中は、
じゃ、いろんな場所をまわりながら、
ライブをして‥‥?
神野
いやあ、そんなに簡単に
歌わせてくれる場所なんてないです。
ジャズクラブとフェスとつなげたり、
語学学校に通ったりして、
歌とまったく関係ない予定も入れて。
──
なるほど。
神野
そういうことすべてに、
意味があると信じて、やっています。
わたし自身も変われるから。
日本だけで歌っているのと比べたら、
気持ちがぜんぜん違うんです。
アメリカがあることで、
わたしを元気にさせてくれるんです。
──
たっぷりあるんでしょうね、刺激。
神野
もっと、いろんな人と出会いたいし、
もっと自分を変えていきたい。
もし、アメリカに行ってなかったら、
キュウちゃんや、
コータローさんとも出会ってないし。
──
昨年の新宿のコンサートでは、
THE COLLECTORSのギタリストの
古市コータローさん、
もとミッシェル・ガン・エレファントで
いまはThe Birthdayなどでも
ドラムを叩いてるクハラカズユキさんと、
ベースレスの3ピースで
「石狩挽歌」とか
「あなたのブルース」とかやってらして、
めっちゃかっこよかったです。

神野
わたしのニューヨークでの取り組みが
ニュースに取り上げられて、
それが、プロデューサーの目にとまって、
ロックフェスに出ないかと誘われて。
それがきっかけで、
ふたりに出会うことができたんです。
──
そうだったんですね。
神野
ボイスパーカッションの嘉一郎くん
(北村嘉一郎さん)も、
わたしの話をラジオで聴いてくれて、
連絡をくれたんですよ。
──
いや、実際「えっ?」と思います。
演歌歌手の神野美伽さんが、
アメリカでのジャズクラブだとか、
オースティンのロックフェスで
演歌を歌ってるって聞いたら‥‥。
神野
嘉一郎くんは、それまで、
演歌をよく知らなかった人ですけど、
今では、ふたりで
「無法松の一生」やったりしてます。
声と声だけで。すっごく楽しいです。
──
はい、コンサートで聴きましたけど、
聴き入ってしまいました。
有名なジャズクラブの
ブルーノートにも出演されてますね。
神野
昔、わたしからやらせてくださいと
お願いしたことがあって、
そのときは、断られちゃったんです。
──
あ、そうだったんですか。
神野
うん、10年くらい前かなあ。
でも、メディアの人たちが
取り上げてくださるようになったら、
名古屋のブルーノートから
「うちでやりませんか」と誘われて。
──
おお。
神野
まったくちがう切り口で歌う演歌を、
おもしろがってくださって。
──
なるほど。
神野
だから、一歩を踏み出しさえすれば、
絶対に、何かは、変わるんです。

(つづきます)

2019-05-15-WED

前へ目次ページへ次へ