さまざまなことが
「これまで通り」ではいかなくなったこの1年半。
演劇界でもさまざまな試行錯誤があり、
それはいまもなお続いています。
お芝居の現場にいる人たちは
この1年半、どんなことを考えてきたのか、
そして、これからどうしていくのか。
相変わらずなにかを言い切ることは難しい状況ですが、
「がんばれ、演劇」の思いを込めて、
素直にお話をうかがいます。

第4回にご登場いただくのは、
フリーアナウンサーの中井美穂さんです。
実は中井さんは大の演劇ファン。
小劇場からミュージカル、宝塚歌劇団まで
幅広くご覧になっていて、
演劇にまつわるレギュラー番組や
連載をお持ちなだけでなく、
読売演劇大賞の審査員を務められるなど、
公私ともに演劇に深く関わられています。
その中井さんに、
演劇を好きになったきっかけや、
このコロナ禍で思うことなどをうかがいました。

聞き手は、
演劇を主に取材するライター中川實穗が務めます。

撮影:池田光徳(ストロベリーピクチャーズ)

>中井美穂さんのプロフィール

中井 美穂(なかい みほ)

1965年、東京都出身(ロサンゼルス生まれ)。
フリーアナウンサー。
日本大学芸術学部を卒業後、フジテレビに入社。
アナウンサーとして活躍し、
『プロ野球ニュース』『笑っていいとも!増刊号』などに出演。
1995年にフジテレビを退社し、フリーアナウンサーに。
さまざまな分野で幅広く活躍中で、演劇関連では
『TAKARAZUKA~Cafe break~』(MXテレビ)
『華麗なる宝塚歌劇の世界Season 1・2・3』(CS時代劇専門チャンネル)
加美乃素プレゼンツ『ミュージカル&トーク』
ぴあ「中井美穂めくるめく演劇チラシの世界」
その他に
『つながるニッポン!応援のチカラ』(J:COMテレビ)
STORY「Catch a Culture Wave シネマ」
など。

Instagramアカウント:@mihonakai2021

前へ目次ページへ次へ

第2回 スターの生の姿を見られるのは、演劇のひとつ大きな魅力。

――
演劇ジャーナリストの徳永京子さんと出会って、
どんな作品を観るようになったのですか?
中井
そのときに紹介されたのは、
「劇団☆新感線」とか「大人計画」とか
「ナイロン100℃」とか「モダンスイマーズ」とか
「ONEOR8」とか、
今でもがんばっていらっしゃる小劇場の雄といいますか、
そういう方々でした。
その作品がおもしろくておもしろくて!
「こんな世界があるのか」
「こんなふうに世界をとらえているのか」って。
それとやっぱり、小劇場の役者の方々のお芝居。
「あぁ、有名じゃなくても
こんなにおもしろい人たちがいっぱいいるんだ」
と思ってハマりました。
今考えたら、それをつくられていたのは、
松尾スズキさんとか、宮藤官九郎さんとか、
ケラリーノ・サンドロヴィッチさんとか、
蓬莱竜太さんとか赤堀雅秋さんとかでしたから。
そりゃあハマるよねっていう(笑)。
――
間違いないですね。
中井
だからタイミングもよかったんだと思います。
あとは経済的な意味でも、
小劇場はチケットがそんなに高くはないので
行きやすかったんですよね。
そうやって舞台を観て、
おもしろいと思った役者さんが
次に出演する作品のチラシを見て、
「これも行きたい」みたいなことになって‥‥
という感じで、どんどん観に行くようになりました。
ですから、やっぱり、
徳永京子さんという最高の先生に出会ったことが、
私がこの演劇沼に落ちた理由です。
いい導き手に出会うってことは、
どの世界においてもすごく重要ですよね。

――
その中でも徳永さんが先生というのは、
エリートコースですね(笑)。
中井
ちょうど昨日も、
徳永さんの隣で舞台を観ていたんですけど、
懐かしいな、と思いました。
小劇場に連れて行っていただいていたときは、
もういつも2人で、
あちこちくっついて行ってたので。
そこからだんだん自分で選んで行くようになって、
ご一緒することも減っていったのですが、
それでもずっと、いまでも、
徳永さんの劇評やご自身のメディアは見ています。
徳永さんの書かれたものを読むと、
同じものを観て、
なぜこうも受ける情報量が違うのかとすごく思います。
――
徳永さんの劇評と比べるのはまた違う話ではありますが、
私にとって、
その「なぜこうも違うのか」という部分こそが、
演劇の好きなところなんです。
劇場の客席にいると、
もう、自分とはまったく違う反応をする人が、
すぐ隣にいたり、目の前にいたりするじゃないですか。
中井
すごくわかります。
「え! そこでそんなに泣くの?」とかね。
逆に話の筋はもうどうでもよくて、
ご贔屓の姿を見てキャッみたいな方もいますし。
――
今このシーンで? 双眼鏡を?
みたいなときもありますね(笑)。
中井
うんうん。
ご贔屓だけを観に来ている人なんかだとそうですよね。
でも、それはそれで、
観劇のひとつのかたちだと思うんですよ。
スターの生の姿を見られるというのも、
演劇のひとつ大きな魅力だと思いますから。
――
私もそう思います。
中井
私自身もフジテレビに入社してすぐに
『プロ野球ニュース』を担当したときに、
やっぱりスポーツファンの人から、
今の言葉で言うとバッシングっていうかね、
「スポーツ知らないくせに」とか‥‥。
――
言われましたか。
中井
言われました。
実際に私はスポーツが苦手でしたし、
なんなら努力も根性も涙も汗も嫌いでしたから。
それは積極的に嫌いだったんです!
――
積極的に(笑)。
中井
私の時代の運動部なんて体罰は当たり前で、
上が黒と言えば、どんなに白くても、
「はい、黒っす、先輩!」みたいな風潮もありましたから。
そういうのが嫌いだったんですよ。
だから、「スポーツ? プロ野球? うそでしょ?」
って感じだったんですけど、
見た感じがスポーツっぽかったらしく、
そういうことになって。
会社員ですから断れませんし、
イチから勉強することになるんですけど、
そんないきなり技術面には辿り着かないじゃないですか。
だから私はまずルックスにいったんですね。
「ユニフォームがカッコいい」とか、
「スタイルがいい」とかね。
そういう見た目から野球の話題に入ったんです。
そうすると、怒られるんですよ。
ファンの方から「何もわかっていない」って。
でも「いいじゃん、別に。じゃあわかってる人しか、
スポーツって見ちゃいけないんですか~!?」みたいな、
そんな気持ちだったんですね。
――
いや、ほんとにそうですよね。
中井
それにね、全然知識がなくても、
光ってる選手ってなんかわかるんです。
それはきっと、
ずーっとプロ野球がお好きな方の見るアングルとは
また違うアングルだったと思います。
だからきっと、わかってない人の勘も
当たらないわけじゃないんです。
私は番組を続ける中でだんだん知識が入って、
スコアブックもつけられるようになって、
それでプラスになることもあったけど、
そのぶん失っていくものもあったと思います。
これは演劇でもあることだと思うんですよ。
以前は再演(※)を観たときに、
「初演のほうがよかったな」とか言う人を見るにつけ、
「初演なんて二度と観られないのに、
そんなこと言うのはフェアじゃない」
なんて思っていたんですけど、
やっぱり自分が同じ演目を何度も観ていると、
「過去のあのキャスティングのほうがよかったな」
なんて思うことはあるし、
つい言っちゃったりすることもあります。
もちろん、二度と観られないものと比べるなんて、
今初めて観た人に対して水を差すような行為ですから、
しちゃいけないなと思うんですけどね。
(※再演=過去に上演された作品を再び上演すること。
初めて上演するものは「初演」)
――
どちらの気持ちもよくわかります。
中井
観劇を繰り返していくにつれ、
どうしても感受性が鈍る‥‥とは言わないけれども、
積み重ねてきたものが邪魔になったり、
そのせいで気づかないものができたりする。
だから今は、
深まってもいるけれど、失ったものもあるなって、
すごく思っています。
――
だからもう本当に、あらゆる意味で、
同じ作品から受け取るものって
人によって全然違うんでしょうね。
中井
観る人にも自由があって、
100人いたら100人違うものを観る
っていうおもしろさは
演劇の懐の深さでもありますよね。
作品から受け取るものも全然違ったりもしますし、
「受け取り方は皆さん好きにしてください」
っていうのは、演劇のすごい魅力でもあるし、
怖いところでもあるなと思います。
映像だと、アングルとかである程度導いてくれますが、
舞台では、観客は自分の観たいものを観ますから。
自分の内側にある経験則で判断して観るので、
そこにはその人の経験が映るんだと思います。

(つづきます)

2021-10-05-TUE

前へ目次ページへ次へ
  • 「コロナと演劇」シリーズ

    劇場に来るというとてつもないストーリー。

    演劇は大丈夫だと思ってもらえる作品を。

    うじうじするくらいなら、今できることをやる。

    いつか私が死ぬときに、この宝石を取り出すことができたら。