これからの自分の道のりを思うとき、
直面して困ることが、おそらくあるだろう。
いま話を聞いておきたい人は誰?
伊藤まさこさんの頭に浮かんだのは糸井重里でした。
大切な人を亡くしたとき、どうする?
からだが弱ってきたら、どうする?
なにをだいじにして仕事していく?
この連載では、伊藤さんが糸井に、
訊きたいことを好きなだけ訊いていきます。
読み手である私たちは、ここで話されたことが、
自分ごとになってスッと伝わってくるときに、
取り入れればいい。
そんな意味を入れたタイトルにしました。
長い連載になりそうです。
どうぞゆっくりおたのしみください。

おしゃべりの場所
ヨシカミ(浅草)

写真
平野太呂

>伊藤まさこさん プロフィール

伊藤まさこ(いとうまさこ)

スタイリスト。
おもな著作に
『おいしいってなんだろ?』(幻冬舎)、
『本日晴天 お片づけ』(筑摩書房)
『フルーツパトロール』(マガジンハウス)など。
「ほぼ日」でネットのお店
weeksdaysを開店中。
エッセイ、買物、対談など、
毎日おどろくような更新でたのしさ満載。

> 糸井重里 プロフィール

糸井重里(いといしげさと)

コピーライター。
WEBサイトほぼ日刊イトイ新聞主宰。
株式会社ほぼ日の社長。
おもなコピー作品に
「おいしい生活。」(西武百貨店)
「くうねるあそぶ。」(日産)など。
ゲーム作品「MOTHER」の生みの親。

前へ目次ページへ次へ

糸井
まさこさんは、なにを食べるの?
伊藤
どうしようかなと思って。
ヨシカミさんには、ひとりで来るバージョンと、
友だちといっしょに来るバージョンとが
あるんですけど。
糸井
はい、はい。
伊藤
友だちと来るときは、
思いっきり東京見物。
船乗ったり、ハイボール飲んで、
ここに来て、みんなでてんでに
食べたいものを食べる。
糸井
いいね。
伊藤
ひとりで来るときは
合羽橋の帰りかなんかで、
カウンターに座ります。
カウンターのなかで料理してる人たちを
見るのが好きなんです。
みなさん、いい顔してるんですよ。
映画を観てるんじゃないかというくらい
カッコいい。
糸井
食べながらそういうステージを観るようにね。
伊藤
そう、ほんとに。
糸井
で、なに食べるの?
伊藤
なに食べようかな。

糸井
ここにオススメってのが書いてあるね。
伊藤
今日のランチもいいけど、
牛ヒレのビーフカツっていうのが
目を引きますね。
糸井
ねぇ。ぼくはそれにしよう。
伊藤
このまんま、食べて
「おいしかったですね」とかいって
今日は終わりそう。
糸井
ああ、ニヤニヤしちゃうな。つばが出るね。
伊藤
私はナポリタンが気になります。
糸井
それも気にはなります。
伊藤
ナポリタンにしようかなぁ。
糸井
それはいさぎよい決断ですね。
伊藤
なんでですか? 
糸井
だって、ナポリタンはふだん食べられるから。
伊藤
ああ、そうか(笑)。
うーん、ナポリタンもいいけど
ミートボールもいいなぁ、
ミートボールのスパゲティ、
私はそれにします。
糸井
俺、そんな勇気ないな。
やっぱりこういうとこではゴハンものを食べちゃう。
ではぼくは、
ビーフカツのセット。
ゴハンは少なめでお願いします。
伊藤
コンビネーションサラダもください。
糸井
ぼくのはサラダがついてるみたいだから、
セットだけでいいかな。
伊藤
それから私は食後にプリンを。
よかった。
これでひと安心ですね。
糸井
注文しおえたら、ホッとした(笑)。
伊藤
もしよかったら、カウンター席にも
行ってみましょうか。
厨房のみなさんが、ほんとうに、
役者さんみたいな顔してるから。
糸井
じゃあお願いして、
ちょっとカウンターにも座ってみよう。
伊藤
お寿司のカウンターにいる職人さんたちも、
みんなカッコよくないですか? 
「見られてる感」がカッコよくさせるのかな。

糸井
「見られてない感」の寿司屋さんは嫌ですね。
伊藤
そうですね。
糸井
油断しきってる寿司屋さんがもしいたら、
ちょっと‥‥。
伊藤
それはもう、ちょっと‥‥。
糸井
そういえば、おととい
京都の余志屋さんに行ったよ。
帰りがけにおかみさんが
「まさこさん、このあいだお見えになりました」
って。
伊藤
いいお店ですよね、あそこも。
糸井
うん、いいよね。
なにせメニューにフライ類があるのが、
ぼくなんかにはありがたい。
伊藤
あ、そうですか。フライ類。なぜに? 
糸井
いろんな意味があるけど、
まずは店にフライがあるっていったらさ、
急にポピュラーゾーンに入るじゃない。
伊藤
なるほど。
糸井
天ぷらはあってもフライはないという店も
けっこうあるでしょ? 
(厨房を見て)あ、あれはフライかな。
伊藤
フライじゃないか、なにしてるんだろう、
でもフライかもしれない。
あのソースがすごいんです、
何日も煮込んだデミグラスソースを、あ‥‥。
糸井
フライだね。
ああいうフライだね。
油しいて、炒めるがごとくに少ない油で、
上からまた油をかけるのかなと思ったらかけた。
伊藤
あの火加減の強さがカッコよくないですか?
糸井
強い。カッコいいです。

伊藤
あ、テーブルに
ビーフカツセットについてる
コーンスープが来るみたいです。
では席に戻りましょう。
糸井
あのフライが最後どうなるのか見たかった。
スープ、いただきます。
おととい京都で
うわあごをヤケドしたから注意して‥‥。
伊藤
フライでヤケドしたんですね。
あ、サラダも来ましたよ。
かわいい‥‥(眉をせばめる)。

糸井
かわいいと思います(笑)。
でも、そんなに、
眉をせばめるほど
かわいくはないと思います。
伊藤
そうですか? かわいい(眉をせばめる)。
糸井
これは、性でしょうか。
ぼくはかわいがらない性なんでしょうか。
伊藤
ホワイトアスパラガスもかわいいし、
あと、パセリ。パセリ使いが、おみごとです。
ああ、見てたら急激におなかがすいてきた。
(みんなが写真を撮り終えるのを待っていたが)
もう、食べてもいいのではないでしょうか。
糸井
食べましょう。
で、今日はどういういきさつで、
我々はここにいるんでしたっけ? 
伊藤
私が糸井さんの話をうかがいたいと思ったからです。
糸井
そうでした。
伊藤
そもそも、なぜ糸井さんのお話を
うかがいたいかと思ったのか。
それを、お話したいと思います。

(明日につづきます)

2019-08-09-FRI

前へ目次ページへ次へ