前へ目次ページへ次へ

#02 おいらはだーれだ?

この漫画のもとになった投稿

「脳発作」を発症し
意識不明の状態で救急搬送された妻。

翌日、意識を戻したときに、
わたしの顔を見て
「どなた様ですか?」と言った。

知り合ってから30年、
付き合いはじめてから25年、
結婚してから22年。

二人で歩んできた歳月すべてが
消え去った瞬間だった。

それでも時間を掛けて話をして行くうちに、
わたしのことを思い出してくれた。

今は退院して、自宅で療養している。
今日も朝、起き掛けに妻に聞く。

「おいらはだーれだ?」

今日も妻はこう答えてくれる。
「○○くん」(○○は私の名前です)

30年分、すべて思い出せなくても構わない。

今この瞬間、横にいる人間が誰だか
わかってくれるだけで良い。

(Nさん/いつかの「今日の女房」より)

2022-03-04-FRI

前へ目次ページへ次へ
  • 「今日の小ネタ劇場」とは

    2005年から連載を開始した読者投稿コンテンツです。2022年時点ですでに17年以上、「今日のコドモ」「今日のダンナ」「今日のじーばー」「今日の気になるあいつ」….などの20以上のカテゴリから、日替わりで毎日欠かさず3ネタを更新してきました。アーカイブを残していないため、その日のネタは、その日にしか読めません。2016年には、過去の傑作から選りすぐって書籍化もされました。ほぼ日に来たら、まずはここからという読者も多い、大人気のコーナーです。今日の「今日のコドモ」は、こちらからどうぞ。

    >「今日のコドモ」

  • 今日マチ子

    漫画家。1P漫画ブログ「今日マチ子のセンネン画報」の書籍化が話題となる。文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品に4度選出。戦争を描いた『cocoon』は「マームとジプシー」によって舞台化。2014年に手塚治虫文化賞新生賞、2015年に日本漫画家協会賞大賞カーツーン部門を受賞。『みつあみの神様』は短編アニメ化され海外で23部門賞受賞。コロナ禍の日常を絵日記のように描いた近著『Distance わたしの#stayhome日記』が、2022年1月『報道ステーション』にて特集された。

  • 漫画:今日マチ子

    編集:奥野武範(ほぼ日)

    デザイン:杉本奈穂(ほぼ日)

    感謝:「今日の小ネタ劇場」を愛する
    すべてのみなさま