モグラの専門家、川田伸一郎さん。
クジラの専門家、田島木綿子さん。
ふたりの国立科学博物館の先生に、
「哺乳類」について、
タップリおうかがいしてきました。
モグラの目は、進化して退化した。
クジラは、昔、カバとわかれた。
国立科学博物館で
2019年3月~6月まで開催中の
『大哺乳類展2』を
つくりあげた両先生のお話なので、
やっぱり、実に、おもしろかった。
ぜひ読んで、
展覧会へも足を運んでくださいね。
担当は「ほぼ日」奥野です。

>川田伸一郎さんプロフィール

川田伸一郎(かわだしんいちろう)

農学博士。国立科学博物館動物研究部
脊椎動物研究グループ研究主幹。
弘前大学大学院修了後、
名古屋大学大学院博士課程に入学。
ロシア科学アカデミーへの留学などを経て、現職。
専門は哺乳類学。
なかでも、モグラ類の形態学的分析と
核型分析を中心とした研究、
また哺乳類の歯式進化に関する研究を行っている。
明治から昭和初期にかけての
日本の動物学史についても文献・資料の調査を行う。
監修した絵本に『もぐらはすごい』がある。

>田島木綿子さんプロフィール

田島木綿子(たじまゆうこ)

獣医学博士。国立科学博物館動物研究部
脊椎動物研究グループ研究主幹。
専門は海の哺乳類学、比較解剖学、獣医病理学。
イルカ、クジラは後脚を退化させたことで、
体の構造がどう変わったのか?
どこまで哺乳類の一般型を維持しているのかなどを
比較形態学的に研究。
海岸に打ち上げられる
「ストランディング個体」の謎を
病気という観点から解き明かしている。
博物館の仕事を描いた早良朋さんの人気コミック
『へんなものみっけ!』に登場する
「鳴門先生」のモデルになったとも言われる
熱い研究者。

前へ目次ページへ次へ

第5回 弱かったから、生き延びた。

田島
絶滅に興味があるんですか。
──
そうかもしれません。
田島
さっきから絶滅の話ばっかりしてる。
──
なんだか、せつないなと思って。
せっかく地球に生まれてきたのに、
生き延びたこと自体、
そうとう奇跡的なことだったのに。
田島
そうですよね。
──
絶滅のことを考えると、
なんだか、さみしい気持ちになるんです。
川田
絶滅といえば、
今回の『大哺乳類展2』にも出している、
シフゾウというやつがいて。
こいつも、おもしろいんですよ。

──
シフゾウ。はじめて聞きました。
川田
そいつは、1860年代だったかな、
フランス人宣教師が
中国で発見した動物なんだけど、
そのときはすでに、
「当時の中国の皇帝の庭」にしか、
いなかったんです。
──
皇帝の庭‥‥?
川田
ええ、皇帝の庭で、
皇帝に飼われているのしかいなかった。
野生種は絶滅していたので。
──
へええ‥‥。
川田
分類でいうとシカの仲間なんですけど、
そうこうするうち、
「義和団の乱」という暴動が起こって、
最後の1匹が、殺されちゃった。
──
えええ、そんな最期。
川田
それで、すっかり絶滅してしまったと
思われていたんですが、
あるときに「イギリスにいるよ」って。
その昔、ベッドフォードさんっていう
動物が大好きで、
ロンドン動物園の園長さんだった人が、
数頭、イギリスに持ち帰ってたんです。
──
じゃ、それが、あちらで数を増やして。
川田
もう、中国の野生にも戻されてますし、
日本の多摩動物公園にもいますよ。
──
はー、すごい。逆転ホームランですね。
ちなみに、そのシフゾウという動物は、
見た目が変わってたりとかします?
川田
そうですね、ま、変わってるかな。
田島
たしか、なんか、
4つの動物を混ぜあわせたような‥‥。
川田
中国の伝説の生物「四不象」が由来で、
顔がウシ、体がウマ、角がシカで、
ええっと、尻尾がロバ‥‥だったかな。
変わってるといえば、変わってますね。
──
あの‥‥ティム・フラックさんという
写真家が撮った、
絶滅しそうな生き物の写真集があって。
『ENDANGERED』というのですが、
写真がすばらしいので、
よく手にとって眺めているんですけど。
川田
ええ。

ティム・フラック『ENDANGERED 危機にさらされた生き物たち』 ティム・フラック『ENDANGERED 危機にさらされた生き物たち』

──
その写真集を見ていると、
これは、激しく偏見かもしれませんが、
絶滅しそうな生きものって、
絶滅しそうな顔とか風体をしてるなと、
思ったりしちゃう‥‥というか。
田島
えーっと‥‥そうなの?
──
絶滅しそうだって言われると、
あー、なんかちょっと、
おもしろい見た目してるしねとか、
無理もなさそう‥‥とか。
田島
それは、ぜんぜん思わない(笑)。
──
あ、そうですか‥‥。
川田
ヘンって、たとえば?
──
サイガとか。

ティム・フラック『ENDANGERED』より ティム・フラック『ENDANGERED』より

川田
まあ‥‥たしかに鼻は長いですけど、
彼らが絶滅しかけているのは、
ツノが高級な薬になるからといって、
人間が乱獲してるからですよ。
──
ああ、そうなんですか。
田島
シロサイとかも、そうだよね。
川田
サイガだってシロサイだって、
野生では、とてもうまくやってますし、
とくに、サイガのあの鼻は、
とっても立派なラジエーターですから。
──
ラジエーター。
川田
ようするに、寒暖の差が激しいところ、
たとえば砂漠みたいな環境で、
冷たい空気はあたため、
熱い空気は冷まして身体に取り込むという、
すごい機能を持った鼻なんです。
──
あの鼻が。それは、大変失礼しました。
サイガの写真に謝っておきます。
川田
ヘンな顔ですけどね。
──
ヘンな顔ですよね?
川田
ぼくは、わりに好きな顔ですけどね。
──
あと自分、ナマケモノが動く動画に、
どうしても見入ってしまうんです。
田島
ああ、はい(笑)。
──
ものすごい遅さ、じゃないですか。
時速200メートルっていうけど、
むしろ1時間で、
そんなに移動できるのかなと思うし、
あれで、よく絶滅せずに、
生き延びてこれたなとも思います。
田島
ええ。
──
オオアリクイの異常な舌の長さにも、
以前から感じ入っていました。
で、あるときに、その両者が、
同じ「有毛目」であると知ったとき、
よくわからないけど
「ああ、やっぱり」と思ったんです。
川田
彼らは、おもしろいですよね‥‥。
昔はもっと、いろいろいたんですよ。
南米大陸で多様化したグループで、
へんなアルマジロみたいな
グリプトドンなんかも仲間ですから。
──
わ、そうなんですか。
へんなアルマジロまで仲間でしたか!
でも、じゃあ、だいぶ、
おもしろい仲間たちもいなくなって。
川田
そう、数少ない生き残りです。
田島
海牛目のジュゴンだとかマナティって、
海の哺乳類のなかでは
唯一の「草食性」なんですが、
彼らの仲間が少ないのは、
食料に多様性を見出せなかったことが、
大きいと思います。
ワカメなどの海藻じゃなくて、
光合成で育つ海草を食べてるんだけど、
そうすると、
光のある海でしか生きられないんです。
──
なるほど。
田島
やっぱり、生息環境を広げられないと、
どんどん減っていっちゃいますね。

──
今回の『大哺乳類展2』には、
「ヨシモトコレクション」と呼ばれる
見事な剥製が展示されていますが、
あの中にも絶滅動物が含まれてますか。
川田
ヨーロッパパイソンの野生種なんかは、
絶滅してますよね。
──
先ほどコレクションが収蔵されている
倉庫の内部を見せていただきましたが、
クマ、トラ、ライオン、パイソン‥‥
ものすごい迫力でした。
川田
そうでしょう。
──
剥製もどこか物悲しい感じがしますが、
とにかく、圧倒されました。
持ち主の「ヨシモトさん」という人は、
どういうお方なんですか。
川田
ワトソン T.ヨシモト氏と言いまして、
ハワイの日系二世、実業家です。
1909年にハワイで生まれ、
苦労なさった末に建築会社を起こして、
莫大な富を得た方なんです。
──
なるほど。
川田
貧しかった時代、食料を得るために
狩猟をはじめたんですが、
事業の成功後、
狩猟しながら世界を旅したらしいです。
そして、ふるさとのハワイの人たちに、
世界の野生動物の魅力を伝えようと、
「412点」もの剥製を、残したんです。
──
じゃあ、あの圧倒的なコレクションは、
もともとはハワイに。
川田
ハワイの博物館に寄贈したら、
あんまり重要に扱われなかったそうで、
自分のお金で買い戻して、
経営していたボウリング場を改造して、
レーンにダーッと飾っていたとか。
──
あの剥製たちの群れが
ボウリング場のレーンに‥‥奇観だ。
川田
晩年、保存のことを考えて、
国立科学博物館に寄贈されたんです。
田島
すごいことだと思います、本当に。
アフリカに渡って狩猟をして、
その場で皮を剥いで塩漬けにして、
ハワイに送って‥‥。
──
そんなふうにして、400点以上も。
田島
剥製師も連れて行ったわけで、
それらぜんぶ、自分のお金ですよ。
川田
今回の『大哺乳類展2』の中でも、
見どころのひとつです。
──
本日の先生たちのお話、
本当におもしろかったんですけど、
「われわれ哺乳類は、
 弱かったから生き延びた」
という部分がとくに印象的でした。
で、その哺乳類のなかでも、
人間ってとりわけ弱々しいですよね。
川田
そう、そうなんです。
田島
生物学的には最弱の部類でしょうね。
だって、丸裸になったら、
生存競争には勝ち抜けません、絶対。
──
そうですよね。
田島
洋服を着てなきゃ凍え死んじゃうし、
ひとりじゃ餌も取れないし、
武器がなければ戦うこともできない。
──
そこがおもしろいし、示唆的です。
田島
だからこそ、
チーターより速く走る自動車をつくり、
鳥より高く飛ぶ飛行機をつくり、
サイよりパワーのある重機をつくった。
──
弱いからこそ脳を発達させて、
脳内で考えたことを「道具」に変えて。
川田
ええ。
田島
だから、わたしたち人間が
今こうやって繁栄している理由だって、
弱かったからこそ‥‥なんです。
──
弱かったから、生き延びて、
弱かったから、君臨してる。
田島
うん。
──
それがわれわれ「ヒト」なんですね。
川田
そうなんです。

2019-04-02-TUE

前へ目次ページへ次へ
  • 大哺乳類展2

    みんなの生き残り作戦

    川田先生と田島先生が監修を務めた
    「大哺乳類展2―みんなの生き残り作戦」
    が、現在、国立科学博物館で開催中です。
    入り口を入ってすぐにそびえたつ
    巨大なアフリカゾウの骨格、
    みごとな剥製たちがズラリとならぶ
    「哺乳類大行進」など、
    迫力満点、すばらしい展示内容です。
    かつて飼育下で世界一のサイズを誇った
    ミナミゾウアザラシ・大吉の剥製には、
    ただただ、驚きました。
    なにしろ、全長「約5.4メートル」もの、
    怪獣みたいな大きさなんです。
    移動運動、食べる、産む、育てるなど、
    哺乳類たちの「生き残り作戦」について、
    たのしく学べる展覧会です。
    東京・上野で6月16日(日)まで。
    春休みの子どもたちが目を輝かせてました。
    ぜひ、足をお運びくださいね。

     

    会期:6月16日(日)まで(開催中)
    会場:国立科学博物館(東京・上野公園)
    住所:東京都台東区上野公園7-20

    ※その他、料金や休館日等については、
    展覧会の公式サイトでご確認を。