モグラの専門家、川田伸一郎さん。
クジラの専門家、田島木綿子さん。
ふたりの国立科学博物館の先生に、
「哺乳類」について、
タップリおうかがいしてきました。
モグラの目は、進化して退化した。
クジラは、昔、カバとわかれた。
国立科学博物館で
2019年3月~6月まで開催中の
『大哺乳類展2』を
つくりあげた両先生のお話なので、
やっぱり、実に、おもしろかった。
ぜひ読んで、
展覧会へも足を運んでくださいね。
担当は「ほぼ日」奥野です。

>川田伸一郎さんプロフィール

川田伸一郎(かわだしんいちろう)

農学博士。国立科学博物館動物研究部
脊椎動物研究グループ研究主幹。
弘前大学大学院修了後、
名古屋大学大学院博士課程に入学。
ロシア科学アカデミーへの留学などを経て、現職。
専門は哺乳類学。
なかでも、モグラ類の形態学的分析と
核型分析を中心とした研究、
また哺乳類の歯式進化に関する研究を行っている。
明治から昭和初期にかけての
日本の動物学史についても文献・資料の調査を行う。
監修した絵本に『もぐらはすごい』がある。

>田島木綿子さんプロフィール

田島木綿子(たじまゆうこ)

獣医学博士。国立科学博物館動物研究部
脊椎動物研究グループ研究主幹。
専門は海の哺乳類学、比較解剖学、獣医病理学。
イルカ、クジラは後脚を退化させたことで、
体の構造がどう変わったのか?
どこまで哺乳類の一般型を維持しているのかなどを
比較形態学的に研究。
海岸に打ち上げられる
「ストランディング個体」の謎を
病気という観点から解き明かしている。
博物館の仕事を描いた早良朋さんの人気コミック
『へんなものみっけ!』に登場する
「鳴門先生」のモデルになったとも言われる
熱い研究者。

前へ目次ページへ次へ

第4回 恐竜の絶滅、哺乳類の繁栄。

──
地球の歴史を振り返ると、
あるときに怖い恐竜がいなくなって、
哺乳類の天下になります。
田島
ええ。
──
その、恐竜が絶滅した当時、
地球上には、
どれくらいの哺乳類がいたんですか。
川田
恐竜が衰退していく白亜紀末期には、
現生の「目」は
すべて出そろっていただろう‥‥と
考えられています。
──
すべて。
川田
霊長目、食肉目、偶蹄目‥‥
哺乳類には「27目」ありますけど、
それらの目、すべてです。
──
いたんですか。
川田
いました。
それも遺伝子からわかったことで、
化石の記録では、
足りないものがいくつかあるはず。
──
はー、そうなんですか。
田島
ただ、当時の哺乳類は、
いまみたいな姿をしていなかった。
川田
かなり小型で、
物陰に隠れて生活するような動物
だったんじゃないかと。
──
ゾウやライオン、キリンみたいな、
ああいう派手な、
動物園の人気者みたいな動物は‥‥。
田島
いなかったでしょうね。
われわれの祖先は、物陰に隠れて、
ほとんど
虫を食べて命をつないでたんです。
──
ははあ。地味‥‥。
川田
地味です。
で、恐竜がいなくなって、
空白になった生態学的な地位には、
さまざまな生物が
進出しようとしたわけですけど、
われわれ哺乳類が、
最終的に成功を収めたわけですね。
──
いまの哺乳類とは、
ぜんぜん、ようすがちがいますね。
川田
たとえば奇蹄類って、
いまでは、ウマとサイとバクしか
存在していませんけど、
白亜紀が終わり、
新生代中期あたりの化石を見ると、
現生最大の陸生哺乳類である
ゾウよりデカい奇蹄類が、
ゴロゴロしていたりするんですよ。
──
なんか、すごい世界。
田島
その時代その時代で、
動物相ってぜんぜんちがうんです。
──
では、われわれ哺乳類は、
いつごろ生まれたんでしょうか。
川田
白亜紀以前、
中生代の三畳紀とかジュラ紀には、
哺乳類の祖先‥‥
カモノハシの祖先みたいなやつが、
すでにいたと考えられています。
だから‥‥2億年までいかないか、
1.5億年くらいの間、
恐竜たちが
ジャンジャン巨大化してくなかで、
そうやって。
──
物陰で、細々と生き延びて。
田島
虫を食べてね。
──
そんなかわいそうな感じで、
よくぞがんばってくれましたよね。
そのひとたちがいなければ、
ぼくらもいないということですし。
田島
まあ、そうですね(笑)。
──
隕石が飛んできたみたいなことで
恐竜が絶滅したのに、
哺乳類は、
どうして生き延びたのでしょうか。
川田
ひとつには、体温じゃないかなあ。
体温を維持できるようなシステム、
つまり「恒温性」って、
最近では恐竜にも備わっていたと
言われているようですが、
哺乳類のように
体内でエネルギーをつくる能力は、
なかなか簡単じゃないですから。
田島
恐竜は卵を産んで育てていたから、
卵が失われたら、
もう一回、卵を産まなきゃだけど、
哺乳類は、おなかの中に
赤ちゃんを連れて逃げられるから、
そういう意味でも、
生き延びるには有利だったのかも。

──
なるほど。
田島
まあ、どれもこれも想像ですけど。
──
ともあれ、弱々しかったからこそ、
生き延びることができたんですね。
川田
目立ちたがり屋ってのは、
だいたい、叩かれちゃうんですよ。
田島
いつの時代でもね。人気者は。
──
いろんなことに通じそうな話‥‥。
川田
結局、巨大化するっていうことは、
身を守る手段としても有効だし、
とくに草食獣などは
大型化する傾向が強いんですけど、
でも、やっぱり
巨大化しすぎるとヘマ踏むんです。
田島
それだけ、食べなきゃいけないし。
物陰には隠れられないし。
川田
海の中の生きもの‥‥魚とかだって、
バカでかいのは
いっぱいいたけど、どれも絶滅した。
──
メガロドンとか。巨大ザメの。
田島
そうですね。
──
ちなみにですが、
ひとつの動物が絶滅したかどうかは、
どう判定されるんですか?
川田
最後の発見から50年、
見つからなかったら絶滅というのが、
よく使われる基準ですね。
──
50年。著作権と一緒だ。
川田
だから、ニホンカワウソの場合は、
ちょっと早かったんです。
──
あ、絶滅の判定が?
川田
30年ちょっとしか経ってないのに、
絶滅指定されたんですけど、
ここへきて、対馬で目撃情報が出て。
──
そうやって、
絶滅とされたのに出てくることも、
あるんですか。
田島
ヨウスコウカワイルカと言って、
淡水に生息するイルカで、
揚子江の固有種なんですけど、
これも絶滅指定されていたんだけど、
目撃情報はあるようです。
それも確証はないんですけどね。
──
このあたりを切ってくると
絶滅へのブレーキが効かなくなるという、
そういう数の目安はありますか。
川田
どうなんですかね。
数百でも集団としては脆弱でしょう。
ジャイアントパンダの数が、
いま、2000くらいだと思いますが、
それで大騒ぎしてるわけだから、
少なくとも数千はいないと、
個体群は維持できないんでしょうね。
──
なるほど‥‥。
川田
日本でも、イリオモテヤマネコとか、
ツシマヤマネコが、100前後?
彼らは、だから、危うい状況ですよ。

──
そこまで少なくなってしまうと、
ひっくり返すのは難しいんですかね。
川田
うーん‥‥。
田島
法令で保護したり、ものによっては
繁殖させたりしてますけどね。
──
もう絶滅してしまった生き物の数は、
カウントされているんですか。
川田
1600年代以降の、
哺乳類だけでよければ、出せますよ。
冒頭で言った「5416種」って、
絶滅しているものも含んでますから。
田島
つまり、16世紀以降、
存在確認されている哺乳類ぜんぶで、
その数ということです。
川田
で、その中で、
絶滅した種がいくつあるかについて、
検索すれば簡単に出せるでしょう。
──
けっこう、いるんですかね。絶滅種。
川田
100は超えてるでしょうね。
完全に消えた科とかもありますから。
──
科というのは「ナントカ目」の下の
分類ですけど、
それ丸ごといなくなっちゃったのが。
川田
ネソフォンテス。
──
ネソフォンテス。
川田
うん。
──
どんな生きものだったんですか。
川田
かつてキューバにいたとされている、
謎のちいさな食虫類です。
──
謎?
川田
洞窟の中なんかで、
骨が見つかっているんですけれども、
誰ひとりとして、
その生きている姿を見たことがない。
──
えっ、それはつまり、発見される前に
絶滅したってことですか。
じゃ、具体的な姿は、わからない。
田島
復元はしてるけど、本物の姿はね。
川田
モグラに近い「ソレノドン」という
最大の食虫類がいて、
これもキューバなんですけど、
こいつも、絶滅したかもしれないと
言われていたけど、
日本のテレビ局が行ったら、
なんと、写真に写っちゃったんです。
──
へえ!
川田
そこで、北海道大学の研究者たちが
調査隊を組んで調べに行って、
3匹くらい、つかまえてきたんです。
──
絶滅したはずの動物が、つかまった。
田島
キューバという国は、かつて
外の研究者が入り難かった国なので、
たまーに、
そういうことが起こるんですよね。
川田
だから、もしかしたら
ネソフォンテスもいるんじゃないか、
彼らはそう言ってます。
ソレノドンの調査をしているときに、
現地の人たちが
「ネソフォンテスもいるけど」
とかって、言ってたらしいんですよ。
──
じゃ、見つかるかもしれない。
川田
おもしろいですよね、そうなったら。

2019-04-01-MON

前へ目次ページへ次へ
  • 大哺乳類展2

    みんなの生き残り作戦

    川田先生と田島先生が監修を務めた
    「大哺乳類展2―みんなの生き残り作戦」
    が、現在、国立科学博物館で開催中です。
    入り口を入ってすぐにそびえたつ
    巨大なアフリカゾウの骨格、
    みごとな剥製たちがズラリとならぶ
    「哺乳類大行進」など、
    迫力満点、すばらしい展示内容です。
    かつて飼育下で世界一のサイズを誇った
    ミナミゾウアザラシ・大吉の剥製には、
    ただただ、驚きました。
    なにしろ、全長「約5.4メートル」もの、
    怪獣みたいな大きさなんです。
    移動運動、食べる、産む、育てるなど、
    哺乳類たちの「生き残り作戦」について、
    たのしく学べる展覧会です。
    東京・上野で6月16日(日)まで。
    春休みの子どもたちが目を輝かせてました。
    ぜひ、足をお運びくださいね。

     

    会期:6月16日(日)まで(開催中)
    会場:国立科学博物館(東京・上野公園)
    住所:東京都台東区上野公園7-20

    ※その他、料金や休館日等については、
    展覧会の公式サイトでご確認を。