アリのおしゃべりを解明する研究や
日本におけるヒアリの水際対策の第一人者、
九州大学の村上貴弘さんが、
なんといま、宇宙飛行士に挑戦しています。
なぜアリの先生が? なぜ50歳を超えて?
そんな疑問はぜんぶ、
「夢」ということばが吹き飛ばしてくれます。
JAXAが実施する宇宙飛行士候補者の
選抜試験に挑戦中の村上貴弘さんから
原稿が届く、毎週木曜日の連載です。
地球の裏側までアリを研究しに行く先生が、
地球から離れる日がやってくるかも?
どうか、宇宙へ飛び立つその日まで‥‥!

>村上貴弘さんのプロフィール

村上貴弘 プロフィール画像

村上貴弘(むらかみ たかひろ)

九州大学
「持続可能な社会のための決断科学センター」准教授。
1971年、神奈川県生まれ。
茨城大学理学部卒、
北海道大学地球環境科学研究科博士課程修了。
博士(地球環境科学)。
研究テーマは菌食アリの行動生態、
社会性生物の社会進化など。
NHK Eテレ「又吉直樹のヘウレーカ!」ほか
ヒアリの生態についてなどメディア出演も多い。
近著に『アリ語で寝言を言いました』(扶桑社新書)、
共著に『アリの社会 小さな虫の大きな知恵』(東海大学出版部)など。
ほぼ日ではこれまでのコンテンツで、
特定外来生物のヒアリについての知識や
ハキリアリのおしゃべりについて解説いただきました。

前へ目次ページへ次へ

第3回 宇宙飛行士選抜試験の現状報告

2021年12月20日に
宇宙飛行士の公募が開始されたときに、
果たしてどれくらいの人数が応募してくるのだろう、
と考えました。
なにせ今回の募集では、
世界的に見ても例を見ないほど、
幅の広い公募人材像でした。
まず、今回の募集では
特定の職種に絞っていなかったのです。
前回でも少し触れましたが、
通常、宇宙飛行士は若干名しか募集しないため、
パイロットや医師など
宇宙空間で活動する上で確実に職能が活かされる
プロフェッショナル限定でした。
それは世界的に見ても同じです。
ところが今回のJAXAの公募では
そういった制限がほとんどなかったのです!
これには驚きました。
これを踏まえた僕の予想としては、
前回の公募が1000人弱だったので、
3倍くらいだろうか、と踏んでおりました。
結果はそれよりもかなり多い、4127名!
選考過程はこのようになっています。

[1]書類選考(健康診断)

[2]英語試験

[3]一般教養、小論文、STEM*試験、適性試験

※Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)の略

[4]1次選抜(医学検査、医学特性検査、プレゼンテーション、資質特性検査、運用技量試験)

[5]2次選抜(医学検査、医学特性検査、面接(英語、資質特性、プレゼンテーション)

[6]3次選抜(医学検査、医学特性検査、資質特性検査、運用技量試験、面接(総合、英語、プレゼンテーション)

という長い長いプロセスを経て、
恐らく2~3名が
宇宙飛行士の候補として選抜されます。
この原稿を書いている現段階(2022年5月30日)で

[1]の書類選考で4127名から2266名に絞られ、

[2]の英語試験では恐らく

1000名弱くらいに絞られたのはないでしょうか。

そして先日、5月29日(日)に行われた

[3]一般教養、小論文、STEM試験、適性試験

終了したところです。
恐らくここで100-200名くらいに
絞り込むのではないかと僕は考えております。
えっ、「手応えはどうだったか」ですか?
なかなか厳しかったです。
試験の内容は公開できませんが、
朝の9:00から夕方16:30までと長時間にわたる中で、
集中力を切らさずに作業をこなす必要があります。
恐らく、1次選抜以降では
さらにストレスのかかる環境で、
ストレスのかかる作業が待っていると思います。
なんとか0次選抜を突破できるよう、
皆様も祈っていてください!

(次回の更新は6月23日の予定。
村上先生の挑戦はつづいています)

2022-06-16-THU

前へ目次ページへ次へ
  • 村上貴弘さんの過去のコンテンツ

    正しく恐れるためのヒアリ講座

    アリがしゃべった!