北欧雑貨バイヤーのおさだゆかりさんが、
毎日ひとつ、北欧の旅のコラムをおとどけします。
おさださんが2004年からずっとつけてきた
買い付けの旅の膨大なメモから、365日を構成。
遠くに旅に行くことがかなわないいま、
「いつか行こう!」な気持ちで、
おさださんの長い旅におつきあいください。
このコンテンツは、伊藤まさこさんの
「weeksdays」からうまれたもの。
おさださんから紹介されたことが、
伊藤さんの北欧への興味の入り口となったそうです。

さいしょは、3回にわけて、
オンラインで行われたふたりの対談を。
そのあと、DAY 001からDAY 365まで、
おさださんのコラムがつづきます。
まいにち、ふたりの往復書簡もありますよ!

>おさだゆかりさんのプロフィール

おさだゆかり

山梨県生まれ。
北欧雑貨店「SPOONFUL」店主。
2005年3月21日にオンラインショップとして
「SPOONFUL」を立ち上げ、
現在はオンラインと予約制の実店舗を運営しつつ、
全国各地でイベント販売を行う。
店名の「SPOONFUL」は、
毎日の暮らしにスプーン一杯の幸せなひとときを、
という願いから名付けた。
2019年まで、毎年6月に
「北欧雑貨をめぐる旅」と題した
北欧ツアーを開催し、現地を案内してきた。
著書に『北欧雑貨をめぐる旅』(産業編集センター)、
『北欧スウェーデンの旅手帖―雑貨がつなぐ街めぐり』
『北欧雑貨手帖』
(アノニマ・スタジオ)、
『わたしの住まいのつくりかた
北欧風リノベーションとインテリア』
(主婦と生活社)、
『わたしの北欧案内 ストックホルムとヘルシンキ』
(筑摩書房)、
『北欧 ヴィンテージ雑貨を探す旅』
(産業編集センター)などがある。

●Instagram
●SPOONFUL ウェブサイト

「ほぼ日」では「weeksdays」の「わたしのひきだし。」
「暦帖、わたしはきっと、こんなふうに。」に登場。

前へ目次ページへ次へ

DAY 225

 
ストックホルムのホテルアパートメントに長期滞在していた時、
キッチンにあったのが、スポンジワイプ。
乾いている時はパリッとした板状なのが、
水を含むと柔らかくなって、吸水性抜群。
その後、スーパーマーケットで色違いの複数枚セットが売っていたり、
ミュージアムショップではオリジナル柄が売られているのをみつけて、
気に入った柄をおみやげにしましたっけ。
キッチンの作業台やシンクの水滴を
気持ちよく拭き取ってくれます。

 
[11 JANUARY, TOKYO JAPAN]
▷VINTER 2021 ヴィンテル 2021
※2021年クリスマス限定の柄です。
  • Yukari⇄Masako
    Round-trip Letter 225
  • 今回、ゆかりさんがえらんでいたのは、ツリー柄。
    私は昔ながらの布巾派だったけれど、
    そうか、楽しい柄にすれば台所仕事も捗りそう。
  • masako
  • 乾いて板状になれば、立てかけられるから、
    場所をとらないという利点もあります。
  • yukari

2022-01-11-TUE

前へ目次ページへ次へ
  • おさだゆかりさんの新刊が
    発売中です!

    このページで毎日コラムを
    おとどけしているおさださんが、
    このたび新刊をご出版されました。

    『北欧スタイルでたのしむインテリア』(筑摩書房)

    たっぷり128ページにわたって、
    北欧の人たちの住まいづくりの工夫を
    教えてくれる一冊です。
    この連載に登場したものたちも
    とりあげられていますよ。
    おさださんのアイデアを
    ちょっとずつとりいれながら、
    新しい1年を過ごすお部屋を、
    居心地のいい空間に
    模様替えしてみるのもたのしそう!