北欧雑貨バイヤーのおさだゆかりさんが、
毎日ひとつ、北欧の旅のコラムをおとどけします。
おさださんが2004年からずっと行なってきた
買い付けの旅の膨大なメモから、365日を構成。
遠くに旅に行くことがかなわないいま、
「いつか行こう!」な気持ちで、
おさださんの長い旅におつきあいください。
このコンテンツは、伊藤まさこさんの
「weeksdays」からうまれたもの。
おさださんから紹介されたことが、
伊藤さんの北欧への興味の入り口となったそうです。

さいしょは、3回にわけて、
オンラインで行われたふたりの対談を。
そのあと、DAY 001からDAY 365まで、
おさださんのコラムがつづきます。
まいにち、ふたりの往復書簡もありますよ!

>おさだゆかりさんのプロフィール

おさだゆかり

山梨県生まれ。
北欧雑貨店「SPOONFUL」店主。
2005年3月21日にオンラインショップとして
「SPOONFUL」を立ち上げ、
現在はオンラインと予約制の実店舗を運営しつつ、
全国各地でイベント販売を行う。
店名の「SPOONFUL」は、
毎日の暮らしにスプーン一杯の幸せなひとときを、
という願いから名付けた。
2019年まで、毎年6月に
「北欧雑貨をめぐる旅」と題した
北欧ツアーを開催し、現地を案内してきた。
著書に『北欧雑貨をめぐる旅』(産業編集センター)、
『北欧スウェーデンの旅手帖―雑貨がつなぐ街めぐり』
『北欧雑貨手帖』
(アノニマ・スタジオ)、
『わたしの住まいのつくりかた
北欧風リノベーションとインテリア』
(主婦と生活社)、
『わたしの北欧案内 ストックホルムとヘルシンキ』
(筑摩書房)、
『北欧 ヴィンテージ雑貨を探す旅』
(産業編集センター)などがある。

●Instagram
●SPOONFUL ウェブサイト

「ほぼ日」では「weeksdays」の「わたしのひきだし。」
「暦帖、わたしはきっと、こんなふうに。」に登場。

前へ目次ページへ次へ

DAY 006

 
港にあるもう一つのマーケット、
KAUPPATORI(カウッパトリ)。
初めてこのマーケットを訪れたのは2000年の9月のこと。
オレンジ色のテントが軒を連ね、
フルーツや野菜にはじまり、
鉄板で焼かれるサーモンやニシンの香りが
鼻腔をくすぐります。
奥に進めば手工芸品のお店が軒を連ねる
充実のラインナップ。
"Finland"と焼印された木のバターナイフを手に取り
(大量に!)、
おばあさんがその場で手作りしていた
小さなヒツジを見つけて、色違いで購入。
何度「かわいい」を連発したかわからないくらい、
大興奮してましたっけ。
北欧に着いて初日の数時間ですでに想像以上の満足度で、
「欲しいもの全部持って帰れるかな」と、
まだ見ぬモノとの出会いに、
心をはずませながら街歩きしていました。

 
[06 JUNE, HELSINKI FINLAND]
▷KAUPPATORI
  • Yukari⇄Masako
    Round-trip Letter 006
  • KAUPPATORIのマーケットには、
    おいしそうなものがいろいろありましたが、
    中でも忘れられない味のひとつに、
    生で食べるスナップエンドウがあります。
    ほかにもこの季節、
    ここで食べるおすすめがあったら!
  • masako
  • スナップエンドウの生食は、
    わたしもびっくりしたけれど、
    食べてみると甘くて柔らかくておいしいよね。
    ここでは鉄板焼きのサーモンをぜひ食べてほしいです。
    添えられる茹でた新じゃがもとてもおいしいですよ。
  • yukari

2021-06-06-SUN

前へ目次ページへ次へ