真っ昼間でも
こ・ん・ば・ん・は。
りかです。

♪火の玉の光〜
♪エクトプラズム〜
(「蛍の光」のメロディで歌唱ください。)

早いもので、今年の「ほぼ日の怪談。」の更新は、
本日最終回

投稿してくださったみなさん、
読んでくださったみなさん、
ほんとうに、ありがとうございました。

今年はとりわけ、亡くなったお父さんとの
あれこれが多かったなあ、など、
ひと夏の思い出も、できました♡

しかも、
書籍『ほぼ日の怪談 おかえり。』の出版という
ビッグなニュースもあり
(だって、作っているあいだじゅう、
ほんとに怖かったんですから!!)、
なかなかにぎやかな夏になりました。


みなさま、「ほぼ日の怪談 2022」は
いかがだったでしょうか?
よろしければぜひ、ご感想をお送りください。
もちろん、怪談は、いつでもお受けしております。



では、本日も3編、お楽しみください。

(この下の、
『ほぼ日の怪談 おかえり。』Kindle版のお知らせも
まだの方はぜひお読みください。)

*****

みなさまにお知らせです!

この連載の書籍化第2弾、
『ほぼ日の怪談 おかえり。』に
Kindle版が登場しました!

(ぱちぱちぱち!)

ヒグチユウコさんの挿絵も、
松本ひで吉さんの漫画も、
塩野米松さんの解説も、もちろん読めます。

基本的に本は電子版で買う、というみなさまにも、
モバイルで本を読みたいというみなさまにも、
これで、『ほぼ日の怪談 おかえり。』がお手元に♡

スペースを取らないこと、幽霊のごとし♡
ぜひこちらからどうぞ


*****


※ニュース※

「ほぼ日の怪談」から
2冊めの本がうまれました。

タイトルは、
『ほぼ日の怪談 おかえり。』です。
読者のみなさんに送っていただいた怪談から
142編を掲載(うち5編は連載未収録)。
特別寄稿として塩野米松さんの解説、
松本ひで吉先生のエッセイ漫画を
収録しています。
表紙カバーは今回も、ヒグチユウコさん!
どうぞよろしくお願いいたします。

販売ページはこちらです。

Amazonでの販売開始、ならびに
またこの本のKindle版のリリースは、
8月下旬を予定しています。




さらに、もうひとつ、ニュースです!

ほぼ日刊イトイ新聞のコンテンツを
すこしずつオーディオ化していくプロジェクト、
「聞く、ほぼ日」へ、書籍『ほぼ日の怪談。』から
数編がラインナップされました。

寝苦しい熱帯夜やソロキャンプのBGMに、おすすめです♥




ではでは、本日の3篇、
どうぞお楽しみください‥‥。


読んで、怖かったらぜひ、
「こわいね!」ボタンをクリックしてくださいね。
結果は「Fearbook」に反映されます。

2022-09-03-SAT

ただいま投稿を募集しています。

あなたの身の回りであった不思議な事を、
なにか思い出されましたら、
どうぞ、教えてください。

あなたが実際に体験した、
または体験した人から聞いた
不思議な話をメールで、件名を「怪談」として
postman@1101.comまでお送りください。

もちろん、「ほぼ日の怪談」を読んでの感想でも、
結構です。

みなさまからのメールを、こころよりお待ちしております。

投稿はこちらから