HOBO NIKKAN ITOI SHINBUN

なかしましほさんのオリジナルブレンド粉
おやつミックス

ホットケーキ、ドーナツ、ビスケットなどなど、
いろいろなおやつをつくることができる、
なかしましほさんの
オリジナルミックス粉ができました。
焼きあがったおやつは、
全粒粉の香りがほんのりと香ばしくて、
びっくりするほど軽やかな口どけなんです!

ホットケーキとドーナツのレシピは、
パッケージに記載されていますし、
『スール』にもくわしく掲載されています。
さらに『スール』には、
ビスケットとバナナブレッドのレシピも。
もちろん、創意工夫で
ほかにも自由におやつをつくることができます。
毎日食べる、ごはんのように素朴なおやつを、
あなたもつくってみませんか?

おやつミックス

1,080円(税込・配送手数料別)

カートに入れる

1〜3営業日以内出荷

かわいくてのんきな
「おやつミックス」のパッケージですが
(イラストはなかしまさんの旦那様・中島基文さん)、
完成までには長い道のりがありました。
理想とするミックス粉の開発に力を貸してくださったのは、
株式会社クオカプランニングさんです。
ほぼ日では、糸井重里との対談で
創業者の斎藤さんにご登場いただいたご縁があります。
試作を何度も繰り返し、
ようやく完成したおやつミックス開発のお話を、
なかしましほさんと、
クオカの和田美佐子さん、三谷ふきさんにうかがいました。

▲左から、和田美佐子さん、なかしましほさん、三谷ふきさん。

────
まずはクオカさんにうかがいます。
今回の開発は、やはりたいへんでしたか。
和田
そうですね、
料理家のかたからオーダーをいただいて、
商品を開発することはあまり経験がないですし、
ここまでやりとりをしてつくりあげたのも、
今回がはじめてでしたので。
三谷
なかしまさんの理想形に近づけていくのが、
ほんとうに難しかったです。
最初のころの試作品は、
だいぶ遠いものをお送りしていました。
────
けっきょく、完成までに何種類の試作品を?
和田
お送りしたのは6種類くらいです。
────
6種類‥‥。
なかしま
すみません、わたしが遠慮なく注文をしたので。
和田
いえ、イメージに近い試作品を
最初からお渡しできず
こちらこそ申し訳ありませんでした。
────
試作を重ねていくやりとりは、
具体的にはどういうことからはじめたのでしょう?

なかしま
最初は、発酵でつくろうと思っていたんです。
「イースト菌で発酵させるミックス粉を」
というのが最初のリクエストでした。
和田
そこでもう、最初から途方に暮れまして(笑)。
イーストをミックス粉に入れることが、
どの工場さんでもできないんです。
イーストを別添えで付ける案もあったのですが、
それを実現するのも難しくて、
「どうしよう、どうしよう」と考えていました。
なかしま
一方そのころわたしも、
イーストを使ったミックス粉を
自分で試作していたのですが‥‥
つくりながら「あれ?」って思ったんですよ。
────
なにか疑問が?
なかしま
どんどんパンに近づいていくんです。
────
パン?
‥‥ああ、イーストを使っているから。
なかしま
「わたしがつくってる、これはパンだ」(笑)。
一同
(笑)
なかしま
イーストを使うよさはもちろんあるのですが、
もっとおやつっぽさがほしくて。
もう一度スタートに戻ろうと、
イーストを使うのはやめることにしました。
で、ベーキングパウダーでつくったら、
「あ、やっぱりこっちのほうがおいしい」って、
素直に思えたんです。
‥‥(クオカのふたりに)ほんとにごめんなさい。
和田
いえいえ(笑)。
三谷
イーストではなくなってホッとしました(笑)。
────
つまり最初のリクエストを変更したんですね。
なかしま
変更しました。
やっぱりベーキングパウダーでいきます、と。
正式にはじまったのはそこからです。
まず、市販のミックス粉をいっぱい買って、
試食をして、
「私だったらこういうふうにしたい」
というのをつくり、クオカさんにお渡ししました。
────
そこから何回ものやりとりがあって、
試作品を6種類以上つくって‥‥。
完成したこれは、いかがでしょう?
なかしま
いちばん驚いたのは、
ベーキングパウダーを変えることによって
ここまで違うのか、というところです。
和田
業務用で出回っているベーキングパウダーには、
数百もの種類があるんです。
さらに配合を変えたものも含めると、
本当に数えきれない種類の
ベーキングパウダーがあります。
そのなかから、苦味が出にくいもので、
焼いたときにパっと膨らむものを
選んで使わせていただきました。
────
‥‥あの、初歩的な質問で恐縮です、
ベーキングパウダーって、何なんでしょう?
なかしま
役割りとしては「膨らし粉」ですね。
生地を膨らませて、熱の通りをよくするもの。
────
膨らし粉‥‥何のパウダーなんですか?
三谷
メインは「重曹」と考えていただければ。
なかしま
重曹に、重曹のはたらきを助ける
添加物を加えるのですが、
保存中にこのふたつが反応してしまうのを防ぐために
コーンスターチを加えています。
ふんわり膨らませたいけど、
たくさん入れると生地がかたくなったり
苦味が出てしまうので、
加減がすごく難しいんです。
────
‥‥奥深い世界です。
なかしま
今回のこれはとにかく口溶けがよくて、
しかも苦味が出ない
ギリギリのところで抑えてくださっています。
それと、アルミニウムが入っていないのも
たいせつなポイントです。
アルミニウムが入っていないベーキングパウダーを
というのは、最初の希望でしたので。
────
なるほど‥‥。
ベーキングパウダーだけでも
お話がいくらでもできそうです。
もうひとつの大きな特徴として、
「全粒粉を使用している」
ということをうかがっていました。
なかしま
そうですね、全粒粉。
全粒粉を入れるのが難しいというのは
うかがっていたんです。
でも、このミックス粉の個性として、
全粒粉の素朴な風味を加えたかったんです。
それでまたクオカさんに難しいお願いを‥‥。
和田
はい(笑)。
難しい理由は、全粒粉を使うと
賞味期限が短くなるんです。
そこで今回は、工場で袋に粉を入れるとき、
なるべく空気を抜いてもらうようお願いしました。
さらに袋の中に「脱酸素剤」を入れることにしました。
コストはかかるのですが、
全粒粉入りを実現したかったので。
なかしま
ありがとうございます。
和田
「脱酸素剤」は、お客さまがまちがえて
入れたままつくってしまう可能性があるので、
そこは十分に気をつけていただきたいです。
────
それは危険です。
ここでも注意書きとして記しておきますね。
「おやつミックスの袋を開けたら、
脱酸素剤を必ず取ってください」
三谷
あとは、そう、
お砂糖も選んで使われていますよね。
和田
きび砂糖を。
なかしま
きび砂糖。
これはfoodmoodのおやつでも定番のものです。
そして、バターミルクパウダーも入っています。
────
‥‥またもや初歩的な質問で恐縮です、
バターミルクパウダーとは?
和田
クリームのなかから、
油の部分を取り出したものがバターです。
そのバターを取り出して、
残った液体がバターミルクパウダーの元、
バターミルク。
牛乳のおいしさが詰まった
水みたいなものなんです。
────
それがパウダー状になったものが、
バターミルクパウダー。
和田
はい。
いま、国産のものはなかなか手に入らないんです。
最近はオーストラリア産や
ニュージーランド産が多いのですが、
国産のものとは匂いがちょっと違ってしまって。
なかしま
国産のもので良質なものは、
しっとりしていてコクがある。
────
「おやつミックス」に入っているのは、
国産なんですね。
三谷
そうです。
和田
今回、最も入手が難しかったものです。
────
はぁー。
材料はすべて国産ですし‥‥
ほんとにぜいたくなミックス粉なんですね。
なかしま
最後の最後まで、塩の加減など、
いろいろと調整していただいて
手間と時間をかけましたので、
その意味でもぜいたくなミックス粉だと思います。
研ぎ澄まされたものができました。
────
なかしまさんとクオカさんの
メールのやりとりを見ていたのですが、
すごくスリリングで(笑)。
なかしま
すみません(笑)。
三谷
いえいえ(笑)。
────
最後の試作品に、
なかしまさんのOKが出たときは感動しました。
なかしま
わたし、いまでも覚えてます。
土曜日でした。
届いた試作品をつくって食べて、
あんまりびっくりして、
ほぼ日の担当さんにすぐメッセージしたんです。
土曜だからお休みだろうなと思ったんですけど、
しらせずにいられなかったので、
「たいへんだ!」と。
────
届きました、
「たいへんだ!」のメッセージが。
なかしま
foodmoodのスタッフにも
急いで食べてもらいました。
何も言わずに出したんですよ。
そしたら「変わりましたね」って。
明らかに製造スタッフがその変化に気づいた。
和田
もっと早くご希望に合うものをつくれていれば‥‥
ご迷惑をおかけしたと思っています。
なかしま
そんなことはないです。
あのやりとりがなければわからないことが
たくさんありましたから。
それにわたしも、クオカさんならやってくださる
という信頼についつい甘えて、
遠慮なくリクエストしちゃったので。
────
こうして完成したミックス粉は、
「おやつミックス」と名付けられました。
あえて、「ホットケーキミックス」ではなく。
なかしま
ホットケーキミックスの配合って、
多くのお菓子をつくる基本的な割合なんです。
せっかくですから、
ホットケーキ用のミックス粉と限定せず、
もう少し広がりがあるとたのしいなと思って。
────
いろんなおやつに挑戦してほしい。
なかしま
はい。
とはいえ、やっぱり、
まずはホットケーキを焼いてみると、
この粉がどういうものなのか、
いちばんシンプルにわかってもらえると思います。
────
まずは、ホットケーキ。
それからいろいろ自分なりのアレンジで。
なかしま
これがあれば、あれこれ買って準備しなくても
簡単においしいおやつづくりができます。
ぜひ、挑戦してみてほしいです。
────
‥‥いやぁ、できましたねー。
なかしま
できました。
和田
よかったです、ちゃんとできて。
三谷
ありがとうございました。
なかしま
こちらこそ、ありがとうございました。

○原料

小麦粉、砂糖、小麦全粒粉、
バターミルクパウダー(乳成分を含む)、
食塩/ベーキングパウダー

  • 砂糖は「きび砂糖」を使用しています。
  • ベーキングパウダーは、
    アルミニウムフリーのものを使っています。
  • すべての原材料は、
    国内産のものを使用しています。

○内容量

1袋180グラムの「おやつミックス」が
2つはいっています。
1袋で、約4枚のホットケーキを
焼くことができる分量です。

知っておいてほしいこと

  • 賞味期限について
    「おやつミックス」の賞味期限は2018年1月12日までです。
    (日付は、外箱の側面に記載されています)
    賞味期限は開封前のものになります。
    袋を開封したら、できるだけ早めに使い切ってください。
  • 保存方法について
    直射日光、高温多湿を避け冷暗所で保存してください。
  • アレルギー物質を含む原材料を使用しておりますので、
    下記をご確認ください。
    また、心配な方はかかりつけの医師にご相談ください。
    • 原材料に「小麦、乳」を含みます。
    • また、製造している工場では、
      小麦、乳、卵を含む製品も製造しております。
  • 販売元について
    販売は「株式会社クオカプランニング」という、
    製菓・製パンの材料と道具の通販をしている会社です。
    なかしましほさんのレシピをもとに、
    「おやつミックス」を商品化してくれました。
  • 注文や発送について
    この商品は国内のみの発送です。
  • この商品は数量限定販売です。
    在庫がなくなり次第販売を終了します。
  • おやつミックスは、4月1日より
    なかしましほさんの国立にあるお店、
    foodmoodにて販売開始をしています。
    また、4月7日からは、
    一緒に開発をしました「cuoca」さんの店頭、
    並びにオンラインショップにて販売をしております。

スタッフ

写真=長野陽一 商品写真=ほぼ日 スタイリング=岡尾美代子