つんく♂さんに教わるリズム論『リズム天国』でノリ感アップ!

 
遊びながらリズム感をアップすることができる
"ノリ感"ゲーム、『リズム天国』。
前回に引き続き、ゲームのプロデューサーである
つんく♂さんにお話をうかがっていきますよ。


『リズム天国』
ゲームボーイアドバンス
任天堂 8月3日発売 3800円【税込】
※『リズム天国』オフィシャルサイト

つんく♂さんプロフィール

大阪府出身、1968年10月29日生まれ。
バンド、シャ乱Qのボーカルとして
活躍するかたわら、松浦亜弥、
"モーニング娘。"など数多くのアーティストの
プロデュースを務める。
また、音楽だけに留まらず舞台や映画など、
さまざまなエンターテイメントを手掛ける
日本を代表する音楽家&
総合エンターテインメントプロデューサー。

※つんく♂オフィシャルウェブサイト


「リズム感とともに
 ノリも鍛えてもらいたいですね!」


── リズム感は鍛えれば良くなると
おっしゃっていましたが、
そもそも「リズム感」って何なのでしょう?
つんく♂ 順を追って説明しますね。
まず、音楽におけるリズムというのは、
音が繰り返される
時間的なパターンのことを差します。
そして、1分間に120回、拍を打つ、
というように
リズムの速度を表すのがテンポです。
あくまでもリズムは、
「タタタタ」が「タッタッタッタッ」
というように
テンポが変わっても
ずっと時間的なパターンとして
流れていくものなんです。
で、リズム感というのは、
そのリズムの流れに対して、
自分がどのように動いていくか
ということなんです。

── はあ、はあ、なるほど、
なんとなくわかったような‥‥。
つんく♂ たとえば、「タタタタ」という
リズムがあったとしますよね。
その「タ」、「タ」、「タ」、「タ」という
それぞれの音を、
地面に置かれたポールだと思ってください。
テンポは一定ですので、
それぞれのポールは等間隔で置かれています。
そのポールの間を
自分がスラロームしながら移動していく、
そのスラロームの仕方がリズム感なんです。
リズムに合わせて
ずっと時間を
キープしていくということですね。
‥‥わかります?
ちょっと難しいかもしれないですけど。
── ふむふむ、なるほど〜。
つんく♂ リズム感は、
たとえば日本人が長年海外に移り住んで
英語が話せるようになっても、
日本人特有の英語訛りが抜けないのと一緒で、
その人の幼少期の生活環境や
言葉(母国語や方言)などによって
形成されているものなんです。
ですので、リズム感というのは
人によってそれぞれ異なるんですよね。
しかし、リズム感は意識して訓練をすれば、
どんどん良くなってきます。
この「意識する」というのが重要なんです。
年間100本近く洋画を見る人が
英語をベラベラ話せるようになるかというと
違いますよね。
しかし、ちょっと意識して英語を勉強すれば、
すぐに英語を理解できるようになると
思うんです。
── そのリズム感を養うためには、
具体的にはどのような
訓練をすればいいのでしょう?
つんく♂ 「リズムを数える」ということです。
キチンとリズムを数えていれば、
たとえば休符明けの1拍目のリズムに
ちゃんと合わせられるんですよね。
それを意識しないで
合わせようとするからズレるんです。
ですので、頭のなかでリズムを
「1、2、3、4」と
数えるようにすることが重要です。



若いときはノリや勘で、
それを数えられるんですけど、
30歳を過ぎると、なかなかノリや勘だけで、
リズムに対応するのは難しくなってきます。
日本人が国語を意識するのと一緒で、
「この文章はおかしいな」
というように文章の理解力がないと、
「おれあしたがっこう」みたいな、
おかしな文章になってしまう。
つまり、意識し続けることが大事なんです。
あとは、人のマネするということですかね。
テレビに出ているミュージシャンを見ながら
リズム感をマネてみたりということも、
リズム感を鍛えるにはいいと思いますよ。
ようは、リズム感が悪い、という人は、
「意識するのをサボっている」
ということなんですよね。
── ははぁー、なるほどー!
つねにリズムを意識するというのが
リズム感アップに必要なのですね。
リズム感が良くなると
どんなメリットがあるんでしょう?
つんく♂ リズム感がいい人は、
圧倒的に歌が上手に聞こえます。
逆にリズム感のない人は
たとえそこそこ歌声が良くても、
すごく下手に聞こえます。
歌を歌うときは、音を聞いて、
頭のなかで音の高低を理解して、
声を出す、という
3つの工程が必要なんですけど、
リズム感は頭で数えるだけなので、
わりと誰でも簡単にできますし、
それでいて音痴に聞こえなくなるんですよ。



とはいえ、
これだけ音楽があふれている時代ですから、
「うわーっ」というほど
音程がズレている人って、
最近の若い人たちのなかには
あまりいないんですよね。
ただ、リズム感が良い人が多いぶん、
リズム感が悪い人は
ものすごく歌が下手に聞こえてしまうんです。
ですので、本当の意味での音痴な人って、
いまの時代少ないと思うんですよね。
── ふむふむ、なるほど!
なんだかやる気が出てきました。
まずは『リズム天国』で
リズムを意識する練習を、
ということですね。
それはでは最後に、
このページを読んでいるみなさんに
『リズム天国』のアピールをお願いします!
つんく♂ はい。もともとは、
音楽を教える立場の人やミュージシャンなど、
音楽のプロが教材としても
使えるようなものを考えていたんです。
プロが納得しない作品だと、
いままでの音楽ゲームと
同じもので終わってしまいますから。
プロの人たちしかできないような
特別な技術を要する難しいものではなく、
誰でもが簡単に楽しめて、
さらにプロが納得するようなものを
目指しました。
ですので、音楽のプロはもちろんですが、
一般の音楽好きな人たちにも
楽しめる作品に仕上がっています。
理屈のないゲームですので、
説明書がなくてもすぐに遊べますし、
操作も簡単で、
ほとんどAボタンのみで遊べます。
そういう意味では、
あまりゲームをやったことのない人でも
楽しめると思います。
また、ひとつのリズムゲームは
1〜2分で終わりますので、
ちょっとした時間潰しや
気分展開をしたいときにも最適ですよね。
あと、リズム感を鍛えれば
ノリも良くなりますので、
モテたい人にもオススメです。
関西的な発想なのですが、
「ノリが良いやつはモテるやつ」、
「ノリの良いやつは出世する」
みたいなところもありますので、
リズム感とともに
ノリも鍛えてもらいたいですね!


『リズム天国』は
小難しい音楽知識や複雑な操作は一切不要です。
流れてくる軽快な音楽に合わせて、
タイミングよくボタンを押していくだけの
すごくシンプルなゲームです。

つんく♂さんもおっしゃってましたが、
モテたい人はもちろん、
「音痴を直したい」という人や
「もっとカラオケが上手くなりたい」という人は、
ぜひぜひ『リズム天国』で
リズム感を鍛えてみてください〜。

というわけで、『リズム天国』のご紹介でした。
またつぎのゲームをお楽しみに!
2006-08-04-FRI