「うちの土鍋の宇宙。」でおなじみの
福森家の四女・福森道歩さんによる
土鍋のための料理本ができました。

土を練り、うつわや土鍋を作り、
そして毎日使っている道歩さん。
そのよさ、使い方のコツを、
だれよりもよく知っているひとりです。
しかも彼女は、陶芸の道にすすむ前、
5年ほど、調理の仕事に携わってきたひと。
その道歩さんが教えてくれる土鍋料理が、
1冊の本として、出版されることになったんです!

ここで紹介されるレシピは、
いわゆる「鍋物」だけではありません。
“炒める”“焼く”“オーブンで焼く”など
「うちの土鍋シリーズ」が得意としている直火料理が、
たくさん、紹介されています。
(おそらく、世界ではじめての
 “土鍋直火料理”のレシピ本です。
 そしてこの本、福森道歩さんにとっては、
 「料理家」としてのデビュー作でもあるんですよ。)

下準備から土鍋を使います。
写真でていねいに手順を紹介。


レシピの数は、49。
「きのこのアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ」
「ステーキ」「ローストポーク」
「土鍋まるごとオニオングラタンスープ」
「ゴーヤチャンプルー」などの直火料理は、
16品、掲載されています。

手ろくろの土鍋を使いこなし、
料理をおいしくするコツは火加減です。
ガスの火の大きさを写真つきで解説します。


もちろん“蒸す”“米を炊く”
“鍋物”“煮込む”などの
いわゆる土鍋料理のレシピも、
「ラタトゥイユ」「ムール貝のワインクリーム蒸し」
「ブロッコリーとカリフラワーの花椒蒸し」
「リゾット」「パエリア」「麻婆豆腐」「角煮」
それから「プリン」「しょうがシロップ」
「洋梨のコンポート」などなど、
福森家スタイルのメニュー、調理法が
たっぷり紹介されています。

土鍋でつくるスープストックや
ミートソースのレシピもあります。

あ、なにも、わざわざ土鍋でつくらなくても、
フライパンでいいんじゃない?
‥‥と、お思いのかた!
もちろんそういうふうにも活用いただけます。
でも、ぜひ、「ベア1号」「ベア2号」で
ためしてみてくださいね。
土鍋で調理したときの、食材の力強さ、
味のやわらかさは、格別なんです。

ご飯の炊き方は
火加減や湯気の様子を写真で解説しながら
おいしく炊きあげる方法を紹介します。
20分でおいしいごはんができあがります。

すでに「ほぼ日」で土鍋をお求めになられたかたのなかにも
“春から秋口までは、しまっちゃう”というかたも
いらっしゃると思いますが、
この本があれば、1年中、
あなたの土鍋が活躍しますよ。

土鍋の使い始めや取り扱いの注意も
しっかり教えてくれます。
土鍋のガイドブックとしても、お使いくださいね。



豚肉と青梗菜の香り炒め
ゴーヤチャンプル
かきときのこの炒め物
きのこのアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ
アラビアータ
ステーキ
鮭の焼きカツ風
手羽中のねぎ焼き
カリカリチキン
土鍋焼きピビンバ
ねぎの焼き餅風
ローストポーク
土鍋丸ごとオニオングラタンスープ
ラザニア
マカロニグラタン
蒸し野菜
豚ばら肉とかぶとトマトの蒸し物
ムール貝のワインクリーム蒸し
ブロッコリーとカリフラワーの花椒蒸し
白菜と豚ばら肉の蒸し物
ラタトゥイユ
プリン、キャラメルりんご
ご飯の炊き方
貝柱ご飯
青豆ご飯
しょうがご飯
リゾット
パエリア
すき焼き
鶏だんごと水菜の鍋
もつ鍋
鶏すき鍋
おでん
スペアリブと大根の豆板醤煮込み
玉ねぎの丸炊き
青梗菜と卵のスープ
麻婆豆腐
おから
牛すじ肉と大根の煮物
角煮
チリコンカン
ポトフ
ロールキャベツ
煮込みハンバーグ
しょうがシロップ
いちご&レモンジャム
洋梨のコンポート






福森道歩さんは、伊賀の窯元・土楽の四女。
陶芸家であり、料理家です。
父・福森雅武さんに幼い頃から器と料理を教わり、
料理家をめざして東京で5年間修行。
その後、土楽の跡取りとなるため
伊賀に戻りました。

四季折々の伊賀の自然のなかで育ち、
山菜ときのこ採りの名人。
陶芸のかたわら、土楽のみんなと米や野菜を育て、
自ら包丁をふるい、土鍋で料理し、
自分で作った器に盛る──。
そんな暮らしをしている道歩さんのつくる料理は、
素材を見抜き、素材のよさを
いちばんよく引き立てる方法でつくられています。
そして器は、父・福森雅武さんの
「器は前に出ず、後ろに下がらず。
 使えば料理とともに引き立てあう」の
教えを引き継いでいます。
代表作のひとつが、
2009年に「ほぼ日」で販売してご好評をいただいた
「ほんとにだいじなカレー皿」です。

本書の帯では、道歩さんをよく知る糸井重里と
フードスタイリストの飯島奈美さんが
推薦文を寄せています。


「うまいものができる。笑う。
 それ以上に、なにをのぞむ。」糸井重里

「道歩ちゃんのもっている、"絶対音感"のような
 "絶対味覚"に憧れています。
 この本と土鍋にキッチンの特等席を確保しましょう。
 冬のあったかお鍋をするだけじゃもったいない。
 この本のように土鍋で普段の料理を
 作ってみてほしいです。
 きっとびっくりします。」飯島奈美



『一年中使える!
 ご飯炊きからローストビーフまで 
 スゴイぞ! 土鍋』
著者:福森道歩
発行:講談社
定価:1,620円(税込)
ISBN: 978-4-06-278446-7


お申し込みの前に
ご確認いただきたいこと

著者:福森道歩
発行:講談社
定価:1,620円(税込)
ISBN: 978-4-06-278446-7
「ほぼ日ストア」
並びに、全国の書店、
アマゾンなどのネット書店で
販売中。

2014-10-31-FRI