東京オリンピック・パラリンピックの
全競技内容をわかりやすく絵で伝える
「スポーツピクトグラム」を手がけた
グラフィックデザイナーの廣村正彰さんと、
組織委員会デザイン担当部長の吉原潤さんに
お話をうかがいました。
言語を問わず世界中の誰でもが理解できるよう、
シンプルでわかりやすく、
なおかつ日本らしさも表現された廣村さん。
1964年の東京オリンピックからはじまった
スポーツピクトグラムの歴史を紐解きながら、
解説をしていただきました。

2スポーツピクトグラムの
システム。

乗組員A
50種類のスポーツピクトグラムを
デザインしていく作業には、
たのしいことも、つらいことも、
両方があったんですね。
廣村
作ること自体はたのしいんですけども、
どこに着地するのかが、
なかなか見えてこなかったんですよね。
我々が思ういいかたちはあったのですが、
それぞれの競技団体の方に見ていただくと、
その競技ごとに、今のトレンドがあるんです。
乗組員B
定番のかたちが
変わっているんですね。
廣村
我々は写真や動画を参考にしながら、
「このショットだ」と決めるんです。
より単純なかたちにデザインしていく過程で、
その競技の専門家にとっては
いいところが削がれてしまうんでしょうね。
「もうちょっと回転させたほうがいい」とか
「足はもうちょっと、こっちに上がるよ」とか、
細かな作業を半年ぐらいは続けていました。
乗組員A
どこを切り取るかは大事な要素ですよね。
しかも「ズバリ、その人そのもの」
みたいにわかるデザインになっちゃうと、
きっと、マズいでしょうし。
廣村
その通りですね。
だから、完成したピクトグラムには
人格が見えないわけです。
最初のうちはね、人格もあったんですよ。
乗組員B
この選手がモデルだなと、
わかるようになっていたんですか?
廣村
そう、あの有名選手のフォームだな、
とわかる人にはわかるぐらい。
あえてそういうかたちを残す案もありましたが、
そういうことじゃないだろうと思いまして。
乗組員A
最初にデザインとして固まったのは、
どの競技になるのでしょうか。
廣村
まずは「陸上競技」から作りました。
誰かに言われたわけでもないのですが、
陸上からはじめましたね。
乗組員A
最初は「陸上競技」。
廣村
1964年の東京オリンピックの
ピクトグラム
がどうできているのか
研究していたんです。
初のスポーツピクトグラムとして
よくできているんですが、
システムが成り立っていないなと
途中で思うようになったんです。

※1964年のピクトグラムの画像はリンク先にてご覧いただけます。

乗組員A
「システム」と言いますと。
廣村
システムというのは、
すべての種目における共通項みたいなものです。
そのシステムがちょっと甘いんじゃないかと。
それから、もうひとつ。
2020大会ではアスリートの体の動きを、
もっと表現したいなと思いました。
ぼくとしては「陸上競技」が一番中心にあるので、
まずは「陸上競技」から考えてみようと。
並べてみると、格好もよく似ているんですよ。
乗組員B
ああ、本当ですね。
たしかに似ていますが、
洗練された感じがします。
廣村
1964年では、競技者のウェアも
表現していたりするんですね。
1964年の競技者は、
ランニングにあわせて色を抜いています。
ところが2020年の場合には、
胴体の色が抜けているんです。
胴体を見せずに手や足で表現をすれば、
身体全体の動きを表現できるとわかりました。
手足のひねりは、
身体と離すことでより強調されるんです。
乗組員B
動きを想像させますね。
廣村
ということで動きに着目してはじめましたが、
途中で壁に当たるんです。
「テコンドー」のヘッドギアだとか、
「フェンシング」の剣だとか、
アイコンになるようなものがないと
違いを表現できない競技がありました。
たとえば「柔道」を裸のままで表現すると、
「レスリング」との違いが見えづらい。
乗組員B
ああ、たしかに。
廣村
一度立ち止まって、考えを改めました。
その競技の主たるビジュアルの
根源を成すものは積極的に入れていこうと。
「テコンドー」も胴の色を抜くつもりでしたが、
胴まわりの防具とヘッドギアがないと、
それらしく見えないんですよね。
乗組員A
ヘッドギアに色をつけた分、
顔はないんですね。
廣村
そうやって少しずつ調整していく中で
新しいルールができていきました。
ピクトグラムを考える作業では、
本来の大きな枠組みを作りながら、
個別の表現が適切になるよう表現していくんです。
そして、もうひとつ大事な分け方として、
「全身か、部分か」というのもありました。
左から「ゴルフ」と「野球」。
乗組員B
全身か、部分か。
廣村
たとえば「競泳」や「水球」など、
水の中まで表現できない競技は、
どうしても上半身だけになります。
となると、上半身だけで表現すべき競技が
これらの他にもあるかもしれません。
「ゴルフ」「野球」「ボクシング」を
見ていただけるとわかるかなと思うのですが、
上半身だけで表現することで
より強く表現できているんです。
乗組員B
全身がなくても、
どの競技かすぐにわかりますね。
廣村
「ボクシング」と「セーリング」で比べると
人の縮尺率は大きく違っていますが、
同じボリューム感で
全体を見せられるよう考えていました。
左から「ボクシング」と「セーリング」。
乗組員A
数字で正解が出せるわけではない分、
難しいでしょうねえ。
廣村
そうですね。
他に決めていたルールとしては、
水の表現は波で統一しようとか、
砂は点々にしようとか、
そういう共通項を取り決めていくんです。
「トランポリン」と「飛込」は
わりとよく似ているんですけど、
下のベースが違うんです。
左から「トランポリン」と「飛込」。
乗組員A
「自転車競技」は種目が多いから、
違いを表現するのに苦労されたのでは?
廣村
「自転車競技」だけで5つありますからね
(BMXフリースタイル、BMXレーシング、
マウンテンバイク、ロード、トラック)。
デザインを考える上で調べたところ、
速度を競うものにはヘッドギアもあって、
自転車の種類も違うんです。
BMXではタイヤの大きさも違います。
左から「BMXフリースタイル」、「ロード」、「トラック」。
乗組員B
わー、本当ですね。
比べると違って見えます。

(つづきます)
2019-07-12-FRI