高知、仁淀川の源流域でつくりました。tretreトレトレの摘み草つみくさブレンドティー。

秋摘み緑茶に、カモミールの香りと甘み。

カミツレ kamitsure(with カモミール)

ティーバッグ 7パック

(税込・配送手数料別)

秋摘み緑茶は、5月ごろに収穫・加工する一番茶に比べると
苦味が少なくてのどごしが良く、すっきりとした風味です。
仁淀では製造量がごく少なくなりましたが、
秋に摘んだお茶を5月の新茶と同じ製法で仕上げます。
この秋摘み緑茶の美味しさに出会ったことから、
それをベースに、シンプルな味わいのブレンドをつくりたい、
そんな思いでつくられました。

秋摘み緑茶を作っているのは、
土づくりから徹底してお茶を育てている池内製茶さん。
一番茶のように高価に販売ができないわりに、
手間もコストもかかる製法なのですが、
自宅使いのお茶として近隣のお客様たちにとても人気なので
続けているとのこと。
収穫する秋は、冬の寒さに備えて甘みをたくわえる時期なので、
一番茶のような「苦み」がすくなく、
熱湯で淹れておいしいお茶なのです。
いわゆる煎茶のイメージとちがい、
すっきりとしていて、ほのかに香ばしさも感じる味わいです。

ここにさまざまな山の葉っぱや
ハーブを組み合わせてみた結果、
まろやかな香りと味わいのカモミール(カミツレ)と
ほんのすこしスペアミントをくわえることで、
全体がスッとひとつの味わいにまとまりました。

カモミールは、農薬をつかわず育てられ、
まろやかな香りを持つもの(エジプト産)を
仕入れて使っています。
これはカモミールの中でも
「ジャーマンカモミール」という種類で、
すこしリンゴに似たような香りがあります。
(ブレンド作業中は部屋中に香りが広がるので、
とても贅沢な気分で作業を進めることができるそうです。)

スペアミントは緑茶の爽やかさを立たせる添え味。
自社園のスペアミントは、
あまりにも爽快なメントールが立ちすぎて、
全体のまろやかな味わいを消してしまうため、
緑茶の味わいにマッチする程度の
メントール感をもつもの(エジプト産)を選んで
ブレンドに使っています。

一日の中でひといきつかれる場面にぜひ。
お茶菓子ともよく合いますよ。

ブレンド内容

緑茶 (ツバキ科)
カモミール (キク科)
スペアミント (シソ科)

おいしい飲みかた

  1. ティーカップに1パックを入れ、熱湯を注ぎ入れます。
  2. 約3分後に引き上げてください。

*湯量の目安…約180ml~200ml

賞味期限

2019年4月まで

内容量

11.9g(1.7g×7p)

●カフェイン、カモミールを含むため、妊娠・授乳中のお客様は飲用をお控えください。

写真
大江弘之(物撮り)神ノ川智早竹内太郎