高知、仁淀川の源流域でつくりました。tretreトレトレの摘み草つみくさブレンドティー。

高知特産のしょうがと番茶のブレンド。

gingin ジンジン(with ジンジャー)

ティーバッグ 7パック

(税込・配送手数料別)

このお茶の味わいとたのしみ。

お茶の香りはほのかに甘く、
口に含むと、
「花茶」と呼ばれる秋冬番茶と
スイカズラのやさしいうま味に、
ピリッとしょうがが効いている味が広がります。

その後、セイロンシナモンの品のよい風味に、
レモングラスのさわやかなうま味が追いかけてきます。

後口には、主にしょうがの余韻が残ります。
そして、2煎目からはレモングラスが強めに出てきます。
1煎目と2煎目以降の味わいの変化も
おたのしみいただけるブレンドです。

「gingin」ができるまで

高知の特産物のひとつである、しょうが。
それをtretreらしい味で楽しんでいただきたくて
つくられたレシピのお茶がこの「gingin」です。

まず、使っているしょうがは、
仁淀川流域・いの町にある「刈谷農園さん」の有機しょうが。
山頂に有機栽培専用の畑を切りひらき、
たいへんな手間をかけて栽培されています。
個性が強く、ピリッとした辛さだけではない、
パンチのある、独特の力強さをもっています。

そのピリリとしたしょうがの強さを引き立てるよう、
ベースになる茶葉には、
秋に摘んだお茶を釜で炒って仕上げる
秋冬番茶(ほうじ茶)を選びました。
3年間熟成させたあと、
薪の火で焙じて、時間をかけて仕上げたものです。
ブレンド全体の味わいがまろやかになる茶葉です。

さらに、ほのかでとろりとした甘さをもつスイカズラ。
つる性でグングンのびるこの草は、
山の生活では「やっかいな雑草」。
地元では敵意を抱くがごとく、
刈り飛ばしに躍起になる植物でもありますが、
摘んで乾燥させ、ゆっくりゆっくり焙じると、
独特の甘みとコクを出します。
自社農園脇のものを中心に使っています。

そして有機栽培されたレモングラスで爽やかさを、
同じく有機栽培されたセイロンシナモン(スリランカ産)で
深みを足すことで、
この「gingin」ブレンドが完成しました。

ブレンド内容

ほうじ茶、レモングラス、
スイカズラ、しょうが、シナモン

おいしい飲みかた

  1. ティーカップに1パックを入れ、熱湯を注ぎ入れます。
  2. 約5分後に引き上げてください。

*湯量の目安…約180ml~200ml
*味わいが変化する2煎目以降もお楽しみください。

賞味期限

2020年7月まで

内容量

18.9g(2.7g×7パック)

●カフェインとレモングラスが含まれるため、妊娠・授乳中のお客様は飲用をお控えください。

写真
大江弘之(物撮り)神ノ川智早竹内太郎