写真
写真
写真
   
いつもとちがう毎日がすぎていきます。
でも目の前のちいさなことを充分たのしみたい。
これは、ほぼ日乗組員の希望ではじまった、
みなさんの家に箱をとどける販売企画です。

「いまの時期に」「いまのみなさんに」と、
なかみを考えた担当乗組員が書いた、
箱ごとにちがう手紙つきで送ります。
6月5日(金)午前11時発売 6月前半の、おうちたのしみ箱。
緊急事態宣言が解除され、
少しずつですが、日常を取り戻す日々が
やってきました。
私たちほぼ日乗組員も、
注意深くすごした日々をベースに、
一歩一歩活動を広げていこうと思います。
しかしひきつづき「おうち」での時間も
長くなりそうです。
「この6月、うちにこんな箱があったらいいな」
という3つの箱を企画しました。
販売開始は6月5日(金)午前11時です。



この6月前半の「おうちたのしみ箱」は、
ほぼ日乗組員の大高が、
企画の中心となって動きました。
大高は、ふだん「TOBICHI」という
ほぼ日の実店舗およびギャラリーを担当しています。
この緊急事態宣言下では休業を余儀なくされました。
キラキラおうち時間。 ほぼ日 大高紗耶
わたしは、東京と京都にある
「TOBICHI」という店舗を担当しています。
この自粛期間中、TOBICHIはお休みになりました。
現場が主な仕事場所だったわたしは、
約2ヶ月のお休み中、ずっと自宅にいることになりました。
就職して、十数年たちますが、
こんなに自宅にいたのは、はじめてのことかもしれません。



料理をつくること、
本を読むこと、
部屋にお花をかざること、
たまに、ごほうびおやつタイムをつくること。



いままでもしてきたことですが、
もっと日常として、
わたしのなかで輝きをもつような時間になりました。



緊急事態宣言が解除され、
TOBICHIも再開しましたし、
また現場が仕事場所になっていくことでしょう。
でも、この時期を過ごしたおかげで、
わたしのおうち時間は変わりました。
これからの生活でも、
おうちでも輝きをもった時間を過ごせるように
人生たのしんでいきたいと思います。
6月5日(金)午前11時発売 6月前半の、おうちたのしみ箱。
写真
新・いつものパンがおいしくなる箱
6,480円(税込・配送手数料別)
おらがジャム(いちご)/
ほぼ日のはちみつ(かくのだての桜並木)/
HAPPY NUTS DAY ピーナツバター(粒なし)/
PROOF OF GUILD ジャムスプーン[1本]

※商品の特徴や使い方を記した手紙つきです。
写真
ここだけのおはなとおかしの箱
6,600円(税込・配送手数料別)
前田有紀さんのフラワーブランド「gui」フラワーボックス/
Patissrie A.K Labo 焼き菓子セット[3種]

※商品の特徴や使い方を記した手紙つきです。
写真
ちょっぴり気持ちがゆれ動く箱
5,500円(税込・配送手数料別)
『雨は五分後にやんで:異人と同人Ⅱ』/
シークレット本[1~2冊]

※浅生鴨さんの手書き印刷の手紙つきです。
2020-06-03-WED