さんまさんに「おちつけ」を渡しに行く3分50秒。
ことし2月に発売して大好評をいただいた
ほぼ日の「おちつけ」グッズは、
明石家さんまさんの番組がきっかけで
つくることになった商品です。

糸井重里の構想からはなんと約10年!
ついにできました、ということで
「おちつけ」のことばと感謝を伝えに、
さんまさんのもとへ会いに行ってきました。

お会いできた時間はわずか3分50秒、
その間に糸井と交わした会話を記録しました。
最後に、新商品のお知らせもありますよ。

担当は「おちつけ」チームのひらのです。
ほぼ日の「おちつけ」グッズは、
もともと糸井重里が『さんまのまんま』の
スタジオに飾られていた掛け軸から発想を得て
つくられた商品でした。
写真
さんまさんへのメッセージである一方で、
「おちつけ」ということばをキャラクターにして
いっしょに暮らせないかと考えたのです。
そして、ことし2月に発売した
ほぼ日の「おちつけ」グッズ(掛け軸&ピンバッジ)は、
予想を大きく超える反響をいただきました。
「おちつけ」掛け軸の第一弾が届きはじめた3月頃に、
糸井重里と「おちつけ」チームのメンバーで
明石家さんまさんのもとを訪ねたのでした。



お会いしたのは、さんまさんが出演する
関西ローカルのラジオ番組、
『ヤングタウン土曜日(毎日放送)』の収録前です。
時間にして、わずか3分50秒という
短い時間ではありましたが、
さんまさん、気に入ってくださいましたよ!
それでは「おちつけ」のご本尊さんまさんと
糸井重里の短い会話をレポートします。
糸井
(控え室をのぞきながら)
こんにちは!
さんま
わっ、どうもどうも!
ご無沙汰しておりますー!
お元気そうでなによりです。
糸井
お忙しい最中にすいません。
ぼくがなぜここに来たか、
わかっておられますか?
さんま
いま、マネージャーから
説明は聞きました。
糸井
ぼくらが作った「おちつけ」グッズは、
『さんまのまんま』に由来しているんで、
本家本元に挨拶しておかないと
でかいことできないんです(笑)。
さんま
わっはっは!
ありがとうございます。
糸井
ということで、今日は現物を持ってきました。
これが掛け軸というバージョンです。
さんま
うわっ、すごい!
写真
糸井
人は欲しがるんですよ、やっぱり。
さんま
へえーっ!
えっ、これは「まんま」のセットに
書いてきてくれはった文字ですよね?
糸井
番組のセットに使われていた書とは違うものです。
ぼくが『さんまのまんま』をテレビで観ていて、
「あれ、誰が考えているんだろう。いいなあ」
と思っていたんです。
いつか、「おちつけ」ということばの書を
商品として出したいなと思っていたんですよ。
さんま
うんうん(笑)。
糸井
さんまさんの事務所だとか
「さんまのまんま」のプロダクションに
問い合わせをしてみたら、
「どうぞー!」みたいな感じだったんで
商品化に向けて動きはじめたんですよ。
で、石川九楊さんという
有名な書家の方がおられるんですけど、
頑張って書いてくださって。
さんま
はあー、うん!
写真
糸井
で、ピンバッジも作りまして。
さんま
あっ、バッジもあるんですか!
はああー、さすが。
幅広くやってらっしゃる。
糸井
ちょっといいでしょう?
遊べればいいなと思ったんですけど、
欲しがるんですよ、みんな。
さんま
これはもう販売なされてて?
糸井
ほぼ日の「おちつけ」グッズとして
販売をはじめています。
ピンバッジはすでに届いていて、
掛け軸は予約した人のところに
届けている最中です。
さんま
あっ、そうなんですか!
掛け軸、貼らさせていただきます。
糸井
「おちつけ」のご本尊が
持っていらっしゃる(笑)。
さんま
ありがとうございます(笑)。
すいません、忙しいのに
わざわざ持ってきてもらって。
糸井
ということなんで、
お届けにまいりました!
さんま
本当にありがとうございます!
バッジつけてテレビ出させてもらいます。
糸井
本当ですか、嬉しい!
写真
さんま
いやいやいや、
こちらこそありがとうございます。
糸井
じゃあ、袖の下もお渡しします(笑)。
ほぼ日グッズの中から、
独身のかたが喜ぶ食べものを中心に
いくつか持ってきました。
さんま
すいません、すいません。
前に糸井さんからいただいたバスタオル、
意外とまだ続いてるんですよ。
糸井
ほんとですか!
さんま
黒いタオルがちょうど毛染めにいいんです。
糸井
ああ、なるほど!
さんま
「これ糸井さんやなあ、糸井さんやなあ。
いただいたやつ、いただいたやつや」って思いつつ、
いっつも使わせてもらってるんですよ。
バスタオル、まだ生き延びております。
あれ、二重構造で長生きしますねえ。
糸井
物持ちのいい方だったんだ!
さんま
クワー(笑)。
そう、意外なところね!
そうだったんですよ。
写真
糸井
じゃあまた、黒っぽいのを送りますね。
あとはジャムだとか海苔だとかも、
おいしいんでぜひ。
さんま
ありがとうございます!
ほんとにね、
意外と使わせていただいてます。
糸井
いえいえ、とんでもないです。
しばらく会わない間に、
ぼくも、おじいさんになりましたよ。
さんま
あっ、そうだったんですか!
それはおめでとうございます。
犬は元気でやってるんですか?
糸井
犬は二代目になりました。
さんま
あっ、二代目になったんですか。
ああー、そうでしたかあ‥‥。
糸井
3月の21日に亡くなって、
5か月が経った頃に
そっくりな犬が見つかったんで、
またいっしょに暮らすことになりました。
さんま
はあ、そうでしたか。
犬のお墓にもよろしくお伝えください。
糸井
いろいろお気づかいいただいて(笑)
というようなことなんで、
今日は失礼します。
さんま
どうもすいませんね、忙しいのに。
では、今度はまたゆっくりと!
糸井
はい、またぜひ!
どうもありがとうございます。
いやあ、すっきりしました!
ラジオ収録前にもかかわらず、
気さくに受け入れてくださって、
さんまさん、ありがとうございました!



ご挨拶のあとに収録されたラジオ番組、
『ヤングタウン土曜日(毎日放送)』では
実際にピンバッジを胸につけて
出演していただきました。
ラジオのオープニングトークでも
「おちつけ」について愉快に話してくださいました。
写真
さんまさん

「きょう、不思議なことに糸井重里さんが
わざわざ毎日放送まで来てくれて、
いま胸に貼ってる『おちつけ』バッジをいただいて。
これ、糸井さんがテレビを見てはって、
『さんまのまんま』のセットで書かれてた
『おちつけ』って文字をおもしろいなあって思って、
有名な書道の方に書いてもらって、
シャレで作ったらものすごい売れたらしいんです。
評判がよくて『本家に言いにきました』って
わざわざ会いに来てくださって。
そろそろ俺もね、おちついたトークもせなアカンし、
そろそろ若手・中堅のためになることもせなアカンよな」



番組共演者のみなさんに紹介していただきながら、
「はずさなアカンなこれ、個性死んじゃうから(笑)」
という見事なオチまでつけてくださいました。
さんまさん、スタッフのみなさん、
本当にありがとうございました!
2019-04-16-TUE
ほぼ日の「おちつけ」グッズを、
「生活のたのしみ展」で
再販売します。
ことし2月に発売して完売となっていた
ほぼ日の「おちつけ」グッズを
「生活のたのしみ展」で再販売をします。
あわててしまう時、感情的になりかけた時、
まずは立ち止まって「おちつけ」。
いつでも自分に言い聞かせたいことばを
暮らしに取り入れられるグッズです。
「生活のたのしみ展」限定のグッズや
先行販売となるグッズもありますよ。
「おちつけ」グッズに
新登場のアイテムもあります。
「生活のたのしみ展」では、
ことし2月に販売をしていた
「ほぼ日の『おちつけ』掛け軸」
「ほぼ日の『おちつけ』ピンバッジ」の他に、
あらたに開発をしている
「ほぼ日の『おちつけ』キーホルダー」を先行販売、
そして「生活のたのしみ展」限定カラーとして、
「ほぼ日の『おちつけ』掛け軸」の緑色が登場します。
写真
ほぼ日の「おちつけ」キーホルダー

1,296円(税込+配送手数料別)
「ほぼ日の『おちつけ』キーホルダーは、
ウォールナット材で作られたキーホルダーに、
レーザー加工で「おちつけ」の文字が
濃い茶色で印刷されています。
鍵や小物をつけておくと、
毎日の生活の中で「おちつけ」の書が
自然と目に入ってくるデザインです。
バッグのワンポイントとしてもどうぞ。
ウェブの「ほぼ日ストア」では
5月中旬ごろに発売予定で、
「生活のたのしみ展」で先行発売します。
写真
ほぼ日の「おちつけ」掛け軸(グリーン)

3,240円(税込+配送手数料別)
そして、「ほぼ日の『おちつけ』掛け軸」は、
「生活のたのしみ展」限定色のグリーンも登場。
穏やかな濃い緑色の地色に、
「おちつけ」の書が映える組み合わせです。
ご自宅や職場など、
いつでも目に入る場所に飾るのがおすすめ。
新生活をはじめたばかりの人や、
プレゼントにもよさそうです。
「生活のたのしみ展」の会場では、
通常カラーのグレーと見比べながら
お好きな色をお選びいただけます。



ラインナップが充実した「おちつけ」グッズは、
書家の石川九楊さんが表現した「おちつけ」の心を、
日常に取り入れることができます。
仕事や家事や子育てなどに励む一方で、
あわてたり感情的になってしまう自分を
「おちつけ」とたしなめてくれます。



それでは「生活のたのしみ展」でお待ちしています。



>生活のたのしみ展「おちつけのお店」詳細ページへ