いちど着たら手放せない!  魔法のカットソー・FIROから、 今季の4つのアイテムが届きました。

FIRO

予告08

いちど着たら手放せない魔法のカットソー
「FIRO(フィーロ)」。
素材選びに妥協をゆるさない
フィーロ白井さんの審美眼で選びぬかれ生地に、
スタイリスト佐伯敦子さんによるデザイン監修で、
大人が毎日着たくなる、
とっても使いやすそうなアイテムがたくさん届きました。
白井さんと佐伯さんにくわしくお話をうかがいました。

佐伯 敦子(さえき あつこ)

スタイリスト/yunahicaディレクター。
編集、パリ在住経験を経て現在に至る。
美意識の高さや鋭い審美眼で、
各界のクリエーターはもちろん、
モデル、女優からの信頼も厚い。
「ほぼ日」では「CINÉ & TRAVEL」シリーズや、
「ソファみたいなスリッパ」の
デザイン監修も務めていただいています。

白井 賢治(しらい けんじ)

有限会社フィーロ代表取締役社長。
大手アパレルメーカーにてニット製品の素材開発、
商品企画、MDなど幅広く経験したのち独立。
1998年にブランド「FIRO BIANCO UNO」を設立。
40年以上、素材と向き合った経験を活かし、
ベーシックかつ肌ざわりがいい商品をうみだしている。

〈O2〉チーム
(以下O2)
〈O2〉の定番ブランドになったフィーロのアイテムは
それなりの価格がしますが、リピートしてくださる方も多く、
いつも好評をいただいています。
白井
ありがとうございます。
佐伯
素晴らしいです。
一度着ていただいたら、そのよさがわかりますからね。
手ばなせなくなるし、
毎日着たいからもう1枚って思っちゃいます。
O2
わかります。
友人に「ほんとにいいからだまされたと思って買ってみて」って
おすすめして買ってもらうと
「本当だった!」ってよろこんでもらって、
ファンを増やしています。
佐伯
飽きられないかと心配に思うこともあるんです。
Tシャツひとつとっても、
ほかのブランドさんでは生地やデザインを変えて
ちがうものを販売することがほとんどですから。
白井
正直に言って、ぼくもはじめは不安でした。
ずっと同じようなものを出していて、
お客さまはずっと買ってくれるのかなって。
O2
それでもずっと支持されているんですよね。
新規の方も、リピートの方もたくさん。
佐伯
ほんとうにすごいと思います。
同じことをやり続ける、
そして同じことでずっと惹きつけられること。
そういったことがどれだけ大変か、わかるので。
白井
同じように見えて、じつは手間暇かかっているんですよ。
正直にお伝えすると、
いつまで続けられるだろうって思いながら。
縫製も染めも、この人しかできにない、
この工場しか満足いくものができないっていうところに
お願いしているので。
O2
これまで何度も
インタビューさせていただいてわかったのですが、
白井さんはまったく妥協をゆるさないですよね。
佐伯
素材への想いが並大抵じゃない。
白井
そういう性分なんでしょうね。
O2
見た目だけでは分からない、
フィーロの本質を〈O2〉で
伝えられることをとうれしく思います。
白井
口で言うより、
まずは着てもらったほうがいいんですけどね(笑)。
O2
ことしの秋冬は、
4つのあたらしいアイテムを選ばせていただきました。
ひとつずつ、みていきましょう。

レディス スーパー180’s
エキストラファインメリノ ハイネック

O2
さわってみてこれは本当にウールなんだろうかって
うたがうぐらいの質感です。
佐伯
ウールってちょっとチクっとするイメージもありますが、
つるりとしていてサラサラですよね。
落ち感もきれい。
O2
ドレープもきれいに出てますよね。
白井
「スーパー180’sエキストラファインメリノ」という、
ちょっと長い名前のウールなんですが、
最上級のカシミヤと同じくらいの繊維の細さなんですね。
だから、やわらかいし、ツヤもあるんです。
O2
スーパー100とか120って、
スーツに使われる生地で聞いたことがありますが、
180というのはそれよりさらに上ということですよね。
白井
はい。
数字が上にいけばいくほど繊維の細さを表しているんですが、
いいブランドでもスーパー120、よくて140までなんです。
スーパー140でもまったくチクチクしないし十分なんですが、
昨年生地屋さんでスーパー180に出合って
「なんだこれは!」とおどろいたんです。
O2
長年たくさんの生地を見続けてきた白井さんを
おどろかせるほどだったんですね。
白井
一瞬さわっただけでわかりましたね。
やわらかいのにしっとりしている。
これはすごいぞと。
いままではスーパー140のウールを使っていましたが、
これでつくってみたいと思いました。
O2
ウールにもっているイメージがガラリと変わりました。
白井
繊維が細くて長いから毛羽が立たず、毛玉にもなりにくい。
ウールが本来もっている機能性もあって、
防臭してくれるし、抗菌性もあるので、体にもやさしい。
佐伯
天然の機能なんですよね。
白井
それに、ふつうのウールよりぐいんと伸びるので、
着心地もいいと思います。
O2
そして、かたちは佐伯さんのアイデアがいかされています。
佐伯
女性が着たときにきれいに見えるかたちを意識しました。
パッと見では分からないと思うんですが、
身幅と裾まわりの長さを変えています。
6㎝くらいの差があるかな。
白井
裾にかけてちょっとすぼまっていくかたちですね。
佐伯
身幅のまますとんと落ちるより、
すぼまっていると着たときに
視覚効果できれいに見えるんですよね。
白井
素材のよさをいかしたシンプルなデザインは
インナーに向いているし、
すそをちょっとラウンドさせてるので、
1枚でも見ばえがいい。
O2
ウール素材の伸縮性もあって、
着ていただく方の体型も問いませんね。
白井
ええ。
締めつけることもなく、
しぜんなフィット感で体のラインをひろいません。

レディス コットンカシミヤ
ドロップショルダークルーネック/
ハイネック



O2
そして、毎年ご紹介している、
コットンカシミヤもいいんですよねぇ。
ほわっとしたやわらかい風合いで、ずっと着ていたい。
白井
コットン94%でカシミヤが6%なので
インナーに着ていただいても、
じんわりしたあたたかさがあって
暑すぎるということはありません。
佐伯
わたしもコットンカシミヤのハイネックを、
秋冬はインナーに、春先は1枚で着ていたりと、
年中着てます。
白井
おかげさまで評判がよくて、
「あたたかくて楽だからずっと着ています」という声を
男女問わずいただいています。
すごく伸びるので、男性が
レディースを着ても苦しくないんです。
佐伯
白井さんが身をもって実験してますもんね。
白井
ええ。
1カ月間、毎晩着て寝て洗濯してを繰り返しても、
苦しいとは感じませんでしたから。
O2
昨年まではジャストサイズのデザインでしたが
今年からゆったりしたドロップショルダーになりましたね。
白井
肩幅や身幅はゆったりしていますが、
クルーネックの襟ぐりは小さくしています。
佐伯
年齢を重ねてくると、
首元があいて肌が見えるより
つまっているほうが気にならないので、
襟ぐりは小さくしてもらいました。
着丈も長めで身幅をたっぷりとっているから、
なかに薄手のシャツを重ねられるかも。
もちろん、1枚で着ていただいても
かっこよく着ていただけます。

レディス クルーネックカットソー

O2
オールシーズン着られるコットンの
ハイブリッドラマという素材で、
クルーネックのタイプも扱わせていただきます。
佐伯
以前のロンTのかたちを見直して、
こちらも首元をつまり気味にしていただきました。
首元が開いているほうが
好きな方もいらっしゃると思いますが、
秋冬ということもあってネックは
きゅっとつまったデザインに。
白井
ネック部分だけゴム編みとも呼ばれる、
横方向に伸縮性の高いフライス編みなので、
襟ぐりがつまっていても脱ぎ着がしやすいと思います。
身幅は少し大きく、肩幅もやや広くとりました。
佐伯
ほんのわずかの修正ですが、
この差が今っぽさや着やすさにつながっていますね。
O2
素材選びに妥協のない白井さん、
そして女性を美しく見せるかたちを知りつくす佐伯さん、
まさに最強タッグですね。
今回も、誰に対してもおすすめできる、
すばらしいアイテムが出そろいました。
多くの方に届きますように。

(おわりです)

FIRO レディス スーパー180’s
エキストラファインメリノ
ハイネック
各¥24,200(税込・配送手数料別)

FIRO レディス コットンカシミヤ
ドロップショルダークルーネック
各¥22,000(税込・配送手数料別)

FIRO レディス コットンカシミヤ
ドロップショルダーハイネック
各¥23,100(税込・配送手数料別)

FIRO レディス クルーネックカットソー
各¥19,800(税込・配送手数料別)

FIRO レディス ハイネックカットソー
各¥19,800(税込・配送手数料別)

シェアする