人から人へ伝わるもの。
人から人が学ぶもの。
ほんとは、「学ぶ」はおもしろい。
新しい「ほぼ日の學校」がはじまりました!
アプリのなかで新しい学びを体験してくださいね。
どんな學校か、どんな授業があるのか、
わくわくする情報をお届けします!
ほぼ日の學校 アプリダウンロードはこちら

授業ラインナップ

ほぼ日の學校でいますぐ話を聞ける、公開済授業の一覧です。

※2021年11月22日更新

※公開順、敬称略。肩書は授業公開時のものです。

  • 2021/11/22

    デザイナーの目と手は、なにをしているだろうか。

    山中俊治(デザインエンジニア)

  • 2021/11/19

    ネットのうわさ、現場の“真実”

    高橋ユキ(傍聴ライター)

  • 2021/11/17

    海苔の本職が、海苔の世界と海苔の仕事を語る。

    相沢裕一(株式会社林屋海苔店代表)

  • 2021/11/15

    今日からぐっすり!熟睡のためのはなし。

    小林麻利子(眠りとお風呂の専門家)

  • 2021/11/12

    ロイロイロ流、こどもの才能の伸ばし方。

    三宅英明(音楽作家/ギタリスト)

  • 2021/11/10

    コネなし、経験なし、時間なし、無名という出発。

    中溝康隆(野球ライター兼デザイナー)

もっと読む

白石和彌×糸井重里

映画って「つくる」のがおもしろい。

2021年9月3日(金)公開

白石和彌監督の最新作『孤狼の血 LEVEL2』の公開を記念して、
ほぼ日の學校で糸井重里との対談を収録しました。
その一部をYouTubeで公開しています。

「ほぼ日の學校」
公式予告ムービー
「ほぼ日の學校」
開校直前ドキュメント
イトイのリーク!
ほぼにちの學校の、
先生たち。
「ほぼ日の學校」で授業を聞くことができる
8人の先生たちを紹介します。
もっともっとたくさんの先生たちが
「ほぼ日の學校」には登場しています!
06.21
COMING SOON
尾畠春夫
必死で「學ぶを學んできた」スーパーおじさん。
1分おためし動画
行方不明の2歳児を発見して世に知られることになった「スーパーボランティア」の尾畠春夫さんは、小さい頃から、なにもかもを「世間」で学んできた。緑綬褒章を受賞しても、なにも変わらずのねじり鉢巻。由布岳のふもとで、じっくりおもしろく語ってくれました。なにかしたくなる!
06.22
COMING SOON
みうらじゅん
みうらじゅんのベンチャービジネス論
1分おためし動画
冗談だと思って見はじめたら、すっかり染み入っていた。そういえば、みうらじゅんさんは実際にずっとベンチャービジネスをやってきた人だ。笑わせられているうちに、とても本質的なみうら流「冒険と仕事」の話が届いてきます。
06.23
COMING SOON
草場妙子
では、眉毛だけメイクしてみましょう。
1分おためし動画
雑誌や広告の世界でたくさんの支持を受けているヘアメイクアップアーティストの草場妙子さんが、こんな提案をしてくれました。眉だけのメイクをしてみて「美はひとつじゃない」ということを感じましょう。「あ、ほんとだ!」
06.24
COMING SOON
土井善晴
「これで、ええんです」の料理講座。
1分おためし動画
料理のおおもとは「人を思うこと」。土井善晴さんの料理の話は、最近よく言われる「自己肯定」を呼び起こしてくれるような気がします。自由だとか、人間らしさだとか、聴いている人をうれしくさせるような「食」の授業がここ。
06.25
COMING SOON
飯島奈美
飯島奈美が、おにぎりを本気でつくる…。
1分おためし動画
おいしいそうな料理の出てくる映画やドラマには、たいていフードスタイリストの飯島奈美さんがいる。彼女の本気でつくるおにぎりは、こんなふうにとんでもない。おいしそうで、おいしいおにぎり。まねしたくなります。
06.25
COMING SOON
川相昌弘
一切ボールを見てなくても、野球はこんなにおもしろい。
1分おためし動画
そんなことあるものかと思うでしょう。野球中継だって、ボールの行方を追っているものなのだから。でも、球場のボールのないところで、真剣で熾烈でおもしろい戦いが見えてくる。バントの名人は、野球語りの名人。
06.25
COMING SOON
矢野顕子
「音楽のまえがき」。あらためて音楽のことを、たっぷり。
1分おためし動画
シリーズになる予定なので、あえて「まえがき」と題しましたが、芯になるような思いが、すっと見えてきました。「ほぼ日の學校」だから出てくるような発見や発想が、これからもたのしみです。
06.25
COMING SOON
谷川俊太郎
谷川俊太郎「ことば」の授業
1分おためし動画
言いたいことを伝える。人の意思や気持ちを受けとめる。どちらも、ことばという道具が大切な役割をはたします。谷川俊太郎さんのご自宅で収録した、ことばの授業です。小さい子にも大人にも、きっと伝わる正直なことばを。
よみものも一緒にご覧ください。
壇蜜と、夢の魚肉ソーセージ。
だれもが発信できるこの世の中で、コピーライターにできること。
笑福亭鶴瓶×糸井重里 一生懸命、おもろく生きたい。
谷川俊太郎×糸井重里 詩人の気持ち。
みなさんのアイディア、こんな風に実現します。