HOBO NIKKAN ITOI SHINBUN

編んで着て(ときどき)うろちょろするわたし

ニットデザイナー・三國万里子さんが
日々のあれこれを写真と文章でお届けします。
編みものの話はもちろん、洋服のことや
街で見かけた気になるものなど、テーマはさまざま。
三國さんの目を通して世界をのぞくと、
なんでもないことにたのしさを見いだせたり、
ものづくりへの意欲を呼び起こせたりする‥‥かも?
期間限定、毎週火曜と金曜に更新予定です。

三國万里子さんのプロフィール

2018-12-14

わたしの住むマンションから20分ほどのところに
広い池を囲む、森のような公園があります。
わたしはじぶん一人でそこを
「リトル尾瀬」と呼んでいるのですが、
野生の水鳥の種類が多く、
運が良ければ手のひらほどの大きさの
メタリックな青いカワセミが、
池に差し伸べられた枝の上で
すましている姿も見られます。
休日はこれらの鳥を撮影に訪れる人々で
池を囲む細い木道がいっぱいになることもありますが、
平日は程よく静か。
池の端のメタセコイヤの下にイーゼルを並べ、
対岸の弁天堂を描く人々に混じり、
わたしもベンチに腰をかけて編みものをします。
持参した魔法瓶のコーヒーをカップに移し、
西荻窪の焼き菓子屋さんで買った
レモングレーズケーキを少しずつかじるのも楽しみです。

今日は「アランのケーブルキャップ」のような
ニット小物に使えそうなパターンを、
古い編みもの本から拾い出して
スワッチを編みましたよ。
こんな日に着るのは、
のびのびと動けて仕事がしやすく、
たくさんのケーブル柄が暖かい空気の層を作ってくれる、
Miknitsのropes
ボトムはAKANE UTSUNOMIYAの、
黄色と黒の対比が目を引く
ガンクラブチェックの
ウールスカートにしました。
このスカートは
ポケットの生地がヘリンボーン柄に
切り替わっているのが楽しく、
すっきりとした形もきれい。
はいているとよく誉められる、
びじんさんです。

今日のアクセサリーは、少し風変わりな蝶のペンダント。
購入した骨董屋さんによると、
ヴィエナ・ブロンズ(ウイーン発祥の
ブロンズ細工の工芸品)というもので、
現し身(うつしみ)では儚いモンシロチョウも、
ほぼ、100年以上昔に作られたという
当時のままの姿をとどめています。
そもそもは職人が「リアルさ」を
追求してこの姿になったのでしょうが、
そこに経年によって寂びた落ち着きが加わり、
今はおそらく、新品の時より身につけやすい。
ただこの蝶々、背中のみならず、
お腹の方もばっちりとリアルに作られていて、
虫が苦手な方には「おっとっと」、
という感じかもしれません。

モンシロチョウはさなぎの姿で越冬するとか。
「リトル尾瀬」の周りには、地区特産の大根畑も広がっているので、
今頃きっとたくさんの蝶が、深い眠りの中にいることでしょう。
彼らはどんな夢を見るのでしょうね。

2018-12-11

突然ですが、今回のコーディネートのテーマは
「忘年会に向かう現代の魔女」です。
ライトな「ゴスのコスプレ」でもありますね。
ひたひたと日常を生きるわたしたちにも、
時にはなりきりプレイ(演劇)をする
シチュエーションがあるといいと思うんですよ。
年の暮れ、電飾に彩られた魔都、東京の夜に
こんなカラスみたいな格好をして出かけて行く。
忘年会で待ち合わせる相手は
古馴染みの友達だから、
まあ理解はせずとも
おもしろがってくれることでしょう。

今回はケープ(写真2枚目の上衣)とパンツが黒のため、
iPhoneのカラーモードで写真を撮ったら
色が潰れてぺったりしてしまったのですが、
試しにモノトーンモードにしたら
質感や「おうとつ」がはっきりと出ました。
ちゃんとしたカメラは、わたし、
全く扱えないんですけどね。
iPhoneXは、優秀です。

さて個々のアイテムについて簡単にご説明します。
今回の主役は先述したウール地の黒いケープ。
100年ほど昔のフランスのものです。
巧みなフリルの使い方と、
(ヨーロッパ人の中では比較的小柄な)
フランス人女性の上半身をきゅっと抱きしめるような
立体的なカッティングの妙があいまって、
とてもドラマティックで美しい。
アートピースと言っていいような、
たまに取り出しては飽かずに眺める、大好きな服です。

上半身のベースに着たのは、
ケープと同時代のフランスのブラウス。
きめの細かいコットン地で襟はスタンドカラー、
写真には写っていませんが、
身頃におそろしく繊細なピンタックが施されています。
その上にmiknitsのフェアアイル編みのベスト、「tie」。
蝶ネクタイの柄のニット地が、
モノトーンの布帛の組み合わせに
愛嬌を添えてくれます。
ボトムは同じくフランスのブランド、
Chloe(クロエ、eの上にアクセント記号がつきます)の
ハーレムパンツで、上半身と
ボリュームのバランスをとります。

襟元につけたブローチは、
イギリスのジョージ王朝時代に作られた
銀の小さなネズミ。
このコーディネートでは魔女の「使い魔」という設定です。
体長4.5センチ、うちしっぽは2.5センチで、
胴体には直径0.2センチほどのペーストグラスが
一面に爪留めされています。
目もガラス製で、(写真には写っていませんが)
右目だけなぜか深い赤色なのは、
魔女の心をさっと読み取り、
自分たちの道行きに潜む小さな障害を
先回りして取り除いてゆくために
違いありません。

足元は、これもフランスのブランド、
Isabel Marant のレースアップのぺたんこ靴。
ハトメから差し込む光が作る影が美しくて、
いつもは本棚に飾って満足しているのですが、
忘年会のときくらいは履くことにしましょう。

そう。忘年会ですもの、
持ち物はiPhone と財布だけと決めて、
ポートランドのヴィンテージショップで買った
ビーズの小さなパーティーバッグを肩に下げ、
仕上げにロンドンの
ヴィクトリア・アンド・アルバート・ミュージアムで買った
フェイクファーのピルボックス・ハットをかぶります。

書いているうちに気分が盛り上がってきました。
何はともあれ、友達を忘年会に誘わなきゃ。

2018-12-07

今日は「うろちょろ」。
わたしがときどき楽しみに出かける
古道具と雑貨のお店、
SAML.WALTZ(サムエル・ワルツ)」をご紹介します。

お店の場所は、吉祥寺市の本町。
駅から歩くと10分くらいの距離でしょうか。
吉祥寺駅を北口で降りて
東急百貨店の先の道を左に入り、
輸入玩具の「ニキティキ」を過ぎて、
少し行った右手のビルの2階に
このお店はあります。
吉祥寺はよく行くけれど、
あの辺りにそんなお店あったっけ?
と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。
たしかに「サムエル・ワルツ」は
少し見つけにくいお店です。
開けているのは金曜、土曜、日曜と
国民の祝日だけですし、
看板が控えめなので、開いている日でも
見過ごして通り過ぎてしまう可能性もあります。

そのお陰なのか、だいたいいつ伺っても
それほど店内が混んでいることはありません。
ゆったりと一つ一つの品物を見せてもらって、
店主の保里(ほり)さんがいらっしゃる時には
買い付けや、物の修理などについての
興味深いお話を、色々と聞かせていただいています。

お店に並んでいるのは、
8割がたが、古いもの。
保里さんがイギリスや北欧で買い付けてきた
食器や照明といった道具、
オブジェにギターなどです。
わたしがそれら、保里さんの目が通ったものたちに触れて
しばしば感じるのは、
静かなユーモアと生真面目さです。

たとえば人間になぞらえてみると、
そういう人、思い当たりませんか?
物静かで優しくて、時々おかしな冗談を言うような人。
友達になってほしいタイプ。
そういうキャラクターを持っているということは、
ものが人の生活の中で役に立ちつづけるために、
とても大切なことではないかという気がします。
わたしたちは、友達や家族と付き合いながら
少しずつ影響を受けていくように、
ものからも毎日影響を受けながら、生きていますからね。

さて、少し写真の説明を。
まず、この陶製のカブトムシは
フィンランドの陶器メーカー、
ARABIA社が50〜60年くらい前に
作っていたオブジェで、
Taisto Kaasinenという
デザイナーによるものだそうです。

お父さん、お母さんと
こどもカブト、といったところでしょうか。
家族3匹合わせても
片手に載るくらいの大きさです。
つやつやでずんぐりしていて、とてもかわいい。
こういうちょっと男の子っぱい
ものが多いのも、このお店の特徴だと思います。

鹿が描かれたお皿はロールストランド社のもので、
100年くらい前のもの、とのこと。
一人暮らしの人がこれを買って行って、
あんまり気に入りすぎて、
毎日何でもこれに盛り付けて食べる、
なんていう図を想像します。
大きめのカレー皿くらいのサイズです。

革製の小さい手帳はスウェーデンのもので、
中に格言らしい文章が載っていたり、
イラストが入っていたり、
作られた場所や時代を感じさせて、おもしろい。
「お店が顧客に配ったものじゃないかな」、と保里さん。

リビングで音楽を楽しむために作られた
小ぶりな「パーラーギター」を抱える保里さん。
この時はビートルズの「Black Bird」を
少し弾いてみせてくれたのですが、
それはそれは優しい音色で、とても素敵でした。

この写真を撮った日に、
わたしもいいものをふたつ買いました。
どちらもスウェーデンで作られたもので、
ひとつは手彫りの木のスプーンと、
もうひとつは銅製のお菓子の型です。

スプーンは、なんと柄の先に
小さなボールがくりぬかれて収まっています。
食べ物をすくう「皿」の部分には、
野ばららしい模様が彫ってあって、
スプーン一本を花に見立ててるようにも思えます。
わたしはこれを、我が家でよく作る
煮豆を取り分けるのに使うことにしました。

お菓子の型の方は、懐かしい物語の
1シーンがレリーフとして打ち出されています。
童話『ニルスのふしぎな旅』の、
ニルスとガチョウのモルテンです。
ニルスを乗せて飛ぶモルテンの
表情と姿が一生懸命でいじらしく、ひと目で惹かれました。
ただ、わたしはお菓子はあまり作らないのです。
どうしよう。
かわいいというだけで買って行ってもいいものだろうか。
あるはっきりした用途のために作られたものなのに。
こういう場合、わたしはあきらめることもよくあるのですが、
今回は買いました。
用途は後で考えればいい、ということにしたのです。

家に戻り、さっそくこれを片手に
部屋の中を歩きまわりました。
自分が朝起きてから夜寝るまでの間にすることを、
一つずつ思い浮かべながら。
直径8センチ強の浅い金属製の容器を使う機会は、
わたしの生活のどこかに、あるかな……?
うれしいことに、わりとすぐにそれは見つかりました。
仕事中に飲むコーヒーを入れる、
マグカップのカバーになってもらえるといい。
編みものをしながらコーヒーを飲むと、
時々毛糸の埃がカップに入ってしまうのが、
長年のちょっとした困りごとだったのです。
試しに愛用のマグにかぱっとかぶせると、やっぱり!
あつらえたよう、とまではいきませんが、
なかなかいい塩梅です。
それからというもの毎日、
編みながらコーヒーを飲むときには
このニルスとガチョウのモルテンに
マグカップを守ってもらっています。

こんな小さいものではあっても、
昔の人たちが込めた、
「いいものにしよう、人を和ませよう」という気持ちは、
古くなることで失われるのではなく、
時間を経て一層よく見えてくるような気がします。
また、そういう気持ちとともに作られたものだからこそ
人に大切にされて残って、
保里さんのような目の利く人に、もう一度、
違う場所での生かされ方を与えられるのでしょうね。
そばに置いて使えることがありがたい。
ものに日々励まされて、わたしもものを作るのですよ。

2018-12-04

ルーマニアの古い刺繍の布。
この花はスノードロップかしら。
黒い生地はしっかりと厚手で、
おそらく手織りのコットンではないかな?
もっとしっかりお店の人に聞いておくんでした‥‥。

この布、今の時期は腰にぐるぐると巻いて、
端をキルトピンで留めて
スカートにしています。
Miknits2018のkinokoのカーディガンを合わせると、
なんだか森の匂いがしてきそうではないですか。
カーディガンとスカートが濃い色なので、
シャツとバッグを白にすることで、
軽みを出しました。

プラスするアクセサリーは身につけていると落ち着く、
わたしの古なじみ三点セット。
この中で一番新しいのは真珠のピアスで、
母から結婚祝いに贈られたものです。
それもなんと、もう20年以上も昔のこととは。

2018-11-30

BETTER IT IS TO GET WISDOM THAN GOLD.
金より叡智を得る方がいい。

ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバートミュージアムで
買ったバッグですが、実は文言が直球すぎて、
持つときに少し照れ臭いのです。
なのですが、グラフィックとしてかっこいいのと、
厚手のコットン生地で、
重いものをたくさん詰めても平気な丈夫さがありがたく、
資料をどっさり持ち運ぶ日には重宝しています。

さて、このバッグから始まるコーディネートって、
たとえばどんな?
ええと‥‥。
「スコティッシュ」はどうでしょう、
イギリスつながりということで。
目の覚めるようなロイヤルブルーのセーターは
古着屋で見つけたもので、素朴なタグがかわいい。
どこのメーカーとも書いておらず、ただ
「100% Pure Cashmere MADE IN SCOTLAND」とあります。
スコットランドは今も
カシミヤのニットを得意としていますが、
特に昔のものは、ブランドのものではない、
こんな名のないメーカーのものもすてきです。
どこが今のカシミヤと違うかといえば、それは「厚み」。
着古された中古のセーターでさえ、
それなりにしっかりした手応えが残っていて、
その厚さが生む、とろんとした手触りと
暖かさがすばらしいのです。
昨今の手頃なカシミヤセーターは、少し薄手すぎて、
寒がりなわたしには物足りない気がします。

スコットランドといえば、もうひとつ忘れてならないのが
シェトランド諸島のフェアアイルニット。
このコーディネートで首に巻いた
Miknitsの「すみれのマフラー」は、
Made in Japan by Mariko、つまり
わたしが編んだから日本製ですが、
使った糸はJamieson’s というメーカーの、
「Shetland Spindrift」。
かの島の羊の毛を、島の工場で染めて紡いだ、
丸ごとシェトランド諸島の産物です。
この糸のことは話しだすと長くなっちゃうので
今は省略しますが、それはそれは美しい色糸で、
これで編む時間は、ひとことで言うと、至福です。

今日のアクセサリーの主役は
ヴィクトリア朝イギリスの指輪。
叡智を表す鳥とも言われる「フクロウ」が、
輪の上に載っています。
銀の体に散りばめたのはダイヤモンド、
足先には金の止まり木。
今日の文頭の格言など、どこ吹く風というような、
小さくてゴージャスで、賢い風貌のフクロウです。

そうね、ほどほどの金ならば、叡智を邪魔しはしないと、
わたしも思うんですよ。

2018-11-27

Miknits2018、swirl
部屋ばきによし、お出かけにもよしの
厚手のモヘアの靴下です。
合わせたのは「Arts&Science」のごついサンダルと、
「Paul Harnden」のどた靴
(とわたしは呼んでいる、でも大好きな靴です)。
重量感のある履きものと相性がいいですね。
スリッパはMiknitsの撮影の後で、
スタイリストの岡尾美代子さんからいただいたもの。
「もこもこ」プラス「もこもこ」による摩擦係数の上昇で、
家中忙しく走り回っても、脱げにくいし、
言わずもがなですが、すごーくあたたかいです。
足があたたかいと、わたしはなぜか首と頭の力が抜けて、
ふわっと楽になる感覚があります。

2018-11-23

「ロッキー・ホラー・ショー」の
Tシャツを引き出しの隅に発見し、
おお、なつかしい、
久しぶりに着てみようじゃないか、と
コーディネートしました。

なかなかアクの強いTシャツではありますが、
あまり難しく考えず、いつもの服を合わせます。

古着(Tシャツ、茶色のカシミヤのカーディガン、
リーバイスのジーパン)に
古いアクセサリー(ヴィクトリアンのピンキーリング二つ、
ピストルのチャームのネックレス)、
そこに自分で作ったサムシング
(Miknitsのカシミヤストール、starry)をプラスして、
ピアスとバッグだけは新品で買ったもの。

こんな感じに年代やタイプの違う
アイテムを混ぜて着ると、
わたしだなあ、と思えて落ち着きます。

赤いチェーンバッグ、かわいいでしょう?
イギリスのMimiというブランドのものです。
値段もかわいくて、たしか2万円台でした。
財布とiPhoneと、薄い文庫本くらいしか入らないし、
案外ずっしり重いのですが
(チェーンが武器になりそうなくらい
しっかりしているのです)、
それでも素朴でキュートなところが気に入って、愛用しています。

2018-11-20

夏の間に活躍した薄手のワンピースを、
寒さが厳しくなる前にもう少し着たい、
と思うこと、ありませんか?
わたしはあります。
そこで、天気のいい初冬の東京を
こんな格好でうろちょろしています。

「木漏れ日をそのまま布にした」
というような柄の薄い絹を、
細く細くプリーツにして、
柄の一色とぴったり合った裏地をつけ、
裏地の共布を肩のストラップにした、
フランスのヴィンテージのサンドレス。
タグがついておらず、
作りにホームメイドらしい特徴が見えます。
一体どんな人がこんな詩的な服を作ったのだろう、と
ぼんやり見つめているうちに時が過ぎるような、
そんなワンピースです。

合わせたのはMiknitsのhoneybee柄のカーディガン
シルクのふわふわプラス、モヘアのふかふか。
これだけだと風を通してしまうので、
間に少し厚手のダンガリーシャツを挟みます。

アクセサリーは、
おそらくワンピースと同じ年代に作られた、
水色のプラスティックに
ラインストールを散らしたバングル。
猫のイヤリングは表情がおかしいでしょう?
これも古いもので、
ベースになっている白いプラスティックは、
カゼインプラスティックといい、
牛乳を原料にして作られたものなのだそう。
猫とくれば、ということで、指輪はネズミ。
イギリスのヴィクトリア時代の、
おそらく子供用のもので、
わたしはピンキーリング(小指用)にしています。

2018-11-16

こんにちは、三國万里子です。
仕事はハンドニットのデザイナーで、
ほぼ日では「Miknits」という
編みもののキットとグッズを扱うお店を
仲間と一緒にやっています。
なかなかかわいい、いいお店なので、
よかったらたまにのぞきにきてくださると
とてもうれしいです。

さて「編んで着て
(ときどき)うろちょろするわたし」という
コンテンツをここに始めることになりました。
ごあいさつ方々、どのようにして
この場所ができたのかをお話しさせてください。

ひと月ほど前のこと。
ほぼ日で担当していただいている渋谷さんに
「三國さん、インスタグラムをやってみませんか」と
声をかけていただきました。
「それは同時に、ほぼ日でコンテンツにもします」とのこと。
そうね、何かしらできるといいよね、
でも自分に、人にお見せできるようなものがあるかなあ、と
しばし考えました。
わたしは都内の私鉄沿線の賃貸マンションに
家族3人で慎ましく暮らしていて、
日々取り立ててゴージャスなことなどないし、
スーパー主婦でもないし、
キラキラした人付き合いもありません。
わたし自身は仕事も家事も楽しくやりはしますが、
とくに「ここがすごい」といえるようなことはない、
ふつうの女で、母で、職業人です。

ないない尽くしですみません、
でもお話を引き受けました。
それは、わたしにも何か言えるようなことが、
ちょっとはあるかもしれないと思ったからです。
それはわたしの中の
「ものが好き、着ることが好き」という部分についてです。

わたしのクロゼットには年月をかけて集めてきた
洋服やアクセサリーがそれなりに
(おそらく一人の女性のワードローブとしては十分に)あって、
引き出しを開けてそれらを見る時、
わたしはほのぼのとうれしい気持ちになります。
「やあやあ、また会えた」
という気持ち。
あなたたちを着ることで、今日のわたしは出来上がる。

ブラウスを一枚手に取り、そこにスカートを合わせ、
気温に応じてニットの厚さを考え、
下着を決め、合う靴は何か、アクセサリーはどうしよう、
コートは、バッグは‥‥。
とたあいなく、ひととき集中します。
それは一人でする「おままごと」のようなことです。
着ることは、誰にとっても
それぞれに楽しいことであると思うのですが、
わたしは多分その楽しさが、平均より濃いのではと思います。
もう若くもない割には、
「似合う服がわからなくなった」
というようなことがないのも、
毎日小さく悩んでは
答えを出し続けているからではないかと思います。
そして、その小さく悩むことがわたしには楽しいのです。

そういうわけで、ここでは、
わたしの「着る」にまつわることを
主に書いていこうかな、と思います。
偏愛し、仕事にまでなっている「ニット」は、
中でも登場の機会が多いことが予想されます。
わたしがデザインした Miknitsのニットも
しょっちゅう現れると思いますが、
それらも他の、諸々の服たちと
同列に眺めていただけると幸いです。
(もちろん、いっちょ編んでみるか、と思っていただけたら
それはとてもうれしいことですが)

さて、すみません、始める前に
ひとつ言い訳をしておきます。
ここにこれから書く文章には、
洋服や、ものの説明の一部として
しばしばブランドや、お店の名前が出てくると思います。
それはある人にとっては意味があり、
他の人にとってはなんのことやら、
ということだろうと思います。
わたしには、それはものの来歴と結びついている
確かなことでもあり、書くわけですが、
もしみなさんにとって面倒なら
読み飛ばしていただければと思います。
おままごとに使う「あかまんま」の花が
イヌタデのことだ、なんて知らなくても
遊びにはなんの差し障りもなく、
お赤飯召し上がれ、
ぱくぱく、ちょっと固いわねえ、
なんてやって終われるのが、遊びとして
気楽でいいと思いますから。

ええと、あと言っておくことはあるかな?
そうですね、「うろちょろ」の内訳として、
「買う」や「見る」
「会う」や「作る」なんかがあるんじゃないかな、と思います。

まだどうなるか、自分でもわからないですが、
楽しんでもらえるといいなあ、と思います。

どうかよろしくお願いいたします。