『大玉』をやってみたよ!

 
ほぼにちわ。
このところすっかり、このページでは、
DSのソフトを中心に紹介おりますが、
たまには「ゲームキューブ」の
ソフトも紹介させてくださいな!
今回とりあげるのは、発売されたばかりの「大玉」です。

「大玉」は、「ほぼ日」でも連載している
斉藤由多加さんがつくったゲームです。
斉藤さんのコンテンツでも、作者自らその開発の様子や、
ゲームのすがたをおしらせしてきましたし、
大玉のオフィシャルサイトでも
いろいろな情報が配付されていたので、

「ピンボールゲームらしい」
「海外で評判になっているらしい」
「戦国時代が舞台になっているらしい」
「釣り鐘を運ぶらしい」
「戦略がだいじらしい」
「大滝秀治さんがナレーションをしているらしい」
「マイクを使うらしい」

‥‥と、そういったことは、わかっておりました。
なにしろ戦国でピンボールでマイクで大滝秀治さんです。
これは楽しそうではないですか!

▲こんなゲーム画面です。

しかしそのように「とても身近で、知ったつもり」
にはなっていたものの、やはりやってみないことには、
ほんとうのおもしろさを体感できないのではないか!
(あたりまえですよね‥‥)
ということでこの「大玉」を、
乗組員3人でプレイしてみました。

あ、3人といってもこの「大玉」というゲーム、
「3人でのプレイを推奨」しているわけではありません。
必要なプレーヤーはひとりです。
でも説明を読んでいるうちに、
「これは、何人かで、わいわい戦略を語りながら、
 プレイしたほうが、楽しいんじゃないだろうか?!」
と、思ったのです。直感です。
そしてその直感はあたりました!
そうです、そうやってやってみたら、
たいへん面白かったのでした。

☆3つのことがいっぺんにできるんだろうか?!

参加したのはシェフ+モギ+山田さんです。
山田さんというのは弊社CFOでもある山田真哉さんです。
山田さんは会計のプロでもありますが、
たいへんゲームが好きなのです。
なにしろ『MOTHER3』を
我が社で最初にクリアした男です。
戦略会議にいてもらったほうがいいに決まってます。
シェフとモギは、ゲームにはあまり詳しくないながら、
ピンボールは大好きです。
というわけでわれら3人、
会議室の大画面液晶テレビを占拠して床に座り込み、
説明書どおりゲームキューブのコントローラに
マイクをセット。ゲーム開始とあいなりました。

舞台は戦国の合戦場。
敵味方に陣地が分かれており、
味方の兵と「釣鐘衆」とよばれる、
釣鐘をかついだふんどし男たちを本陣から出発させ、
敵兵をおしのけながら、
相手の陣地にあるゴール門に突入させる、
というものです。
味方の兵と釣鐘衆は、「マイク」で指揮。
つまり声の仕事です。

で、「大玉」というのは、味方の武器で、
人の背丈より遙かにでかい玉を
その合戦場に、左右のフリッパー(ゲーム内では
「振り場」と言います。‥‥ダジャレ?)で
打ち込んでいきます。これは指の仕事です。

▲手前の中央が本陣で、その左右に「振り場」が!

つまり、「画面を見て、声で指揮しながら、
指で大玉をあやつる」ことが、
勝つうえで、重要になるわけです。
‥‥目で見て、声で指揮して、指で操作する。
と、むずかしいことのように思えますよね。
ハイ、正直、最初はむずかしかったです。
なかなか、いっぺんにできないのです。
画面を凝視してると指がおろそかになるし、
指をうごかしていると声が出ないし、
見るにしたって、敵味方の兵と、
大玉の両方をちゃんと見る、
ということもなんだかおぼつかない。

☆できるようになると、ものすごくうれしい!

それでも、なんとかなるものです。
大滝秀治さんのナレーションに導かれて、
練習しつつ進んでいくうちに、
だんだんできるようになってきました!
「押せ!」とか「右!」とか「集まれ!」とか、
最初はちょっと恥ずかしかった掛け声も、
ちゃんと出せるようになります。
なにしろ、自分の掛け声で、
ほんとに(ゲームだけど)兵たちがわらわらと、
進んだり方向を変えたり集まったりしてくれるんですよ。
つまり指揮官である自分に
彼らの命運がかかっているわけです。
掛け声ひとつとて、おろそかにできません!
しかし、そう冷静になれないのも戦というものでしょう。
間違った指示も出してしまいます。
ほんとは「右」に行かせたほうがいいのに
「左! あ、右! 押せ! 押せ! あ、やばい!」
なんてやっていると、
どうやら兵たちの信頼を失うらしいのです。
「この大将についていって、大丈夫なんだろうか」と。

▲指示がわるくてやられちゃうと、自分への信頼がへる!

結果、兵たちが思うように動かなくなり、
本陣に攻め入られ、負けとなる。
そういう経験を積みながら、
だんだん、戦国の武将として成長していくのです。

☆3人寄ればなんとやら!

さて、そんななか「3人いてよかった」と思ったのは、
それぞれがすこしずつスキルアップしていくなかで、
戦略がたてられるようになってきたことです。
「この合戦場の地形だと、
 釣鐘衆をまっすぐ進めてから、
 左に兵をみちびいてガードさせつつ、
 まわりこんでゴール門を目指したほうがいい」とか
「左上にハシゴがあるから
 大玉であれを倒して使おう!」とか、
うまく思いつくようになるわけです。
しかし。そういうことって、なかなか、
プレイ中には考えがおよばないんですねえ。
でも人のプレイするところを見ていると、わかる。
なので、プレイしていない人には、観客ではなく、
「参謀」になってもらうという方法をとりました。
(このゲーム、見ているだけでも、
 ラグビーとかの戦略的なチームスポーツを
 見ているような雰囲気があるんですよ。
 だからつい熱中しちゃうんですね。)
たとえばぼく(シェフ)が
コントローラを持っているときは、
モギが大玉のゆくえを見守り、合戦場に配置されたものを
どう壊していけばよいかを考えてもらう。
山田さんには、兵のうごきを見てもらいつつ、
攻めるべき方向を見定めてもらう。
合言葉はリラックス!
肩に力が入ると、ろくなことがないからねえ。
そんなふうにプレイヤーを交替しながら、
たっぷり2時間、遊びました。

ぜんぶで11ある陣のうち、
制覇したのは2陣まで。
それでも、いやあ、思いの外、汗をかいた!
けっこう興奮して叫んでいるのでノドもからからです。
これ自宅でやるときは注意が必要ですね、窓しめましょう。
ほんと、つい、でっかい声で「押せ〜〜〜〜っ!」だもの。
ということで、興味のあるかたは
ともだちをさそったりして、ぜひやってみてくださいね。
では!

「大玉」の任天堂公式サイトはこちら、
大玉特設サイトはこちらです!
2006-04-28-FRI