すくすくと天までのびていったジャックの豆の木も、
芽を出す前は、ただのちっぽけな豆粒でした。
才能も、このジャックの豆粒みたいなところがあります。
芽を出してのびれば見上げるような大木になるのに、
その可能性を秘めたまま眠っている才能がある。
少ししかのびられない土地に埋もれた才能もある。
ゲームづくりの世界も、例外ではありません。
もったいない。残念だ、と思います。
すくすくのびるジャックの豆たちに、呼びかけて
集まってもらおうと思いました。
育ってもらう土地はあります。任天堂の怪物マシン
(いわゆる64ビット機)のソフト開発という仕事が
待っています。私たちには水や肥料をやる手伝いを
させてください。
狭い意味でのゲームづくりにとらわれず、プログラム、
ゲームデザイン、アニメーション、CG、演出、脚本、
アイディア……さまざまな分野で腕力を見せてくれる人
(チーム単位もOK。事情があって開発が止まっている
ソフトも見てみたい)に会いたいのです。
例えて言えば、新しい映画をつくるためにスタッフや
俳優を集めるといったようなものでしょうか。
当然、チャンスも大きいけれど、「生活の安定」やら
「勉強になりそう」などというヒヨワな動機で
来てもらっても困ります。あなたの実力(パワー)に、
本気で期待しているのですから。

1.まず、「自分のやりたい仕事」を明記して、実力や
経験をプレゼンテーションする手紙を書いてください。
プレゼンテーションは郵便で送れる範囲で、
型式は自由です。これに、履歴書を同封して、
別記の宛先に送ります。

2.この手紙は、4人の評議委員が読んで、全員に返事を
出します。返事に「面接希望」と記されている方とは、
次のステップの話し合いをすることになります
(約100名ほどにしぼらせてください)。
面接の日時については、そこでお知らせします。
場所は東京都内のホテルになる予定です。

3.「ジャックの豆の木計画」に応募する方は、
18歳以上の、プロとして(東京で)ゲーム制作の仕事に
つける方に限らせていただきます。
経験者については、応募についての秘密は厳守します。
アルバイト的参加は、原則としてお断りします。

4.面接および書類審査は、次の4名の評議委員が
責任をもっておこないます。

ジャックの豆の木計画
糸井重里 糸井重里
コピーライター
岩田聡 岩田聡
プログラムディレクター
HAL研究所代表
中村光一 中村光一
ゲームプロデューサー
チュンソフト代表
宮本茂 宮本茂
任天堂情報開発部

5.プレゼンテーション応募締切は、3月20日(消印有効)
です。直接の電話によるお問いあわせは一切お断りします。
また、郵送以外の方法でのプレゼンテーションは、
認めませんので(全員同じ条件でスタートしてください)
そのむねご理解ください。

【宛先】〒107 東京都港区赤坂8−4−17 赤坂郵便局止
    「ジャックの豆の木計画」係


まめ

 


戻る