『MOTHER2』ふっかつさい開催記念対談


はじめてのひとも、
もういちどのひとも。
はじめてのひとも、
もういちどのひとも。
なぜか寡黙な作者 糸井重里 × うれしそうな企画者 岩田聡

with(この件についてはベテラン進行役 永田)
第1回 『MOTHER2』のはじまりは。
第2回 いろんなところに思い出がある。
特別なゲームの寡黙な作者。
うれしいお知らせです。
糸井重里がつくった名作ロールプレイングゲーム、
『MOTHER2 ギーグの逆襲』が、
Wii Uでダウンロードして遊べることになりました!
しかも、「Miiverse(ミーバース)」という
ネットワークサービス上の場で
わいわい思い出話をすることもできるんですって。
はじめてのひとも、もういちどのひとも、
ぜひ、遊んでみてくださいね。
『MOTHER2』といえば、このふたり、
糸井重里と任天堂の岩田聡さんが話します。
進行は、「ほぼ日」の永田です。

第3回
特別なゲームの寡黙な作者。

岩田 どうして『MOTHER』というゲームが
特別なのかということを考えると、
やっぱり、糸井さんの存在だと思うんですよね。
ゲームをつくってる人のなかに
糸井さんのような人がいないから、
『MOTHER』のようなゲームがないんですよ。
糸井 そうなのかなぁ(笑)。
── そうだと思いますよ。
岩田 『MOTHER』って、大きなフォーマットのうえでは
日本的なRPGの作法に沿ったもので
そこはむしろ、特別なものではないと思うんです。
なのに、総合的には、くらべるものがないくらい
個性的なゲームになってますよね。
それは、あのゲームのなかに糸井さんが詰め込んだ、
おもしろいこととか、切ないこととか、
常識はずれなこととか、くだらないこととか、
ぜんぶの遊びが影響していると思うんです。
── たしかに、『MOTHER』のなかに、
それまでのほかのゲームにはなかった
遊びとか仕掛けって、いっぱいありますものね。
糸井 写真撮りにくる人とかね。
ふたり はいはいはいはい。
糸井 ピザ屋とかね。
── あのピザ屋さん、
自分が行けない場所に主人公たちがいると、
なんか「ムリでした」みたいな
電話かけてくるんですよね。
糸井 わざわざね(笑)。
── しかもちゃんと時間差があるのがいいんですよ。
そうとう歩き回ったんだろうなって。
糸井 うん。そのあたりはね、丁寧。
岩田 はい、丁寧です(笑)。
── その細やかさもポイントですよね。
おもしろそうなネタやアイデアをポンと入れてあるのは
ほかのゲームでもあると思うんですよ。
でも、そのネタのまわりを
同じようなくだらなさとか、
くだらなさゆえの心配りとかで
きちんと仕上げてるのが『MOTHER』なんです。
糸井 さっき話に出た、
「そろそろ休憩したほうがいいんじゃないか?」
って言ってくるパパにしても、
言うだけ言って、引っ込むしね。
── そう、もっと遊ぶって言うと、
「そうか、地球の危機だからな」って言うんですよ。
岩田 そうそう(笑)。
── 「そろそろゲームやめたら?」って言っておいて、
断ると「地球の危機だからな」って‥‥。
糸井 ああいうのは、
つくってても遊んでてもおもしろいよ。
岩田 やっぱりね、ないんですよ、あんなものは、ほかに。
── うん、ないですね。
糸井 そう考えると、けっきょく、まぁ、
似たようなことずっとやってますけどね、ぼくは。
── そうかもしれない(笑)。
糸井 やっぱり、やってる側の景色、
おもしろがってつくってるこっちの景色が、
ゲームにリアルに映り込んじゃうんだろうね。
岩田 あと、糸井さんは、ご自身がテレビゲームを
夢中になって遊んだ経験がしっかりあるから、
そういう意味での遊び手本位の部分と、
それから、ふつうのゲームをつくる人が
まったく経験していない
さまざまなことを経験してきたこととが
両方セットになって、
独自の個性につながってるんじゃないですかね。
── そうですね。
あと、『MOTHER2』って、糸井さんだけじゃなく
関わったスタッフの方も独特なんですよね。
たとえばアートディレクターの大山功一さんも、
ゲームのグラフィックを手がけたのは
この『MOTHER2』だけだとお聞きしてます。
で、音楽も、鈴木慶一さんと田中宏和さんという
ほかのゲームにはない組み合わせで
『MOTHER』にしかない音楽をつくられているわけで。
糸井 ふり返ってみると、そうなんだねぇ。
岩田 そういうぜんぶが凝縮して、
「『MOTHER』でしかないもの」を
生みだしているんでしょうね。
だからこそ、20年近く経っても
みんな憶えてるわけで。
糸井 そうなんだよねぇ。
あの、自分が書いててうれしかったセリフをね、
みんなが憶えててくれるっていうのは、
ほんとうにうれしいんだよ。
そんなことってさ、ないもの。
岩田 ああー。
糸井 「あのセリフが忘れられません」って、
すらすらことばを諳んじるようなものって
ちょっとほかにないですよ。
岩田 やっぱり、ゲームって、じぶんで操作して、
インタラクティブに関わる娯楽ですから、
刺さり方が独特で、強いんですよね。
感動して涙が出るみたいなことから、
「くだらない!」って笑ったりすることまで、
自分の中にしっかりと刺さり続けてるというか。
── しかも『MOTHER』は、
刺さり方が、人によってさまざまというか、
もう、雑多に刺さってますよね。
岩田 そうなんです。
いろんな人が、いろんな場面を憶えている。
── 実際、そういう声が、
ほんとにいまだに届きますけど、
糸井さんはそういう声を受け取って、
いかがですか。
糸井 ‥‥まいったね。
ふたり (笑)
糸井 ぼくは、いつも、『MOTHER』については、
当事者過ぎて、無口になっちゃうんだよ。
ありがたいし、うれしいんだけど、
言うことがあるかというとあんまりなくて、
こう、聞いてるだけになっちゃう。
ま、そういう声に対して、つくり手としては、
続きをつくるというのが
いちばんの「ありがとう」なんだろうけど、
それはもう、ないのでね。
だから、なんだろう、うれしいけど、
無口になっちゃうんだよ。
岩田 ああ、なるほど‥‥。
永田さんは、遊び手のひとりとして、
作り手の糸井さんをそばで見てるんですよね。
そういう目から見て、どうですか。
── そうですね、本人は、ほんと、
『MOTHER』に関しては、そうとう寡黙です。
糸井 うん(笑)。
── というのも、おそらく、
糸井さんが「100パーセント著者であるもの」って
『MOTHER』シリーズのほかは、意外にないんですよ。
岩田 あー。
糸井 そうだね。
── つくってるもの、関わってるものは
たくさんありますけど、
作品としてまとまってて純粋に著者であるものって
ほんとに『MOTHER』くらい。
著者になってる本にしても、
ぼくを含めたまわりの誰かが本にしたいと思って
本にしているものばかりなので。
だから、寡黙になってしまうんだろうなあと。
そういう意味では、ここ数年、
ツイッターというものができてはじめて
「ありがとう」が言えたんじゃないかなと思います。
糸井 ああ、そうそう、それはそのとおりだ。
── やっぱり、「ありがとう」だけって、
原稿には書けないんですよね。
たぶん、それは、岩田さんも
ご自分が関わったものに対して
そうなんじゃないかと思うんですけど。
岩田 そうですね。
心から思っていても、
なかなかそれだけを表す機会はないですね。
糸井 たしかに、そういう意味では、
ツイッターはぼくにとって大きかったですね。
「うれしいよ」って気軽に言えたから。
岩田 で、糸井さんが「うれしいよ」って言ってくれることを、
ほかのみんながまたものすごくうれしく感じて、
そういう気持ちが広がっていくというか。
── 遊び手のほうも、時間が経ってるし、大人になってるし、
もう、自分がほんとに憶えてることだけを
「忘れられません」って素直に言えるし。
糸井 そうなんだよね。短くね。
だから、こっちも「ありがとう」って言える。
── その構造って
「Miiverse(ミーバース)」も同じですよね。
岩田 同じです、同じです。
だからね、ほんとにたのしみなんですよ、私は。
糸井 「遊んでもらうなら、いまだと思うんですよね」って
岩田さんがにこにこしながら提案してきたのも、
そういうことなんだよね。
岩田 そうですね。
あのゲームを取り巻くぜんぶのことが、
いま、うまく整っていると思ったんです。
じゃないと、この19周年っていう
中途半端なタイミングで復活させないですよ。
ふたり (笑)
岩田 つくってから19年経って、あらためて、
みんなでたのしめる環境ができたというか
十分な間がとれたというか。
ゲームが育ったというわけではないですが、
遊び手とゲームのあいだに
いい関係ができるような気がしますね。
まぁ、『MOTHER』というゲーム自体が
こどもを遠くから見守る父親の物語ですから。
糸井 そうそうそう、それはね、
なんか、ぼくの、残したい気持ちなんですよね。
父親ってみんな、あれの薄いやつですよね。
岩田 ええ。
糸井 いろんな人にこどもできると、
ああいう気持ちになるんですよね。
うーん、だから、それも無口になっちゃう
原因のひとつかもしれないね。
『MOTHER』って、案外、家族の話だから。
しかも、そういうテーマを考えて
つくったわけじゃなくて、
ああなってしまったというか。
まぁ、こういうことも、19年経ったから
こんなふうに言えるわけだけど。
岩田 はい。
糸井 あとは、最近、つくづく感じるのは、
あのとき『MOTHER』というものをつくってなかったら、
いまこんなふうに会ってなかっただろうなって
思える人がたくさんいるんですよね。
岩田 ああ、それはよくおっしゃってますね。
糸井 若いクリエイターの人とか、
会いたいって言ってくれる人とか、
やっぱり、「『MOTHER』が大好きで」
っていう人が多いんですよ。
「『MOTHER』がなかったら、
 いまの自分はないと思います」とかね。
それは、なんていうんだろう、純粋にありがたいし、
いま自分がつくっているものに関しても
ちゃんとたのしみを見つけてくれる人がいるんだ
っていう自信にもなるし。
岩田 私も、『MOTHER』がなければ、
糸井さんとお会いしていないのでね。
糸井 ああ、そうだねぇ。
つくったからこそ、会えてるんだよね。
あ、永田くんもか?
── いちおう、そうです(笑)。
さて、そろそろ時間が来ましたので、
最後に、『MOTHER2』の「ふっかつ」を
たのしみにしてくださってる方に、なにか。
岩田 はい。あの、『MOTHER2』の
当時のパッケージの裏には、
「こどもはおとなに、おとなはこどもに、
 なってゆきます。」ということが書かれていて、
それは、時間が経てば経つほど、
そうだなぁ、って思うんです。
その意味では、いま、Wii Uや、
「Miiverse(ミーバース)」のような場が
できたことも含めて、
いま、もう一回、遊んでもらうこと、
あるいは、はじめて遊んでもらうことについて、
私はすごく手応えがあって。
しかも、その自分が遊んでいる場所で、
つくり手の糸井さんから直接
メッセージを受け取ることができるかもしれない。
そういったこと全部が、なんだか、
夢が実現する直前のような感じがして、
ちょっとわくわくしているところです。
── ありがとうございます。
それでは‥‥あの、作者の方。
糸井 ‥‥俺はほんとになに言っていいか、わからないね。
岩田 (笑)
── (笑)
糸井 いや、自分でも、びっくりするなぁー。
岩田 ほんとに特別な仕事なんですね、これは。
糸井 そうですねぇ。
いや、だから、ぼくをよく知る人にとっては、
本人がこういう状態でいるっていうことが、
なにより強いメッセージなんだけど。
岩田 たしかに。
── たしかに。
岩田 だって、こんなに話に入ってこない糸井さんって
はじめてですよ。
── ほんと、そうですね。
今日も、話を振らないとぜんぜんしゃべらない。
糸井 なぁ(笑)。
だから、もう、こういうことで、
通しちゃったほうがいいよ。
── そうします。
今日はどうもありがとうございました。
岩田 ありがとうございました!
糸井 いやぁ、参ったなぁ‥‥。
一同 (笑)


(最後まで読んでいただき、
 どうもありがとうございました)

   

 糸井重里、鈴木慶一&田中宏和、大山功一、 太田光、川上弘美、BOSE、吉田戦車‥‥。  2003年の『MOTHER1+2』が出たときに 掲載したコンテンツはこちらからどうぞ! 糸井重里、鈴木慶一&田中宏和、大山功一、 太田光、川上弘美、BOSE、吉田戦車‥‥。  2003年の『MOTHER1+2』が出たときに 掲載したコンテンツはこちらからどうぞ!
 

2013-03-20-WED