テレビゲームの展覧会『レベルX』に“遊びに”行こう!

 
やってきました、東京は恵比寿!
恵比寿ガーデンプレイス内にある
東京都写真美術館にて開催中の展覧会、
『レベルX』に“遊び”に行ってきたんです。

ちなみに『レベルX』は「レベルエックス」と読みます。


▲『レベルX』のチラシ。こまかくて見えませんが
このドット状の模様は、
数々のファミコンソフトのゲーム画面なんですよー。





この展覧会は
ファミコン生誕20周年を記念して企画されたもので、
ファミコンソフト約1200タイトルをはじめ
ファミコン周辺機器、
そして任天堂をはじめとする歴代ゲーム機などが、
ずらずら〜っと展示されている、
テレビゲームの展覧会なんです。



『マリオ』の生みの親である任天堂の宮本茂さん、
『ポケットモンスター』の田尻智さんら、
ゲームクリエイターのインタビュー映像や、
ファミコン生産最終日の貴重な映像なども上映されています。
おっ、darlingのインタビュー映像もある!



さらに、いくつかのファミコンソフトは
実際にプレイすることも可能。
“見る”展覧会ではなく、“遊べる”展覧会になっているんです。

"美術館での展覧会"って聞くと、
高尚なイメージがあって、
ちょっと身構えてしまう人も多いはず。
しかし、この『レベルX』はゲームファンはもちろんのこと、
「むかしはよくファミコンで遊んだなぁ〜」なんていう、
おとーさん、おかーさん世代にも
当時を懐かしんで楽しめる内容になっているんです。

また、お子さんと一緒に家族連れで観覧するかたも多く、
幅広い層のお客さんが来場しているそうです。

そんな『レベルX』の会期も残り日数わずか。
2月8日(日)で終了してしまうので、
まだ行かれてない人は、ぜひ遊びに行ってみてください。

(くわしくは、このページのいちばん下にまとめました)


行けないかたのために、詳細ルポ!

「遠方に住んでいるので、行きたくても行けないよ〜」
「スケジュールが合わなくて、ちょっと行けないなあ〜」
なんて人もご安心ください。

ここからは、
“テレビゲームの展覧会『レベルX』レポート”。
展示場の様子をお届けしたいと思います。
ちょっとでも『レベルX』に
参加した気になってくれればうれしいです。

というわけで、ここは恵比寿。


▲恵比寿ガーデンプレイスに行くは、
JR恵比寿駅東口を利用すると便利です。


『レベルX』が開催されている東京都写真美術館は、
JR恵比寿駅から徒歩7分程度です。

恵比寿駅構内から“動く歩道”に乗り、
まずは恵比寿ガーデンプレイスを目指します。



駅構内から続くガードを出たところが恵比寿ガーデンプレイス。



東京都写真美術館はもう目の前、
ほら『レベルX』開催告知の垂れ幕が見えますよ。



はやる気持ちを抑えつけ、早足で美術館の入り口へ。
すると、おおおっ〜!
長さ3〜4メートルはあるかと思われる
巨大ポスターがお出迎え!



あ、これ(右のポスター)って
ファミコン初の野球ゲーム、
『ベースボール』(任天堂 1983年12月発売)じゃないすか!
なんてことを思いつつ、いざ展示場へ!




入り口の大画面にびっくり。

展示場に入って、一番最初に目に付くのが、
真正面に鎮座する大画面です。
ただでかいだけじゃないですよ。
なんとこの大画面で懐かしのファミコンソフトを
実際にプレイすることができちゃうんです!



日によって遊べるゲームタイトルが変更されるんですが、
この日はシューティングゲーム、
『ギャラガ』(ナムコ 1985年3月発売)がプレイできました。

その大画面を挟んで左右の壁には、
ゲームクリエイター直筆の履歴書(自己紹介文)が飾られ、
さらには、彼らがいままでに手がけた
ゲームの資料などが展示されています。


▲『ドンキーコング』(任天堂 1983年7月発売)の
設定イラストなども展示。


任天堂の宮本茂さんをはじめ、
我らがdarlingこと、糸井重里の履歴書と
darlingが手掛けたRPG、
『MOTHER』(任天堂 1989年7月発売)なども飾られていました。






ファミコンソフト1200タイトル以上だ〜!

「おお! すごい!」なんて感動するのはまだ早い。
まだまだ展示場の入り口付近です。

さらにもっと奥へと進むと、ありました、ありました!
“8bit・エンサイクロペディア〜ファミコン全展示〜”
と題された、ファミコンソフト約1200タイトルの展示です!
すごい! ぜんぶある!!



ずらりと発売年順にファミコンソフトが並べられた
その様子はまさに絶景!
このデジカメ画像だと、その凄さが伝え切れず、
もどかしいー。
「富士山を初めて見たときに負けない」
とでも言いましょうか。言いすぎでしょうか。
でもそれくらい、感動しました。



▲『ドラゴンクエストIII』(エニックス 1988年2月発売)。


▲『テトリス』(BPS 1988年12月発売)。

もちろんソフトの一部は遊ぶこともでき、
プレイコーナーには人だかりが出来るほどでした。



展示場のお客さんも、
ファミコンソフトのパッケージを見ながら、
「ああ、このゲームやったやった!」
「あそこの謎が難しかったんだよね〜」
「これ買ったの中学生くらいだっけ?」などと、
当時の思い出を再体験している様子。
(ぼくも、そうでした)



ファミコン世代の人なら、
ゲームを懐かしむと同時に、
当時の自分のさまざまな思い出までもが蘇る、
非常に不思議な感覚を味わうことができます。


ファミコン周辺機器もたくさん。

また、ファミコンソフトのほかにも、
「え、こんなのあったんだ!」なんていう
ファミコンの周辺機器も数多く展示。

みなさん、こーんな周辺機器、知ってます?


▲“ファミコンロボット”(任天堂 1985年7月発売)。
専用ソフトを使い、
ファミコンでロボットを動かす。



▲“ファミコン3Dシステム”(任天堂 1987年10月発売)。
対応ソフトのみだが、
ゲーム画面が立体映像になるというゴーグル。



▲“カラオケスタジオ”(バンダイ 1987年7月発売)。
ファミコンがカラオケになっちゃう周辺機器。



▲“ファミコン通信アダプタセット”
(任天堂+野村證券 1988年7月発売)。
別名、野村のファミコントレード。
電話線を繋げばファミコンで株の取引ができた。


数々のゲーム機も展示されています。
ゲームボーイ、ゲームボーイアドバンスだけでも、
こんなにたくさんのバージョンが
発売されてきたんですねー。





そして、“野球ゲームにみるゲーム映像表現の進化”と
題して展示されているのは、
過去から現在までに発売された数々の野球ゲーム。



ゲーム機の進化に合わせて、
その映像もすごくキレイになってきてはいるんですが、
野球ゲームの本質としては、
ファミコン初の野球ゲームである
『ベースボール』(任天堂 1983年12月発売)を
基本とした構成が現在まで脈々と
受け継がれていることがわかります。


ゲームクリエーターの言葉も。

また、“ゲームクリエーター・クロニクル”と
題された展示では、
『マリオ』の宮本茂さん、
『ポケットモンスター』の田尻智さん、杉森建さん、
『ドラゴンクエスト』の堀井雄二さん、中村光一さんなど、
ゲームクリエイターたちの
インタビュー映像を流していました。



さらに、
“特別展示 ラスト・ファミコン〜ファミコン最後の日”と
題されて、上映されていたこの映像。





じつはこれ、
2003年9月に製造中止となった
ファミコンの最後の日(ファミコン工場での模様)を
収録した映像なんです。

同時に、最後に生まれたファミコンも展示。
そのファミコンには最終ロット番号が刻まれています。




新作機もちょっとだけ。

あ、そうそう、
展示場では、2月14日に任天堂から発売される、
“ゲームボーイアドバンスSP ファミコンカラー”も
展示されており、
いち早く実物を見ることができました。



そのうえ、同時発売のゲームボーイアドバンス用ソフト、
『ファミコンミニ』全10タイトルのパッケージも見られます。



『ファミコンミニ』というのは、
『スーパーマリオブラザーズ』や『アイスクライマー』など、
ファミコンが誕生した当時のファミコンソフトを
ゲームボーイアドバンス用のゲームとして発売する
シリーズの名称なんですよ。

(ゲームボーイアドバンスSP ファミコンカラー、
 『ファミコンミニ』の詳細はこちらをどうぞ。)




とまあ、ちょいと足早のレポートになってしまいましたが、
なんとな〜くは、『レベルX』の雰囲気を
分かってもらえたんじゃないでしょうか?

今回取材に協力していただいた
東京都写真美術館の広報担当、
久代明子さんにお話を伺ったところ、

「ファミコンの歴史を知ることによって、
 なんだかテレビゲームの未来は面白そう……
 と、思えるような展示会になっております。
 ファミコン生誕20周年を記念した展覧会ですので、
 これを逃すともう見ることができません。
 そうそうたるファミコンソフト1217本を
 ぜひご覧になってください」


と、おっしゃっていました。

そしてなんと、今回特別に、
東京都写真美術館さんからプレゼントがあります!
『レベルX』の開催を記念して作られたタオルを
2枚1組にして、3名様にプレゼントします!
このタオル、なんと制作したのはあの
「BEAMS」なんですよー。

『レベルX』開催記念タオルプレゼント
▲"GAMEBOY"とプリントされたタオルは
なんと任天堂公認の展覧会関連グッズです!


郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号を明記のうえ、
「樹の上の秘密基地」への感想・御要望などをそえて(ぜひ!)、
こちらのメールアドレスまでお送りください。

nintendo@1101.com

締め切りは2004年2月6日。
当選の発表は商品の発送を持ってかえさせていただきます。
ではまた次回!

テレビゲームの展覧会 『レベルX』
■会場 東京都写真美術館 地下1階映像展示室
■会期 2003年12月4日(木)〜2004年2月8日(日)
■開館時間 午前10時〜午後6時

※木曜日・金曜日は午後8時まで
※1月2日、3日、4日は午前11時〜午後6時まで
※休館日は毎週月曜日
 (休館日が祝日または振替休日の場合、その翌日)
 年末年始(12月28日〜1月1日)
■観覧料 一般、250(200)円
学生、200(160)円
中・高生・65歳以上、120(100)円 

※カッコ内は20名以上の団体料金
※東京都写真美術館友の会会員は無料 
※小学生及び障害をお持ちの方とその介護者は無料
※第3水曜日は65歳以上無料(証明できるものを持参)
■公式サイト テレビゲームの展覧会レベルX(東京都写真美術館)
http://www.syabi.com/level-x/



樹の上の秘密基地への激励や感想などは、
「秘密基地」と書いて、
postman@1101.comに送ってください。

2004-01-23-FRI