大貫さんと日笠さんの、ふたりで「どうぶつの森e+」!!

 

── あ、赤とんぼだ。
このゲーム季節感があっていいですよねー。
大貫 そうなの。
いまの時期はアキアカネがいっぱいいる。
売るとむちゃくちゃ安いの。80ベルだっけ?
日笠 そうだっけ?
── そういう「80ベルだっけ?」みたいな話って、
日常会話で出ちゃいません?
大貫 そう!
私たちね、ご飯食べに行ったりすると、
『どうぶつの森』の話ばっかりしてるのよ。
それでね、このまえスタジオで、
エンジニアの人と、
『どうぶつの森』の話をしてたの。
そしたら、高野寛(ミュージシャン)君が
途中からスタジオに入ってきて・・・
つまり、話を最初から聞いてなかったわけ。
で、そのときちょうど私が話してたのが、
「あのさ、隕石もらったんだけど、
 いま、私の部屋で宙に浮いてるんだよね」
っていうところで(笑)。
── 意味不明だ(笑)
日笠 そうそう(笑)。
それでね、夜、録音が終わったとき、
うちに、すっごく不思議そうな声で、
高野君から電話かかってきて
「あの、大貫さんちに、浮かぶ隕石が
 あるようなんですけど」って(笑)。
── あはははははは!
日笠 で、私、
「あら、うちにもあるよ、その隕石」って。
── (笑)
日笠 あとね、ター坊(大貫さん)んちで
これを泊まり込みでやったときに、
紀ノ国屋スーパーに行って
ふたりで食料を買い込んでたの。
そうすると、会話が全部『どうぶつの森』に
影響されてて。たとえばお刺し身コーナーで、
鯛があったりすると、
「あ、鯛だ、3,000ベル」とか(笑)。
「あ、紀ノ国屋では、スズキが高いね」とか。
── はははははは。
日笠 ふたりで道歩いてても、
いろんなものが目について。
植木があると、
「あ、パキラ! 1200ベル!」とか。


大貫 そうなのよ。最初やり始めたとき、
ぜんぶがアイテムに見えちゃうのよね。
日笠 そうそう!
エレベーターに乗ってて、ビーッて開くと、
「あ、すすけた絨毯!」とかね(笑)。
大貫 最初のころだけだけどね(笑)。
最近はさすがにないですけど。
── なるほど。あの、さっき、
さらっとおっしゃってましたけど、
泊まり込みで『どうぶつの森』を?
大貫 そう。泊まっちゃったのは1回だけだけれど、
マーコさんも、泊まり込むつもりはなかったのよ。
日笠 終わらないだけなんだよね。
── 「終わらないだけ」?
大貫 そう。とりあえず、夜ご飯一緒に食べて、
「やろう」って家に来たのね。
たぬきちの店をデパートにしてもらわなくちゃ
ならないから(笑)
そしたら、2時ぐらいになっちゃって。



たぬきち
日笠 そのときの会話はね、もう、ほんとうに、
たぶん小学校3年生レベル(笑)。
大貫 そうそう(笑)。
日笠 「キャーかわいい!」とか、
「ワー!」とか言ってるんだけど、
ただ、シャンパン飲んで、
チーズつまんでるところが
小学生と違うっていう(笑)。


── シャンパンとチーズ(笑)。
おふたりがそこまで楽しめるのって、
なぜなんでしょうね?
ほかのゲームで、
そんなふうになったことってありますか?
大貫 ないですね。
これに近いのってあったっけ?
日笠 ううん。あの、このゲームって、
イヤなことがぜんぜん起らないっていうか。
大貫 そうそう。
── あああ、なるほど。
日笠 ストレスないし平和だし。
あとは、なんていうのかな?
その、癒し系とはいわないけど、
心がすっごい楽になって優しい気持ちになれる。
子どもの心に戻れるというか、
なんかすごいほのぼのする。
ほかのロールプレイングゲームみたいに、
人の家にどんどん入って、
勝手に宝箱開けたりしないしね(笑)。
バトルもないし、爆発シーンとかもないし。
ちょっとしたイジワルみたいなことはあるけど、
あとくされないしね。


大貫 うん、ぜんぜん。
やっぱり、よくできてるんですよね。
私は彼女と違って(笑)
そんなに深く思い入れてるわけではないけれど、
そこが作られた世界で、
ゲームだとわかってるからこそ
おもしろいっていう感じなんですけど。
── なるほど。
たしかに、よくできた世界だから、
安心してそのなかで遊べるっていうのは
ありますよね。
日笠 あと、細かいところでいうと、
すっごく趣味がいいですよね。
音楽の趣味だとか、デザインとか。
嫌いなものがぜんぜんないの。
言葉もね、すごくこう、セリフもいいし。
大貫 うん。
日笠 かわいい、みんな。

大貫 あと、このゲームって、
べつに毎日やらなくてもいいっていう
作りじゃないですか。
でも、なんかちょっと気になっちゃうっていう。
時とともに、季節も変わっていくし、
森の色も変わっていくし‥‥。
日笠 時間が流れているのはすごくいいですよね。
私たちはふたりとも
リアルタイムでやってるから、
どっちのゲームのなかにも
同じ時間が流れてるんですよね。
だから、ゲームのなかで
催し物があったりしてもすぐに共有できる。
遊んでて、驚いたことがあったりすると、
すぐに携帯でター坊にメールを打って
おんなじノリでやり取りしたり。
そういう意味でも、
やっぱりひとりでやるよりも、
何人かでやったほうが楽しいんだと思う。
── そうですよね。このゲームのおかげで、
会うことになったりとか、
会ってないのにいっしょに遊べたりとか、
そういうことがすごい楽しいゲームだな、
っていうふうに思います。
大貫 うん。

── もともとおつきあいのある
おふたりのような関係で楽しめたら、
最高なんでしょうね。なんでも、
30年来の友人とお聞きしましたが。
日笠 うん。なんでそんなに長く
つき合えるかっていうと、
「オトコの趣味が違うから」なんですけど(笑)。
大貫 (笑)
── (笑)
大貫 でも、ハチェットはいいと思うけど。
日笠 あ、よかった(笑)。あの、私たちって、
二十歳まえくらいからのつき合いなんです。
だから、幼友だちのようでいて、お互いの
子ども時代のことは知らないんですよ。
それが、このゲームを通して、
いま、その、私とター坊の、
会えてなかった時代を
経験しているような‥‥。
大貫 なに言ってんの(笑)。
── いや、最後までどうぞ!
日笠 小学校、中学校時代の彼女に
‥‥いま会ってる感じがする。
── パチパチパチパチ(拍手)!!
大貫 えぇ? そーかなー。
── ちょっと泣きそうになりました!
今日はどうもありがとうございました!
日笠 ありがとうございました(笑)。
大貫 べつに、そんなかなあ(笑)?
── (笑)


(C)2001-2003 Nintendo
2003-11-21-FRI