日々のできごとを記してみたり、
これからのことに思いをめぐらせてみたり。
手帳をひらくだけで、
じぶんとじっくり向き合う時間がうまれます。
そこに、おいしいお菓子と心地いい空間があれば、
さらに「いうことなし」だと思いませんか?
気まぐれに更新する「東京甘味手帳」は、
手帳タイムを過ごすのにぴったりな
東京のおいしいもの&お店案内です。

写真:川原崎 宣喜

前へ目次ページへ次へ

 
久しぶりに遊びに来た。
いつもたくさんの人が
ざわざわとゆきかう下北沢の街。
風はまだ少し冷たいけれど、
日ざしがあたたかい。
まさにお散歩びよりだ。

 
街角を曲がったところに、
ふとあらわれる、甘いもの!
ケーキもタピオカもいいけど、
今日は和だ。そういう気分だ。

 
中華料理屋さんの上、
細い階段をのぼった先に、
こんな景色が広がっていようとは。

 
いい感じの飾り棚があって、
街をゆきかう人たちが見える、
窓際の席をえらぶ。
注文をすませて、
待つあいだに手帳を開く。

 
わらび餅と迷ったけれど、
卓上のかわいいこんろを
どうしても使いたくなった。

 
ほどよいサイズのお餅を、自分で焼く。
なんだろう、この楽しさ。
ちょっとおままごとみたいな感覚。

 
絵みたいにふくらんだお餅!
わたしが焼いたお餅!
思わず写真に撮ってしまう。

 
じっくり焼いたお餅の、
どれだけをどんなふうに食べるか、
すべては私に委ねられている。
おしょうゆ&のりでいそべにするか、
ぜんざいに沈めるか、
きな粉をまとわせるか。

 
まずは一個、おしょうゆにくぐらせて、
のりで巻く。
香ばしい!

 
すかさず2個めは
ぜんざいの海へ! いざ!
あずきのほどよい甘さがたまらない。

 
3個め、手前のお湯にお餅をくぐらせたあと、
きな粉につけて。
これも最高だ。
結局2個ずつ、3種類の味で
まんべんなく味わってしまった。

 
お腹がほどよくいっぱいになって、
外の風も少しあたたかくなって、いい気分。
次はわらび餅。
いや、かき氷って手もあるな。
近いうちに、また来よう。

甘寛

2019年にオープンした甘味処「甘寛」。

関西の老舗甘味処の東京支店に長く勤めていたご主人。
ある日、そのお店が東京撤退することに。
「この味が東京で楽しめなくなるのはもったいない」と
奮起したご主人が、若い頃からなじみのあった
下北沢に開いたお店です。

毎日お店で炊いているあずきで作られたぜんざいは
じんわりと口に広がるほどよい甘味。
数種類のきな粉と和三盆糖をブレンドした
お店オリジナルのきな粉もひそかな自慢。

本わらび粉でつくられたわらび餅は
一年を通じて人気のメニュー。
口の中でとろけるような食感は、
ほかではなかなか味わえません。

「大正ロマンをイメージした」という店内で、
街の喧騒を離れてゆったりと過ごすことができます。

◎甘寛セット  1100円

お店の名前を冠したお餅のセットは、
卓上に備えつけられたこんろで自分で焼くのがポイント。
いそべ、きな粉、ぜんざい(またはおしるこ)、
好みの食べ方が楽しめます。

◎生わらび餅  1080円

希少な本わらび粉を使った生わらび餅。
できたてのわらび餅が、
氷を敷いた器に盛られて出てきます。
菊の形のきな粉と、黒蜜をたっぷりつけてどうぞ。
でも実は「そのまま」食べるのもおすすめだとか。

甘味処 甘寛

東京都世田谷区北沢2-9-24
営業:12:00〜19:30(LO)
電話:03-6804-9287
休み:月曜(月曜祝日の場合は火曜)

 

真っ白でカクカクしたお餅が、金網の上で段々丸みを帯びて、焼き色がついて、最後に「ぷくーっ!」とふくらんだ瞬間の盛り上がり。小さな頃から何度も何度も食べているけれど、お餅が焼けるのを見るのは楽しいです。

(次回の甘味のヒントは「白と赤」。更新は4月中旬更新の予定です。おたのしみに!)

2020-03-19-THU

前へ目次ページへ次へ