テレビ東京のプロデューサー、高橋弘樹さんが
糸井重里のもとを訪ねてくださいました。
人気番組『家、ついて行ってイイですか?』の
プロデューサーをつとめる高橋さんは、
普通の人の、普通の暮らしの中から、
人生ドラマのおもしろさをひき出す仕掛け人です。
高橋さんと糸井の対談ということで、
企画やコンテンツづくりの話になると思いきや、
高橋さんの人生相談の場になりました。
37歳、いわゆる係長の立場にいる高橋さんへの
アドバイスが、働き盛りのみなさんの
お役に立つことがあるかもしれませんよ。

>高橋弘樹さんのプロフィール

高橋弘樹(たかはし ひろき)

1981年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。
2005年テレビ東京入社、入社以来13年、
制作局でドキュメント・バラエティーなどを制作する。
プロデューサー・演出を担当する
『家、ついて行ってイイですか?』では、
ひたすら「市井の人」を取り上げ、
これまでに600人以上の
全くの一般人の「人生ドラマ」を描き続ける。
これまでに『吉木りさに怒られたい』
『ジョージ・ポットマンの平成史』
『パシれ!秘境ヘリコプター』などで
プロデューサー・演出を、
『TVチャンピオン』『空から日本を見てみよう』
『世界ナゼそこに?日本人』
『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』
などでディレクターを務める。
カメラマン、脚本、編集も兼任し、
書いた脚本は約2000ページ、
ロケ本数300回以上、編集500本以上。

前へ目次ページへ次へ

8


わかりやすく伝えようとする才能。

高橋
糸井さんのノウハウをタダでいただくのは
恐縮だなと思いつつ訊いちゃうんですけど、
最後にもうひとついいですか。
 
ぼくら、番組にタイトルをつけるんです。
『家、ついて行ってイイですか?』とか、
『吉木りさに怒られたい』とか。
タイトルやキャッチコピーって、
どういう瞬間に降りてくるんでしょうか。
糸井
いや、高橋さんがやってる番組って、
すごく上手なタイトルだと思いますよ。
高橋
えっ!? いやいや、そうですか?
糸井
本当に上手だと思うんです。
視聴者にわかるように作ろうとしていますよね。
カッコいいとかじゃなくて、
わかってもらいたい一心で
作っているのがわかるんですよ。
高橋さんの本も読ませてもらったけど、
「わかってもらわないと、次のページ行かないよ」
みたいなことを言っていますよね。
高橋
言ってますね(笑)。
糸井
それが、あなたの才能です。
だから、このままでいいんじゃないかな。
高橋
本当ですか。
糸井
コピーは「降りてくる」とかじゃなくて、
口説くのと同じで
わかってもらいたいなぁという
一心で書くものなんです。
本当に通じるなら、これでいいんです。

高橋
わかってもらおうと
一所懸命になればいいんですね。
糸井
それと同時に、
『家、ついて行ってイイですか?』というタイトルは、
制作者の内部にもわかってもらおうとしているのが
ポイントのような気がします。
テレビで視聴者に見てもらう前に、
いっしょに作る番組のスタッフに対して
「こういう番組なんだよ」と伝えている。
本当にわかってもらいたいという思いで
番組のタイトルをつけていますよね。
高橋
ああ、無意識にやっていました。
糸井
コンセプトそのものではあるんだけど、
そこにヤスリをかけて丸まらせたタイトルなんです。
ある意味では一番不器用なやり方だけど、
あえて直す必要はないと思います。
高橋
本当ですか。
糸井さんがタイトルを褒めてくれたって、
嫁に自慢します(笑)。
糸井
タイトルは、本気な人がつけるのがいいですよ。
本気な人がやると、いいタイトルがつくんです。
「ほぼ日」では社員に対して
コピーの指導をしていないんですよ。
高橋
えっ、そうなんですか。
糸井さんの会社なのに。
糸井
なまじ上手になっちゃうと、
現物よりいいタイトルをつけたくなっちゃうから。
するとサイトを見たお客さんが、
現物以上にいいものだと思って見ちゃう。
そうするとね、商品が届いた時に
ガッカリされますよね。
高橋
はいはいはい。
糸井
「こんなものだろうと思っていたら、
こんなものどころじゃなく想像以上によかった」
というほうがブランドを育てるんですよ。
高橋さんが作っている
『家、ついて行ってイイですか?』も、
「どうせ家について行く番組だろうなあー」
と思ってなんとなく見ていたら、
ついて行った先で、泣かされちゃう。
「ああ、ついて行くだけじゃなかった。
ううう、幸せになれよー!」みたいな(笑)。
高橋
期待させすぎないほうが
いいのかもしれないですね。

糸井
「絶対見ないよ」と言われるような
タイトルでも困るんですが、
そのバランスがメチャクチャいいですよ。
タイトルって、むずかしいよね。
高橋
はい、番組のタイトルはいつも苦労します。
ハードルが低すぎても見られないし、
上げすぎてもガッカリされるし。
糸井
番組のタイトルは、
キャッチフレーズの役割をしますからね。
高橋
そうですね。
新聞の番組表では、
タイトルで伝えないといけませんから。
ひと昔前って、わけわかんないタイトルが
もっと多かったはずなんですよ、
『めちゃ×2イケてるッ!』みたいな。
最近のテレビ番組は
わかりやすくないといけない方向に
どんどん向かっていますね。
糸井
本当にそうですね。
ぼくは高橋さんの作ってる番組、
みんな好きですよ。
高橋
本当ですか、ありがたいです。
糸井
録画したものを1回見て
消すタイプの番組のひとつなんだけど、
時々、残しておこうかなって思う回もあるんです。
高橋
残したいって思っていただけるのは
1番うれしいです。
糸井
でも、ハードディスクの容量もいっぱいだから、
消そうかなぁとなるんですよね。
高橋
ハードディスクの容量はしょうがないですね。
糸井
容量たっぷりのレコーダーを買えばいいんだけど、
つなげるのが面倒くさいんですよ。
テレビっていうのは
そんなところで損してるんですよね。
高橋
時間は有限ですからね。
糸井
こんなことを考えるのが、
さっき話していた90位になった時の、
80位まで上がる方法なんじゃないかな。
「金がなくて買わないんじゃないだろ?
面倒くさいだけなら、俺が手伝うから買ってよ」
と言ったら、買う人はいると思うんですよ。
どんなことにもヒントがあるんです。

高橋
「ちょっとした面倒くさい」を解消するんですね。
いやあ、本当にいろいろ勉強になりました。
糸井
いえいえ、おもしろかったですよ。
「糸井重里取材」になりましたね。
高橋
あらかた質問してしまいました。
すみません、いろいろ気を遣わせちゃって。
糸井
でも、37歳はいいなあ。
37歳、38歳とかは一番いい時で、
目を閉じて走っても
誰にもぶつからないよ。
高橋
40歳の壁間近で、
ちょっとあせってますよ。
糸井
あせらなくていいんだよ、大丈夫。
今日はどうもありがとうございました。
高橋
ありがとうございました。

(おわります)

2019-05-30-THU

前へ目次ページへ次へ
  • 高橋弘樹さんの著書
    『1秒でつかむ』が発売中!

    『家、ついて行ってイイですか?』など
    ありえないほど低予算の番組なのに
    みんながハマって毎週観てくれている、
    高橋弘樹さんの企画づくりの術が
    520ページの分厚い本に込められています。
    とことんわかるまで伝えようとする
    高橋さんの情熱を感じさせる一冊です。

  • 1秒でつかむ
    「見たことないおもしろさ」で
    最後まで飽きさせない32の技術
    (ダイヤモンド社)

    高橋弘樹=著、定価1,800円+税
    ご購入はこちらから(Amazon