テレビ東京のプロデューサー、高橋弘樹さんが
糸井重里のもとを訪ねてくださいました。
人気番組『家、ついて行ってイイですか?』の
プロデューサーをつとめる高橋さんは、
普通の人の、普通の暮らしの中から、
人生ドラマのおもしろさをひき出す仕掛け人です。
高橋さんと糸井の対談ということで、
企画やコンテンツづくりの話になると思いきや、
高橋さんの人生相談の場になりました。
37歳、いわゆる係長の立場にいる高橋さんへの
アドバイスが、働き盛りのみなさんの
お役に立つことがあるかもしれませんよ。

>高橋弘樹さんのプロフィール

高橋弘樹(たかはし ひろき)

1981年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。
2005年テレビ東京入社、入社以来13年、
制作局でドキュメント・バラエティーなどを制作する。
プロデューサー・演出を担当する
『家、ついて行ってイイですか?』では、
ひたすら「市井の人」を取り上げ、
これまでに600人以上の
全くの一般人の「人生ドラマ」を描き続ける。
これまでに『吉木りさに怒られたい』
『ジョージ・ポットマンの平成史』
『パシれ!秘境ヘリコプター』などで
プロデューサー・演出を、
『TVチャンピオン』『空から日本を見てみよう』
『世界ナゼそこに?日本人』
『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』
などでディレクターを務める。
カメラマン、脚本、編集も兼任し、
書いた脚本は約2000ページ、
ロケ本数300回以上、編集500本以上。

前へ目次ページへ次へ

1


どうも、係長のテレビマンです。

高橋
テレビで見ていた糸井さんが
目の前にいるのって、やっぱり緊張しますね。
糸井
ぼくはテレビを観ている立場で、
「あの番組を作ってた人なんだ!」
と思ってお会いしてますよ。
高橋
わっ、そうですか。
ありがとうございます。

糸井
テレビ東京では
どういう立場なんでしょう。
高橋
ぼくはテレビ東京のサラリーマンでして、
プロデューサーと、
制作局の主任をしています。
いわば、係長に当たる職業ですね。
糸井
じゃあ、高橋係長ですね。
高橋
係長でございます。
糸井
それはどうもどうも(笑)。
高橋
恐縮です(笑)。

糸井
この間、とある大会社の社長と
お会いしたんですよ。
今は会長になっているかたですが、
「今の時代、社長の仕事というのは、
係長の仕事をしなきゃいけないんだよね」
と話していたんです。
高橋
社長が係長の仕事を?
どういうことですか。
糸井
企画をひとつずつ並べて、
「おもしろいと思うんで、やりたいんですよね!」
というのは、社長が考える仕事じゃないですよね。
高橋
たしかにそうですね、
現場の仕事だと思います。
糸井
そう、係長の高橋さんのお仕事ですよね。
社長はそういうことをしないで、
上がってきた企画に対して
「うん、いいんじゃない?」
と言うのが社長の仕事だと言われています。
でも、いま元気な会社は、
社長が「あれやりたいね!」と言うんです。
高橋
それでうまくいってるんですか。
糸井
うまくいってるんですよ。
でも同じ企画を係長が提案すると、
上に上げる段階でボツになるんです。
高橋
まあ、いろんな障害がありますからね。

糸井
でも、そこで社長が
「今、俺が考えたんだけど絶対いいよ」
と言えたら予算もとれるし、
邪魔されずにスイスイ進むんです。
高橋
たしかに。
糸井
係長の仕事をちゃんとやった社長の会社は、
いい会社になるんです。
もう言っちゃってもいいんだけど、
それを教えてくれたのはJR九州の唐池会長
「ななつ星」だとかを手掛けてきた人が
そう言ったんですよ。
高橋
はあー、間違いなさそうですね。
糸井
唐池さんって、JR九州を
大赤字から大黒字にした人ですから。
社内のみんなが持っている共通の課題として、
「人が来てもらえるとも限らない在来線が
余っているんだけど、地元の人も乗ってくれないし」
みたいな話は、すでに存在していたと思うんですよね。
列車マニアがいるのもわかっていたし、
ヨーロッパには豪華な特急列車での旅行もあるし、
それらを組み合わせて、
「あんなのやったらいいと思うんですよね!」
と提案する係長は山ほどいると思うんですが、
それじゃあなかなか通らない。
でも、同じことをトップがやろうと言ったら、
本当に実現しちゃいますよね(笑)。
高橋
それは実現しちゃいます。

糸井
ぼくも「ななつ星」に乗ったんだけど、
ものすごく不思議な感覚なんです。
みんなに手を振られて出発するんだけど、
ぼくは一泊して翌日、
同じ場所に帰って来るだけの旅だったんですよ。
どこにも移動していないのに
「いやぁ、たのしかった!」とか言ってるの(笑)。
高橋
えっ、出発した場所に
戻ってくるだけですか?
糸井
そう、どこにも行かないで帰ってくるんです。
しかも、いいお部屋を取って数日間の旅をすると、
100万円くらいかかるわけで。
ぼくが乗ったのは一般コースだったから、
もっと安いと思うんですけど、
予約も大人気で、じぶんの番が回ってくるのを
お客さんはずーーっと待っているんですよ。
この企画を成り立たせたい、と係長は言えますか。
高橋
いやー‥‥、怒られちゃいそうですね(笑)。
糸井
「いいこと言うなぁ。お前、乗るか?」とか言われて、
「いや、ぼくはちょっと貯金が」なんて答えると、
「オリエント急行には乗ったか? 乗ってから言えよ」
という感じで責められちゃうと思うんですよね。
高橋
係長だと、まぁ責められますね。
糸井
係長って言葉のおかげで、
ずいぶんおもしろくなったね(笑)。
高橋
糸井さんには係長だった時代ってあるんですか。
糸井
ぼくはずっとフリーでやっていたんで、
係長だった時代はありません。
はじめに入社した会社で
コピーライターっていう職種にはなったけど、
20歳で入ったから、雑用もする下っ端でした。
高橋
じゃあ、係長的な苦しみは
経験されたことがないんですね。
糸井
全然ない。
高橋
係長、そこそこツラいですよ。
糸井
「ほぼ日」にはね、係長がいないんですよ。
プロジェクトごとにリーダーがいるのと、
それから対外的に取締役がいないといけないんで、
運営のことを考える人はいるんですけど、
プロジェクトに関していえば、
今日入社した人でもリーダーはできます。

高橋
「ほぼ日」の企画って、
ほとんどは糸井さん発ですか?
糸井
ほとんどってほどじゃないけど、
「これやりたいんだけど」と言って、
モノになって飯のタネになるような企画は、
これまで、ぼくの割合が多かったですね。
それを少なくしていくのがぼくの夢なんです。
高橋
本当は社員に任せたいんですね。
糸井
本当のことを言えば、企画のことは任せて、
もっと嫌なことを考えてやりたいんです。
社員から「えぇーっ!?」って驚かれることをね。
髙橋
社長が言うんだから、
やるしかない企画ですね。

(つづきます)

2019-05-23-THU

前へ目次ページへ次へ
  • 高橋弘樹さんの著書
    『1秒でつかむ』が発売中!

    『家、ついて行ってイイですか?』など
    ありえないほど低予算の番組なのに
    みんながハマって毎週観てくれている、
    高橋弘樹さんの企画づくりの術が
    520ページの分厚い本に込められています。
    とことんわかるまで伝えようとする
    高橋さんの情熱を感じさせる一冊です。

  • 1秒でつかむ
    「見たことないおもしろさ」で
    最後まで飽きさせない32の技術
    (ダイヤモンド社)

    高橋弘樹=著、定価1,800円+税
    ご購入はこちらから(Amazon