かつて、「ほぼ日」には「ミーちゃんの縁側。」という
80歳をすぎてからパソコンを初めて使いこなすようになった
糸井重里の母A(ミーちゃん)の日記が連載されていました。
この日記には、お家のおとなりのケーキやさん
『Schwestern Haus(シュヴェステルンハウス)』
のことがたくさんでてきました。
彼女が日記のなかで「仕事」と言っているのは、
この店のお手伝いですし、日記のなかでの食事というのは、
料理教室もやっているこの店の店主である
初美さんがリーダーシップをとってつくっているものです。
2002年から毎年年明けに
このお店の冬期限定のチョコレートケーキ
『ザッハトルテ』の販売しています。

今年ももちろん「ほぼ日」でお手伝いします。

前へ目次ページへ次へ

2022年ももちろんやります。  ほぼ日新年名物  ザッハトルテの販売!

「ほぼ日」ではここ20年ばかり、
年明けには、前橋の「シュヴェステルンハウス」の
ザッハトルテの注文をご案内しています。

きっかけやくわしいこと、
どんなザッハトルテかということは
こちらにまとめをしました。

ご存知ない方は、ぜひおよみくださいね。

さて、2022年のザッハトルテは、
700個ご用意いたします。
1月13日(木)の午前11時から、
メールでの受付を開始します (先着順です)!
受付は終了しました。

ちょっと、ややこしいのですが、
この販売は、「ほぼ日」ストアでの販売ではなくて、
直接ケーキやさんにメールで注文していただく、
という方法で行います。
くわしくは↓こちらのページを、
受け付け開始の前によーく読んでおいてくださいね。

 

 

ほぼ日での販売20回記念!
変わったこと、変わらなかったこと。


2022年のザッハトルテ・シーズンが
やってまいりました。
昨年は緊急事態宣言下ということもあり、
「シュヴェステルンハウス」のある
前橋行きは中止しましたので、
お店にうかがうのは2年ぶりです。

▲前橋「シュヴェステルンハウス」に到着! ▲前橋「シュヴェステルンハウス」に到着!

▲左・店主の金井初美さん。右・お店で働く紀子さん。 ▲左・店主の金井初美さん。右・お店で働く紀子さん。

金井さん
ようこそ、いらっしゃいました。
ーー
ご無沙汰してます!
ほぼ日でザッハトルテの販売をはじめたのが
2003年なんですけど、改めて数えてみたら
今回の販売でなんと20回目なんですよ。
金井さん
20回! うわぁ。
ずいぶんやりましたねえ。
ーー
ただ、ほぼ日で販売する前からも
ザッハトルテは作ってらっしゃって。
以前のインタビューで、
1988年にお店がオープンして、
その翌年にはザッハトルテを
作っていたとおっしゃっていましたよね。
紀子さん
もう、30年以上は作ってますよね。
ーー
30年‥‥!
ものすごい長さですよね。
金井さん
そうね、この前もお客さんに
「子どもが大学生になりました」って言われて、
感慨深かったです。

ーー
ずっと作り続けてこられたわけですけど、
30年前と比べて、どういうところが
変わりましたか。
金井さん
やっぱりいちばん変わったのは作る時期かな。
30年前はもっと早い時期、
10月から作ってましたよ。
ーー
当時は10月が既に涼しかった、
ということですか。
金井さん
そう、気候が全然違う。
10月に作りはじめてたのは30年前で、
20年前だと11月上旬くらいかな。
いまだと12月まで待たなきゃいけない。
でも12月は他の商品もあって、
ザッハトルテに集中すると大変だから
11月の勤労感謝明けくらいには
やらなきゃねって言ってるんだけど‥‥。

金井さん
作り終わる時期も違って、
昔は3月にもまだ作れていたけれど、
今はあったかくなっちゃってるから、
2月の最終週はまずできない。
届くときにあったかい日が続くのも良くないし‥‥。
ーー
冷蔵できないケーキだから、ですよね。
改めて伺いますが、
どうして冷蔵庫に入れると良くないのでしょう。
金井さん
チョコレートが白くなっちゃうし、
生地も冷やすとしまりすぎて、
おいしくなくなっちゃうんです。
ーー
「涼しいところに置いてくださいね」
ということですよね。
金井さん
でも、どうしても冷蔵庫に入れたい人や
間違って入れちゃった人は、
時間をかけてゆっくりゆっくり常温に
戻してもらえれば、
それなりにおいしく食べられるけど、
そこまでする人はあまりいないと思うんです。
冷蔵庫から出したらすぐ食べるじゃない。

ーー
そうですね(笑)。
待っている時間も贅沢と思って
楽しめればいいですけど、
やっぱり「冷蔵庫に入れない」と決めたほうが早そうです。
チョコレートも、酸味のあるチョコレートと
あまいミルクチョコレートの配合を
気温によって使い分けていると伺いましたが、
材料については、昔と比べて変わりましたか?
金井さん
昔とは使っている材料が全く違います。
特にチョコレートって輸入物だから、
輸入されなくなったり、廃盤になったりして、
突然手に入らなくなったりするんです。
そのたび必然的に変えなくちゃいけなくなって、
チョコレートは何回も変えてます。
ーー
じゃあ、そのたびに味の調整をされて。
金井さん
そう。ジャムのメーカーが変わってしまったときも、
味が変わらないようにするために、
かなり調整してます。
煮詰めたりレモン汁を加えたり。
ーー
そのレモンも、生のレモン汁だと
酸味が弱いということで、
いろいろ試されて、業務用の
シチリアのレモン汁にされたんですよね。
紀子さん
そうそう。
それでもね、いちばん最初、
30年前のものと、今のものと、
もし食べ比べることができたら、
ずいぶん違うと思う。
早い話がね、どんどんコスト高になっていった(笑)。

ーー
コスト高!
金井さん
結局ね、チョコレートも杏ミックスジャムも
味が落ちないようにちゃんとしようとすると、
いいものを使いたいからコストが上がってしまう。
しかもかなり煮詰めて使うから、量が必要です。
それでもたくさん使いたいのは、
どこから食べても杏を感じてほしいからで、
そのためには粘度を一定にして、
均一にたっぷり塗りたい。
それは、私のなかで崩せないものでした。

▲生地のまわりに一面に杏ミックスジャムを塗る。
垂れないようにきっちりと美しく塗るのが大切なポイント。
このジャムの酸味があることで、飽きずに
おいしくいただけるんです。 ▲生地のまわりに一面に杏ミックスジャムを塗る。 垂れないようにきっちりと美しく塗るのが大切なポイント。 このジャムの酸味があることで、飽きずに おいしくいただけるんです。

ーー
数の変化もありましたね。
最初は400個からスタートして、
1000個作ってくださった年もありました。
紀子さん
1000個のとき、ありました。
金井さん
あれは大変だったね。
ーー
ここ数年も700個作っていただいてますが、
いちから作る様子を拝見して、
あれだけ手間のかかる工程を1つ1つ手で行うのって、
とんでもない作業だなと。
卵白の泡立て具合とか、ジャムの塗り方とか、
すべてが職人技で、レシピを公開しても、
この技術は真似できないということを実感しました。
金井さん
そうね、うちのレシピなんて企業秘密でも
なんでもないんだけど、
微妙なさじ加減を伝えるのが難しいですね。
ほかの材料も、どこそこの
高級なものを買って‥‥とかもないんです。
だけど、新鮮かどうかはすごく大事ね。
たとえば卵だって、卵白を泡立てるときなんか
特に鮮度が重要だから、
すぐに新しいものを持ってきてくれる
卵屋さんのものを使っています。
ーー
それにしても、ザッハトルテって
出すところも増えて、
ずいぶんポピュラーになってきましたよね。
30年の重みを感じます。
金井さん
長いわよねえ‥‥。
当時はほとんど売っているところなかったのに。
ーー
通販でいろいろ手に入る時代になって。
金井さん
うちは、いまだに発送も紀子さんが
手書きで書いてくれてます。
あれがいいよね。

紀子さん
発送もそうだけど、注文の返信をするのが大変。
生地を冷ましている間なんかに、
慌てながらやってます。
ーー
包装も手作業で大変そうですけど、
そのぶん届いたときの喜びは大きいと思うんです。
毎年うれしい声をいただいてて、
「宝石箱が届きました」という感想をくださった
お客さまもいましたね。
金井さん
そうなんです。
ほぼ日さんのお客さんって、
すっごく良い方ばかりで、ほんっとびっくりしちゃう。
いつも感謝しているんです。
紀子さん
何かミスがあって問い合わせをいただいたときも、
こちらが悪いのに、お客さんのほうから、
ひょっとして私の書き方が悪かったせいかしら、
なんておっしゃってくださって‥‥。
もうね、本当にありがたいことです。
一度買ってくださった方が、
次は他の方へのプレゼントにしてくれることも多くて。
ーー
ああ‥‥それは私たちもうれしいです。
金井さん
ありがとうございます、本当に。
ーー
そんなわけで、
これからも、まだまだ続けていただければと。
どうぞよろしくおねがいします。

▲体力が続く限りがんばって作り続けます、とお二人。 ▲体力が続く限りがんばって作り続けます、とお二人。

▲できたばかりのザッハトルテもいただきました。ぴっかぴかのチョコレート! ▲できたばかりのザッハトルテもいただきました。ぴっかぴかのチョコレート!

▲お湯であたためたナイフを使うと、スッと切れますよ。 ▲お湯であたためたナイフを使うと、スッと切れますよ。

▲生地はふわふわしっとり。間に挟んだ杏ミックスジャムが
アクセントになって、いくらでも食べられます。 ▲生地はふわふわしっとり。間に挟んだ杏ミックスジャムが アクセントになって、いくらでも食べられます。

ということで、みなさま!
ことしのザッハトルテ、
注文受付は2022年1月13日(木)午前11時からですよ〜。
700個限定ですので、お早めにどうぞ。

(まいどありがとうございます。)

2022-01-13-THU

前へ目次ページへ次へ