ぼくは作曲家になりますと言った
高校2年生が、
のちの「大橋トリオ」になった。
ひとりの青年が、
音楽家として歩みはじめるときの、
一瞬だけど、強烈なできごと。
大きな会場を満員にする現在から、
「はじまりの物語」までを、
遡るように、逆再生するように、
お話くださいました。
大橋トリオさんの創作論、音楽観。
大橋トリオを生んだひとつの言葉。
担当は「ほぼ日」奥野です。

 

写真:金壮龍
協力:Rainy Day Bookstore & Cafe

>大橋トリオさんプロフィール

大橋トリオ

大橋トリオとして2007年にデビュー。
もうひとつの顔として、
テレビドラマやCM・映画音楽の作家としても活動。
代表作に、映画『余命1 ヶ月の花嫁』(09)、
『雷桜』(10)、『P とJK』(17)など。
最近では、
NHK Eテレ子供向け番組『にゃんぼー』の音楽や、
TBS 番組『世界遺産』のテーマ曲も担当。
2017年にデビュー10 周年を迎え、
2019 年2 月13 日に最新アルバム
「THUNDERBIRD」をリリース。
2019 年全国ホールツアー
『ohashiTrio HALL TOUR 2019 ~TUNDERBIRD ~』
を開催中。

大橋トリオさんの公式サイトは、こちら

前へ目次ページへ次へ

──
自分には、あこがれの職業が3つあって、
画家と写真家と音楽家なんです。
大橋
ああ、そうなんですか。
──
なので、画家のかたと写真家のかたには、
わりと取材しているのですが、
音楽家、ミュージシャンについては、
あんまりインタビューできてないんです。
大橋
どうしてですか。
──
もちろん、そう簡単じゃないことは
重々承知のうえで‥‥ですが、
画家が絵を描く方法は理解できるし、
写真家が写真を撮ることも、
まあ、想像できる範囲といいますか、
頭では理解できるんです。
大橋
ええ。
──
でも、音楽家が、どうやって
音楽をつくっているのかについては、
あまりにも、わからなくて。
大橋
なるほど。
──
なので
「どうやって、つくっているんですか。
 音楽というものを」
というところから、
まずは、お聞きしたいなと思いました。
大橋
んー‥‥あらためて、そう聞かれると、
あんまり考えたことないですね。
まあ、少なくとも自分の場合、
いわゆる「降ってくる」とかいうのは
一切ないので、つくるとなったら、
ピアノなりギターなり、
楽器に真っ正面から向き合って、
パソコンを立ち上げて‥‥という感じ。
──
つくるぞと思って、つくっている。
大橋
で、弾いて、歌って、聴いて、
「あ、今のいいかも、録音しておこう」
って感じで録って、
また弾いて、歌って、聴いて、
「ここは、こんな感じがいいかなあ」
とかやったりしながら、
なんとかBメロまでたどりついて‥‥。
──
けっこう「一歩ずつ」なんですね。
大橋
めちゃくちゃ「一歩ずつ」ですよ。
録ってはみたけど
聴いてみて「ダメだ」と思ったものも、
アイディアの欠片として、
捨てずに残しておくんですけどね。
──
ええ。
大橋
アルバムを1枚つくり終えるころには、
そういうアイディアのファイルが
100とか、150とか、たまってるから。
──
それらの「欠片」は、
いつの日か、日の目を見ることも‥‥。
大橋
まあ‥‥あるにはあるんですけど、
めんどくさいんです、
そういうファイルいちいち開くの。
──
そう思います、知らないながら。
大橋
なんか、こんな感じなのあったな、
みたいに、
ぼんやり覚えていたフレーズが、
あとで復活することはありますが。
──
後ろを振り返らないタイプ。
大橋
何なんでしょうね。残してるくせにね。
過去の自分よりも、
そのときの自分のほうが経験も積んで、
新しい音楽にも出会っているから、
過去より絶対、
いいフレーズを思いつくはずと信じて、
まあ、やってる感じです。

──
音楽って、もっとパーンと勢いよく、
あるいは流れるようにスラスラと
生まれてくるものなんじゃないかと、
思っていたのですが。
朝、起きたら「イエスタデイ」が
頭のなかでなっていた‥‥みたいな。
大橋
あ、一気にできちゃう曲は、
かなり信用できますね。
──
おお、そうですか。
大橋
ピアノ、ギター、ベース、ピアノ‥‥
各楽器が綺麗にバランスして、
AメロもBメロもサビもうまくいって、
イントロも、
いっぺんにワーッとできちゃった曲は、
かなり、信用できます。
音質も、ばちっと決まったりして。
──
音の質も大事ですか。
大橋
そこから見えてくるメロディとか、
思いつくアイディアが、
ぜんぜん、変わってきちゃうんで。
──
音質いかんで。
大橋
僕、できた曲は、
とにかく何回も聴くんですよ、爆音で。
──
爆音で?
大橋
で、踊るんです。
──
踊る!
大橋
はい。
──
なぜ、踊る‥‥。
大橋
踊りたくなったら「正解」なんです。
たとえダンスチューンじゃなくても。
──
バラードでも。
大橋
そう、自然に身体が動いちゃうような。
で、いっぺんにできちゃった曲って、
ほぼ例外なく「踊りたくなる」んです。
──
踊りたくなる自分を、信用している。
大橋
そうですね。だいぶ、そうです。
──
その「いっぺんにできる」というのは、
時間にすると、どれくらいですか。
大橋
んー‥‥速いときは1時間くらい。
──
速!
大橋
いや、「ワンコーラス」だけですよ。
そこが決まれば全体像が見えるので。
──
ワンコーラスで「わかる」んですね。
大橋
わかります‥‥し、完成させるには、
やっぱり、
もっともっと時間がかかるんです。
でも、そのワンコーラスを軸にして、
このあと
どういうふうに展開しようかって
いろいろ試しながら、
ギターソロとか考えていくんですが、
そのときは、もう、
完全に「遊んでる」感じになってる。
──
楽しそう。
大橋
楽しいですよ。
──
生みの苦しみ、みたいな場面は‥‥。
大橋
あります、あります。もちろんある。
パッとできないときがほとんどで、
だからつまり、ずっと苦しいですよ。
ワンコーラスを完成させるまでには、
かなり悶絶してますね。
──
なるほど‥‥。
大橋
これで正解かどうか、
すぐにはわかんないことも多いしね。
──
そういうときは、どうするんですか。
大橋
まぁ、しばらく‥‥置いておきます。
で、とりあえず、次の曲へいく。
でも、次の曲の作業をしながら、
前の曲が頭の中で鳴ってるんですよ。
うすーく、ずっと、底のほうで。
──
で、行ったり来たりしながら。
あっちとこっちを。
大橋
そんなふうにして、つくってますね。
──
でも、音楽家がすごいなと思うのは、
世のなかにこれだけ曲があると‥‥。
つまりオリジナリティのことですが。
大橋
ぶっちゃけ言っちゃいますと、
いわゆるふつうのJ-POPの場合には
こういうふうに展開するよな‥‥
という方向には、
まあ、自分は行きたくないんです。
そうなってたら自分的にはアウトで。
──
定石を打ちたくない。
大橋
もちろん、ぜんぶがぜんぶ、
うまくいってるわけじゃないけど、
少なくとも、
常に、そう思いながらやってます。
やっぱり、音楽をやる以上、
唯一無二のものをつくりたいから。
──
ええ、そうでしょうね。
大橋
でも、そう思わない人もいるのかな。
世間の「J-POP」を聴いてると、
そういうふうに思うことが多いです。
──
なるほど。
大橋
もちろん、そういう曲が売れてるし、
大きなビジネスにもなってるから、
否定はしないけど、
「ぼくは、やりませんよ」って感じ。
──
J-POPという枠組のなかで、
他の人とは違うアプローチをしたい。
大橋
なんなんでしょうね。
天邪鬼なんですかね。
──
アーティストなんじゃないですかね。
大橋
そうですかね。

(つづきます)

2019-05-20-MON

前へ目次ページへ次へ
  • 大橋トリオさんの音楽や歌声を聴くと、
    ここちよさを感じます。
    気持ちのおきどころ、せつなさ、
    シャツ1枚でちょうどいい風みたいな
    温度感など、ぜんぶがここちよい。
    おしゃれな音楽と評されることが、
    多いと思いますが、
    実際、おしゃれだと思いますが、
    ふいに心臓をつかまれる瞬間もあって、
    油断なりません。
    最新アルバムは『THUNDER BIRD』。
    才能あふれる人なんだろうなあと
    あこがれていたんですけど、
    実際にお話したら、
    じつに気さくで、たのしい人でした。
    こういう人が、
    ああいう音楽をつくってるのかあと。
    日程も残りの席も
    限られてしまっているとは思いますが、
    レコ発ツアーも開催中です。
    詳しくは、大橋さんの公式サイトで。