スポーツ総合雑誌『Number』がこの春、
創刊40周年・1000号を迎えます。
1980年から今に至るまで
あらゆるスポーツの瞬間を切り取りつづけ、
アスリートたちの知られざるドラマを
スポーツファンに届けてきた『Number』。
ほぼ日刊イトイ新聞では『Number』と
スポーツの写真を中心にしたイベントを
渋谷PARCO「ほぼ日曜日」でおこないます。
写真を見ただけで記憶が揺さぶられる
展示やトークショーをご期待ください。
こちらのページでは展示内容の予告や
募集したいことを不定期で更新していきます。

【イベント中止(延期)のおしらせ】
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
2020年3月20日~4月5日に予定していた
『Number1000』の展示・トークショーを、
中止(延期)せざるを得ない状況と判断いたしました。
楽しみにお待ちいただいていたお客様には、
ご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんが、
何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。
(2020年3月12日 13時40分追記)

前へ目次ページへ次へ

 
スポーツファンのみなさま、こんにちは。
ほぼ日の平野です。
予定どおりであれば3月20日から
渋谷パルコ「ほぼ日曜日」で開催予定だった
「Number1000」のイベント。
新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐために、
さまざまなスポーツイベントが
延期や中止を余儀なくされている中で、
スポーツファンのみなさまは、
物足りないのではないでしょうか。
「Number1000」のイベントは
延期になりましたが、
今年創刊40周年を迎える
雑誌『Sports Graphic Number』の
1000号は、3月26日(木)に発売になります。
これまでNumberさんといっしょに
イベントの準備を進めてきたほぼ日では、
40周年・1000号を記念した
無観客トークライブの
生中継をおこなうことになりました。
※『Number』1000号+クリアファイルのセットは
「ほぼ日曜日」のWEBショップ
お買い求めいただけます。

YouTube Liveで生中継!
『Sports Graphic Number』と
40年分のスポーツを語る座談会。

スポーツ総合雑誌『Number』の
1000号が発売になった夜に、
スポーツの話でおおいに盛り上がる
トークライブを「ほぼ日曜日」から生中継します。

まずは『Number』現編集長の宇賀康之さんに、
発売したての1000号について、
1000号の表紙を飾ったイチローさんについて、
おおいに語っていただきます。
イチローさんのインタビューを重ねてこられた、
ベースボールライターの石田雄太さんも登場。
天才打者がその胸の内を明かしてきた相手として、
イチロー選手のこと、プロ野球のこと、
スポーツライティングのことをうかがいます。

さらに、「ほぼ日」からは
糸井重里と河野通和が参加します。
糸井は『Number』でプロ野球やラグビーの
対談企画に登場したことがあるほか、
特集企画でコピー監修をしていた号や
みうらじゅんさんと描いた(迷作)漫画を
掲載していた過去もあります。
「ほぼ日の学校長」河野は、
創刊当時に他社に所属しながらも
Number編集部に友人が多かったそうで、
同期のよしみで創刊に向けての
慌ただしい編集作業を手伝っていました。
また、釜本邦茂さんの現役引退号(107号)では
対談の進行役を務めていたこともありました。

ことしは、例年に増してスポーツが恋しい春です。
スポーツイベントが少なくなっている今、
スポーツの雰囲気を感じられるトークを
どうぞおたのしみに。


宇賀康之(Number編集長)
1971年、高知県生まれ。95年に文藝春秋入社。
『Number』に配属。その後、『週刊文春』編集部、
月刊『文藝春秋』編集部を経て、2018年より現職。


石田雄太(ベースボールジャーナリスト)
1964年、愛知県生まれ。
青山学院大卒業後、NHKに入局。92年独立。
桑田真澄、イチロー、大谷翔平らを長く取材。
『イチロー・インタビューズ』など著書多数。


糸井重里(「ほぼ日刊イトイ新聞」主宰)
「ほぼ日刊イトイ新聞」主宰。
『Number』132号でコピー監修をしているほか、
中畑清さんや中竹竜二さんとの対談企画で登場。


河野通和(ほぼ日の学校長)
1953年、岡山市生まれ。編集者。
東京大学文学部ロシア語ロシア文学科卒業。
1978年~2008年、中央公論社および中央公論新社にて
雑誌『婦人公論』『中央公論』編集長など歴任。
2009年、日本ビジネスプレス特別編集顧問に就任。
2010年~2017年、
新潮社にて『考える人』編集長を務める。
2017年4月に株式会社ほぼ日入社。

「Number1000」イベント限定の
特製クリアファイルを販売します!

 
そして、『Number』1000号が発売になる
3月26日(木)からは、
「ほぼ日曜日」のWEBショップと、
渋谷パルコ4階「ほぼ日カルチャん」で、
『Number』1000号と、
イベントのために作っていた限定グッズの
特製クリアファイルを販売します。
『Number1000』の表紙は、イチローさん。
「創刊1000号記念特集 ナンバー1の条件」
引退から1年が経ったイチローさんが、
ナンバー1への想いを語る
ロングインタビューが掲載されます。
そして、特製クリアファイルは全3種類。
1000冊ある『Number』の表紙から、
「野球」「サッカー」「女性アスリート」の
3つのテーマでわけたクリアファイルを
このイベントのために作りました。
これまでに『Number』の表紙を飾った
アスリートたちの生き生きとした表情が並びます。
3つとも、A4サイズの紙がちょうど収まる
220mm×310mmの大きさです。

「Number1000」クリアファイル(野球) 
上段/333号(長嶋茂雄さん)、303号(1992年日本シリーズ)、479号(松坂大輔さん) 
中段/PLUS July 2013(松井秀喜さん)、521号(イチローさん)、417号(野茂英雄さん) 
下段/581号(2003年の甲子園球場)、759号(清原和博さん)、950号(大谷翔平さん) 「Number1000」クリアファイル(野球) 
上段/333号(長嶋茂雄さん)、303号(1992年日本シリーズ)、479号(松坂大輔さん) 
中段/PLUS July 2013(松井秀喜さん)、521号(イチローさん)、417号(野茂英雄さん) 
下段/581号(2003年の甲子園球場)、759号(清原和博さん)、950号(大谷翔平さん) 

「Number1000」クリアファイル(サッカー) 
上段/320号(北澤豪さん)、2002/7/3臨時増刊号(デイビッド・ベッカムさん)、636号(中村俊輔さん) 
中段/345号(ロマーリオさん)、432号(中山雅史さん)、2006/7/4臨時増刊号(中田英寿さん) 
下段/2016/9/16臨時増刊号(本田圭佑さん)、922号(三浦知良さん)、715号(イビチャ・オシムさん) 「Number1000」クリアファイル(サッカー) 
上段/320号(北澤豪さん)、2002/7/3臨時増刊号(デイビッド・ベッカムさん)、
636号(中村俊輔さん) 
中段/345号(ロマーリオさん)、432号(中山雅史さん)、
2006/7/4臨時増刊号(中田英寿さん) 
下段/2016/9/16臨時増刊号(本田圭佑さん)、922号(三浦知良さん)、
715号(イビチャ・オシムさん) 

「Number1000」クリアファイル(女性アスリート) 
上段/848号(浅田真央さん)、298号(岩崎恭子さん)、507号(高橋尚子さん) 
中段/719号(上野由岐子さん)、648号(荒川静香さん)、784号(澤穂希さん) 
下段/699号(小椋久美子さん・潮田玲子さん)、369号(伊達公子さん)
PLUS October 2016 Rio(伊藤美誠さん・石川佳純さん・福原愛さん)「Number1000」クリアファイル(女性アスリート) 
上段/848号(浅田真央さん)、298号(岩崎恭子さん)、507号(高橋尚子さん) 
中段/719号(上野由岐子さん)、648号(荒川静香さん)、784号(澤穂希さん) 
下段/699号(小椋久美子さん・潮田玲子さん)、369号(伊達公子さん)
PLUS October 2016 Rio(伊藤美誠さん・石川佳純さん・福原愛さん)

 
ほぼ日曜日のWEBショップでは
3月26日(木)午前11時より、
『Number』1000号と
オリジナルのクリアファイル3点を
セットにして販売します。
価格は2,235円(税込・配送手数料別)です。
 
渋谷パルコ「ほぼ日カルチャん」では
『Number』1000号の販売とともに、
クリアファイル1種類ずつでの
販売もおこないます。
それぞれの価格は
「Number1000」クリアファイル 各495円(税込)
『Number』1000号 750円(税込)
で3月26日(木)から数量限定で販売します。
 
いろいろなスポーツイベントが
中止や延期になってしまった今こそ、
熱く、たのしいスポーツと触れ合う時間を
つくっていけたらと思います。
「Number1000」も延期になったものの
開催できるとなれば、
よりパワーアップさせて実施しますので
どうぞたのしみにお待ちください。

(つづきます)

2020-03-24-TUE

前へ目次ページへ次へ