20年間、村上春樹さんの小説を
デンマーク語に訳してきた
メッテ・ホルムさんに聞きました。
翻訳とは何か、について。
それは単に、機械がするように
言葉を別の言葉に置き換えること、
では、やっぱりなかった。
言葉と言葉の間に、
みんなが渡れる橋を架けるような、
一枚の布を織るような営みでした。
メッテさんが愛してやまない
村上さんの小説のことについても、
いろいろと、うかがいましたよ。
担当は「ほぼ日」奥野です。

>メッテ・ホルムさんのプロフィール

メッテ・ホルム

翻訳家。デンマーク生まれ。二人の娘の母。
コペンハーゲン大学で文学修士号と人類学学士号を取得。
2001年以降、
デンマークで出版されたすべての村上春樹作品の翻訳を
手がける。
翻訳歴は、『⾵の歌を聴け』、『ねじまき⿃クロニクル』、
『スプートニクの恋⼈』、『ノルウェイの森』、
『海辺のカフカ』、
『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』、
『1Q84』、『騎士団長殺し』など多数。
その他にも、
⼤江健三郎、吉本ばなな、川上弘美、東野圭吾などの
作品を翻訳。
今後は、
村⽥沙耶⾹、多和⽥葉⼦の作品の翻訳も決定している。

  • 20年にわたり、村上春樹さんの小説を
    デンマーク語に訳してきた
    メッテ・ホルムさんのドキュメンタリー。
    映画のなかのメッテさんは、
    村上さんの一語一句を、
    どのデンマーク語に置き換えたらいいか、
    世界中の村上作品の翻訳家と議論し、
    よりよい訳を求めて来日までしてしまう。
    翻訳というものは、そこまでの、
    たいへん大きな責任を伴う営みなんだと
    わかりました。
    10月19日(土)より全国ロードショー。
    上映館は、新宿武蔵野館、
    ヒューマントラストシネマ有楽町、
    YEBISU GARDEN CINEMA‥‥など。
    くわしくは公式サイトでご確認を。