前川清さんの新曲「ステキで悲しい」は、
水野良樹さんが作詞作曲しました。
この新鮮な顔合わせの橋渡し役は糸井重里でした。
CDが完成し、水野さんと前川さん、糸井の3人が
「さて」と集まりました。
まずは前川さんの、独白のような
切実な問いかけからはじまります。
「歌っていったいなんなんでしょう?」と。

>前川清さんのプロフィール

前川清(まえかわ きよし)

1948年長崎県生まれ。
1969年内山田洋とクール・ファイブとして、
「長崎は今日も雨だった」でデビュー。
同年日本レコード大賞新人賞受賞。
「そして神戸」「東京砂漠」など
多くのすばらしいヒット曲をもつ。
2019年6月の最新発表曲は
「ステキで悲しい」

>水野良樹さんのプロフィール

水野良樹(みずの よしき)

1982年神奈川県生まれ。
1999年に吉岡聖恵、山下穂尊とともに
いきものがかりを結成。
2006年3月「SAKURA」でメジャーデビュー。
「ブルーバード」「YELL」
「じょいふる」「ありがとう」など、
いくつものヒット曲を世に送りつづける。
2019年4月の最新発表曲は
「アイデンティティ」
また、2019年春から
『HIROBA』という新プロジェクトを開始。
小田和正さんと一緒に曲を書いた「YOU」
水野さんが編集長を務めるWEBメディア
『HIROBA』も随時更新中。

前へ目次ページへ次へ

糸井
しかし‥‥前川さんって、
これだけネガティブなことばかり
言いつづけているにもかかわらず、
「働き者である」というのがすごいですね。
水野
そうですね。
前川
働いてないと安心できないんですよ。
糸井
なるほど、なるほど。
水野
前川さんがネガティブなのか
そうじゃないのか、
たまにわからなくなります。
糸井
そうそう(笑)、わかんない。
それは前川さんの癖みたいなものなのかなぁ。
水野さんに新曲をお願いするときにも、
おまかせなのかな、と思ったら
まったくそうじゃなくて、
かなり熱心にミーティングしました。
前川
ネガティブはネガティブなんですけどね。

水野
いやぁ‥‥あの、ぼくらのいる世界って
けっこうみんな、いいことを言うんです。
場合によっては、もしもヒットしなくても
「これは売れなくてもいい作品だよね」
なんて言ってしまえば、
いろんなことをオブラートに包めちゃいます。
前川
はい、はい。
水野
だけど前川さんはそんなことはしない。
おっしゃっていることはシビアですが、
フラットです。
希望的観測ではなくて、
ただ実寸を言ってらっしゃる。
糸井
そうね、実寸ですね(笑)。
前川
そうかぁ(笑)。
水野
それがすごい。
だからこそ、ものを顕すときには
謙虚で誠実になられるんですね。
フラットにものごとを見て
向き合ってらっしゃるんだと
ぼくは勝手に思っています。

糸井
フラットでいるということは、
ずっとその状態でいるというわけではなく、
つまり「混じる」んですよね。
さっきも前川さんは、
ネガティブなことを言うなかで、
自分を救うかのように、
「いい歌は必要です」と
急におっしゃったじゃないですか。
ああいうときに、
前川さんもそういう気持ちがあるんだなぁと
わかるから、ホッとします。
それって、ぼくらが前川さんの歌を聴いてるときに
似てるんじゃないでしょうか。
前川さんは「せつない」ような歌ばっかり
歌ってるかもしれないけど、
聴いている側は「がんばれよ」と
言われた気になったりします。
暗い絵の具で、明るい絵を描くというか、
暗闇の港に灯りが点いてるような感じ。
これも前川さんの持ち味なんじゃないかと思います。
水野
やっぱり歌ってわからないですね。
「わからない」とか「予想できない」ことに、
みんなが惹かれます。
それはなぜなんでしょうか。
ぼくはそのことをわりに考えてしまいます。
「前川さんの魅力はなんでしょう?」と、
もし問われたら、適当にはしゃべれるけれども、
ほんとうに考えたら、わからない。
糸井さんがおっしゃった、
「暗闇の中に灯台が」は、よくわかります。
雰囲気で全体的に理解ができる。
でもやっぱり、それってなんなんだろう、
という気持ちは残ります。
わからないものに、どうしても惹かれます。
前川さんはご自身でも、
「思い入れがない」「なんだかわからない」と
おっしゃいます。
もしそれを、
ほんとうに説明できてしまったら、どうでしょう。
もしかしたらそのとたんに
「まあ、こういうもんだよね」と、
急につまらなくなってしまうのではないでしょうか。

糸井
うん、ほんとうにそのとおりだね。
この前、前川さんは、
矢野顕子さんといっしょに
レコーディングしましたよね。
「前川さんだったらこううたうだろうな」
と想像しながら、アッコちゃんは曲を作ったそうです。
いろいろと心配もしたんだろうけども、
前川さんがスタジオに現れて、
マイクの前に立って声を出したら、
一発で決まったと言ってましたよ。
「超プロだった」と。
前川
いやいや(笑)。
水野
なるほど。

糸井
スタッフの方々も驚いていたそうです。
これが品質が高いということか、と。
ご本人は案の定「いやいや」とか言うんですけど。
もうこれは「顔がいい」みたいなことなんじゃないの?
水野
ああ、大事です(笑)。
糸井
イケメンに生まれついたスターみたいなもので、
歌のうまい、そういう人がいた、ってことですよ。
美空ひばりさんに対してだって、考えてみたら、
「心を込めてうたっておられますね」なんて‥‥
水野
失礼で言えないですね。
その次元じゃない。
糸井
そんなんじゃないんだよね。
そこに観衆が
「これを演じてほしい」と思って聴いて、
また別の思い出が重なる、っていうかさ‥‥。
水野
うん、うん。
前川
ねぇ、なんでしょうね、それって。

(つづきます)

2019-06-30-SUN

前へ目次ページへ次へ
  • ステキで悲しい
    C/W修羅シュシュシュ!
    前川 清

    2019年6月5日に発売された
    前川清さんの新曲。
    「ステキで悲しい」は
    水野良樹さんの作詞作曲、
    カップリング曲の「修羅シュシュシュ!」は
    高橋久美子さんが作詞、
    水野良樹さんの作曲です。
    対照的なふたつの歌は、
    いずれも新鮮な衝撃があります。
    この水野さん作曲の2曲を
    前川清さんがどんなふうにうたったのか、
    どうぞ聴いてみてください。
    テイチクオンラインショップへ