前川清さんの新曲「ステキで悲しい」は、
水野良樹さんが作詞作曲しました。
この新鮮な顔合わせの橋渡し役は糸井重里でした。
CDが完成し、水野さんと前川さん、糸井の3人が
「さて」と集まりました。
まずは前川さんの、独白のような
切実な問いかけからはじまります。
「歌っていったいなんなんでしょう?」と。

>前川清さんのプロフィール

前川清(まえかわ きよし)

1948年長崎県生まれ。
1969年内山田洋とクール・ファイブとして、
「長崎は今日も雨だった」でデビュー。
同年日本レコード大賞新人賞受賞。
「そして神戸」「東京砂漠」など
多くのすばらしいヒット曲をもつ。
2019年6月の最新発表曲は
「ステキで悲しい」

>水野良樹さんのプロフィール

水野良樹(みずの よしき)

1982年神奈川県生まれ。
1999年に吉岡聖恵、山下穂尊とともに
いきものがかりを結成。
2006年3月「SAKURA」でメジャーデビュー。
「ブルーバード」「YELL」
「じょいふる」「ありがとう」など、
いくつものヒット曲を世に送りつづける。
2019年4月の最新発表曲は
「アイデンティティ」
また、2019年春から
『HIROBA』という新プロジェクトを開始。
小田和正さんと一緒に曲を書いた「YOU」
水野さんが編集長を務めるWEBメディア
『HIROBA』も随時更新中。

前へ目次ページへ次へ

水野
今回、糸井さんのご紹介で、
前川清さんに曲を書いてみませんか、という
お話をいただきました。
発売されたいま
「あの歌は大丈夫だったのかな」という
気持ちでおります。
前川
いやぁ、ほんとにね(笑)。
水野
はい(笑)。

前川
いままでうたったことがない歌でした。
うちの息子なんかは、
「こういうメロディ、さすが!」
と言っておりましたけども、
テレビとかでね、
NHKの「のど自慢」とか、出るでしょ?
水野
はい。
前川
テレビは歌の尺が2分半と決まってるんですよ。
ところが、水野さんの歌は、長いの。
水野
はい(笑)、すみません。
前川
いまの人って歌が長くなってるんです。
さらにこの「ステキで悲しい」は、
エンディングが半音あがって終わります。
この歌を聴いてくださった方はわかると思うんですが、
♪泣いて泣いて泣いて♪
という、あそこの部分、
すごくおもしろい、新鮮なメロディです。
あそこは聴かせたいでしょう。
そうするとね、最後に半音上がるから、
途中がうまく切れないんですよ。
テレビは3分くれませんので。
水野
もっと短く書くべきでしたね。
前川
しかし、それを考えて作るとねぇ、
こんどはおもしろくないんです。
糸井
(笑)

水野
そうですね、
はい、はい。
前川
短く書けばいいというものでもない。
糸井
尺に合わせて作ることはないね。
前川
新曲ってね、ぼくは
いったいなんだろうと思いますよ。
この歌の前に出したのは、
糸井さんに詞をいただいた
「初恋Love in fall」でした。
糸井
その節は、ありがとうございました。
前川
あの歌、歌番組でもうたわせていただきましたが、
新曲というものは浸透するのに時間がかかります。
糸井さんの書いてくださった歌が終わり、
水野さんの歌になったよ、というときに、
「初恋、いい歌だね」って、
みなさん言ってくるんですよ。
‥‥いま言われても!
水野
いやいや、いいじゃないですか(笑)。
前川
もうちょっと早く気づいてくださいよ。
水野
長いスパンで聴く歌だ、
ということでしょうね。
前川
そうなんです。けれども、
いまは歌謡番組が少ないでしょう。
与えられる分数も短い。
だからやっぱり
「わかりやすく」という要素が
必要になってくるんです。

水野
でも、長く聴かれる歌としては、
話が別になってきますよね。
ぼくは、どちらかといえば、
長く聴かれたほうがうれしいです。
ぼくらのJ-POPと呼ばれるものは、
一定の期間で新曲を出し、移り変わっていく、
そんな短いペースで聴かれてきました。
前川さんのように
「同じ1曲を20年30年うたいつづける、
それをお客さんも聴きつづける」
ということに、あこがれを抱きます。
前川
ぼくなんかの時代には、
テレビで歌番組がたくさんあったんですよ。
たのしみがね、歌しかなかった。
そんな時代です。
いまはもう、「歌を聴く」というよりは
カラオケで「聴いてくれ」の時代でしょう。
「のど自慢」に出場しているみなさん、
ほとんどの方がまともにうたいます。
あれ、観ているほうは、
間違うのを期待したりするんですが、
みんなまともにうたう。
スタッフの方に訊いたこともあります。
「もうちょっと間違えたり、
おもしろい人はいないの?」
「いえ、いないんです。みなさんまともにうたいます」
いま求められているのは、
「聴かせる歌」というより、
「うたってもらう歌」なのかなぁ、と。
それでもぼくらには
昔のヒット曲というものがあります。
だから、みなさまに憶えてもらえて
うたってもらえるわけです。
さらに、テレビで新曲をうたうと、
視聴率があがらないんです。
これがまた問題。

糸井
ほほぅ、そうですか‥‥。
前川
テレビ東京で、人気番組、ありますよね?
歌手のみなさんが出てこられて、
懐かしい歌をうたう。
あれはとても視聴率がいいんです。
番組で新曲を披露すると、
「いままでのヒット曲を聴かせてくれ」
と言われます。
もちろん「新曲、待ってました」と
言ってくれる方もいるんですが、
「いまの前川さんの歌はむずかしくてむずかしくて」
なんてことも言われる。
水野
‥‥この歌はもしかしたら、
むずかしかったかもしれません。
前川
でも、水野さんはご自身で
むずかしい歌をうたってらっしゃるわけです。
「わかりやすい」「短い」
「むずかしい」「長く聴かれる」
このあたりのことがもう、
新曲というものをめぐって、
なにがいいのかよくわからないのです。
この前、福岡のほうで、
野外音楽フェスに出演しました。
そこでぼくは
「長崎は今日も雨だった」をうたいました。
♪ルル~ルル~、ルル~ルル~♪
あの歌で、若い人がみなさん、騒ぐんですよ。
手を上にゆらゆらさせて、踊るんです。
ずいぶんと若い人もいましたから、
あの歌をまったく知らない人もいたと思います。
あの歌ね、悲しい歌なんですよ。
悲しい歌だから、悲しんでください、
そういう歌がぼくには多いです。
しかし、騒いでください、
「長崎は今日も雨だった」で騒いでください、
と言うのはおかしいし。
音楽ってなんだろうと、
もっともっとわからなくなっています。
水野
前川さんは、聴く方のお気持ちを
すごくお考えになっていると思います。
逆に、ご自身が
「こういう歌をうたいたい」という
気持ちはありますか?
前川
自分でやりたいってことは、ないんです。
前に糸井さんにいただいた
「雪列車」という歌もそうなんですが、
ぼくは与えられたものをうたって、
変えてもらうんです。
水野さんにいただいた「ステキで悲しい」で、
変えてもらう。
変えてもらうことしか、ぼくにはないんですよ。
糸井
前川さんって、ちょっと
役者さんみたいですね。
水野
そうかもしれないですね。
糸井
刑事ものをやれば、刑事をやってる。
役が泥棒なら、泥棒をやる。
けど、自分でじっさいに
泥棒をやってるわけじゃない。
前川
そうそうそうそう、そうですね。
水野
でも、前川さんの歌は、
前川さんの声を通さないと
ならないものになります。
糸井
そうだね。

水野
例えば、素人の方でも、
すごく器用な方がいて、歌が上手で、
きれいにメロディーをなぞれたとします。
言葉もはっきり発音できる。
そういう人がもしいても、
前川さんが出す世界にはなりません。
前川さんが意志をもってらっしゃるかどうかは
別にしても。
それはなんなんだろう、と、ぼくはすごく思います。
たとえば、比べるのはおこがましいのですが、
うち(いきものがかり)のボーカルの吉岡は、
男子メンバーが書いた曲を歌います。
歌詞は自分では書きません。
前川
なるほど、うん、うん。
水野
彼女は、ぼくらが書いた世界観をストレートに、
お話のように伝えたいと考えて
歌ってるらしいです。
でも、不思議なんですが、
吉岡にしか出せないものがあります。
「自分の体を通らないとならない、
作れないものがある。
でもそれがなんなのか、結局自分でわからない」
と言っていました。
彼女も「うたうって、なんだろう」と言います。
いっしょにして語るのはおこがましいのですが、
前川さんがおっしゃった、
「なにかをやりたいってことがない。
でも、歌を成り立たせている」
という状態につながる気がします。
前川
ええ、ええ、ええ。
水野
同じセリフを言っても、
役者さんによってぜんぜん違う意味になるように、
うたう人によって歌は違います。
それを、今回のカップリング曲の詞を書いた
高橋久美子ちゃんとも話しました。
あの詞は、ギリギリのところを攻めています。
前川
そうですよね。
水野
あの歌は、ともすれば
コミカルになりすぎてしまったり、
言い方が乱暴ですが、下品になったりもしたでしょう。
「でもこれは前川さんだから大丈夫だ」と
ぼくらは考えていました。
前川さんという人を通せば、
温かみが受け取れるし、
ユーモアにも変化していく。
それは、あの歌で自分たちが
イメージしているものに近かったのです。
前川さんじゃないとそうならない。
結局は人間を「通す」ことで成立する世界が、
なぜかはわからないけれどもある。
そのことを、今回はすごく考えさせられました。

(つづきます)

2019-06-28-FRI

前へ目次ページへ次へ
  • ステキで悲しい
    C/W修羅シュシュシュ!
    前川 清

    2019年6月5日に発売された
    前川清さんの新曲。
    「ステキで悲しい」は
    水野良樹さんの作詞作曲、
    カップリング曲の「修羅シュシュシュ!」は
    高橋久美子さんが作詞、
    水野良樹さんの作曲です。
    対照的なふたつの歌は、
    いずれも新鮮な衝撃があります。
    この水野さん作曲の2曲を
    前川清さんがどんなふうにうたったのか、
    どうぞ聴いてみてください。
    テイチクオンラインショップへ