2020年の年末、ほぼ日は
神田の町に引っ越してきました。
はじめてのこの町をもっと知りたいし、
もっと知ってほしいと思っています。
そこで、日本全国のすべての市町村を回った
若き写真家、かつおさんこと仁科勝介さんに
神田の町を撮ってもらうことにしました。
自由にやってください、かつおさん。

>かつおさんのプロフィール

かつお|仁科勝介(にしなかつすけ)

写真家。1996年岡山県生まれ。
広島大学経済学部卒。
2018年3月に市町村一周の旅を始め、
2020年1月に全1741の市町村巡りを達成。
2020年の8月には旅の記録をまとめた本、
「ふるさとの手帖」(KADOKAWA)を出版。
写真館勤務を経て2020年9月からは独立。

前へ目次ページへ次へ

#082

スカイツリーが見える交差点

生まれ故郷が神田の友人に教えてもらった。

靖国通りには、
神田でもスカイツリーが見える交差点があると。
それは小川町交差点だった。

そもそも神田でスカイツリーが見える、
なんて歩きながら意識したことはなかった。
しかも小川町交差点は地理的に
神田の中央に位置している。
写真を見れば、あたりまえに
スカイツリーが見えそうな気がするが、
そうではない。
前後の交差点からは、
当然のように何も見えないのだ。

友人に教えてもらって、
そうなのか、という驚きと、
しまった、という悔しさと、
面白い、というワクワクが
ぐるぐるとかき混ぜられた。
小川町交差点はいままで、
何度通ったか分からない。
けれど、たとえこれから何度通過しようが、
友人に教えてもらわなければ、
スカイツリーにはずっと
気づかなかっただろうと思った。

やっぱり、どれだけ歩こうが、
土地に根を下ろしている人の目線には、かなわない。
そして、越えようと思ってもいけない。
知っていそうで知らない、
ちいさな意識や視点が積み重なって、
土地は個性を帯びていく。
その延長線上に、歴史がある。
だからこれからも、
そっと神田にお邪魔させていただく。
ずっと「お邪魔します」という気持ちである。

2021-11-22-MON

前へ目次ページへ次へ