2020年の年末、ほぼ日は
神田の町に引っ越してきました。
はじめてのこの町をもっと知りたいし、
もっと知ってほしいと思っています。
そこで、日本全国のすべての市町村を回った
若き写真家、かつおさんこと仁科勝介さんに
神田の町を撮ってもらうことにしました。
自由にやってください、かつおさん。

>かつおさんのプロフィール

かつお|仁科勝介(にしなかつすけ)

写真家。1996年岡山県生まれ。
広島大学経済学部卒。
2018年3月に市町村一周の旅を始め、
2020年1月に全1741の市町村巡りを達成。
2020年の8月には旅の記録をまとめた本、
「ふるさとの手帖」(KADOKAWA)を出版。
写真館勤務を経て2020年9月からは独立。

前へ目次ページへ次へ

#047

『ヒヨドリさんこんにちは』

ほぼ日さんの本社は神田錦町にある。
雰囲気は混じり気のない都心のオフィス街だから、
あまり写真は撮っていない。というより、
シャッターチャンスが多いわけではないのだ。
それなら優先的に散歩してみようと思って、
神田錦町をあちこち彷徨っていた。
すると、後ろからパンチの強い鳴き声が
聞こえてきた(ような)気がして、
振り向くと学士会館の生け垣に
ヒヨドリさんが止まっていた。
最初は距離もあって何の鳥かわからなかったけれど、
「ピィィィ!」という絶叫系の鳴き声から、
多分ヒヨドリだなと思った。

「シャッターチャンスだ!」

しかし、今日は望遠レンズを持っていない。
ヒヨドリを写すには、あと10mぐらい近づきたい。
いつ飛んでしまっても後悔のないように、
ファインダーを覗きながら、
しっかりと腰を入れて、そろり、そろりと近づいた。
通行人もいたけれど、
冷たい視点は気にしない、気にしない。
悪いことをしているわけじゃないんだから。

「逃げないでね…いい子だよ…」
「よぉし、いいよぉ…!」と
自分の間合いに入ったタイミングで、
シャッターを切った。
10枚ぐらい撮って、飛んでいったかな。
「撮れた!」とほっとしたけれど、
ヒヨドリが飛んでいったその場は
あっけらかんとしていて、
何やってんだかと我に返る。でも、
「俺は何をやっているんだろう」
ってのがいいんだよね。

以前も御茶ノ水でアオスジアゲハを見つけたし、
神田界隈を歩くとたまに、気づくようで
気づかなかった生き物たちと出会う。
ちょっとだけ、アンテナを
張っているからなのかなぁと思う。
彼らは珍しい生き物たちではないけれど、
ふとした出会いから
「あら、こんにちは!」
が増えるのは、とてもたのしい。

2021-07-22-THU

前へ目次ページへ次へ